コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【山形】ぶどうの名産地!ワイナリーに行こう!

【山形】ぶどうの名産地!ワイナリーに行こう!

by mapple

更新日:2018年9月13日

明治時代から地元産ぶどうを使ったワイン造りが行なわれている山形。県内には14のワイナリーがあり、その土地の魅力が感じられるワインが評判を呼んでいる。個性豊かなワイナリーをめぐり、お気に入りの一本を見つけよう。

山形のワインの魅力
昼夜の大きな寒暖差と水はけのよい土壌でうまみたっぷりのぶどうが育つことから、古くからぶどう栽培が盛んな山形。地元産ぶどうの個性をひき出したワインを醸造し、品質の高さが評判。

高畠ワイナリー

東北一の規模を誇るワイナリー

「デラウェア」の生産量日本一を誇る高畠町にあるワイナリー。ぶどう畑や製造工程の見学や試飲、軽食、ショッピングが楽しめる。地元産のぶどうを中心に醸造されるワインは安定感のあるおいしさ。秋の収穫祭などイベントも好評。

ワイナリー見学

9:00〜17:00、12月〜3月は10:00〜16:30
予約不要(15名以上は要予約)
無料

まほろばの貴婦人・白(750㎖)3394円
白いバラと「マスカット」が香る極甘口ワイン。デザートワインとしても人気

氷果のひとしずくデラウェア(500㎖)1800円
高畠産の「デラウェア」を使ったワイナリーショップ限定ワイン

高畠ジャパネスクベーリーズブレンド(720㎖)1815円
「ベーリー・アリカントA種」、「マスカット・ベーリーA種」などが織り成すボリューム感のあるワイン

ぶどう畑と見学コースへGO

ぶどう畑を見る
敷地内のぶどう畑を見学しよう。品種は「ピノ・ノワール」で、大切に育てられている

インフォメーションルーム
インフォメーションルームでは、高畠ワイナリーの歴史やぶどう造りを紹介

試飲&買い物
ガラス越しに製造工程を眺め、ショップへ。店内ではワインの試飲や買い物が楽しめる

ゴッツォナーレ高畠
ひととおりめぐったら、「ゴッツォナーレ高畠」でのんびりグラスワインや軽食を味わうのもおすすめ

お城のようなたたずまい

酒井ワイナリー

自然派に支持される東北最古のワイナリー

明治25(1892)年の創業以来、濾過機を使わず上澄みだけを取り出す伝統の製法で醸造。自社農園で育てたぶどうで造るワインは、香り高さとコクの深さが評判。

ワイナリー見学

要問い合わせ
無料

 

鳥上坂マスカットベリーAブラッククイーン(750㎖)2484円
自社畑で収穫した2種類のぶどうを混醸し、12か月樽熟成。コクと酸味のバランスが絶妙。

小姫○(750㎖)1944円
なめらかな泡立ちのスパークリングワイン。「○」と書いて「あわ」と読む。

ソフトクリームもテイクアウト可

青空カフェでグラスワインを

4〜10月の期間限定で「青空カフェ やまどり」をオープン。「グラスワイン」(500円〜)や「ワンプレートのおつまみ」(500円)などを味わえる。

タケダワイナリー

山形県産ぶどう100%の地ワインを堪能

デイリーから長期熟成タイプのワインまでを醸造するワイナリー。日本で先駆けとなるシャンパーニュ方式の発泡ワイン「キュベ・ヨシコ」は国内外で評価が高い。

ワイナリー見学

10:00~11:30、13:00~17:00(12〜3月は平日のみ)
要予約
無料

併設のショップではワインを試飲できるほか、ワイングッズなどの雑貨も販売

蔵王スターワイン 赤・辛口(750㎖)1296円
完熟した「マスカット・ベーリーA種」で造るソフトで軽めの赤ワイン。発売以来のベストセラー。

サン・スフル白・発泡(750㎖)2160円
酵母が生む天然のきめ細やかな泡が、完熟「デラウェア」の華やかな香りをひき立てる。

ガイド付ツアー

ワイナリーの歴史やワイン造りの特徴などを解説してもらいながら、ぶどう畑や工場を見学。瓶詰めなどその時期の作業工程を見ることができることも。

発酵を進める樽がずらりと並ぶ貯蔵庫などを案内してくれる

紫金園 須藤ぶどう酒工場

家族経営の小規模ワイナリーで、県外にはほぼ出回らない。自家栽培のぶどうを使い、昔ながらの製法で造るワインはフルーティ。ぶどう園も併設する。

ワイナリー見学

12~6月、9:00~17:00
要予約
無料

赤湯ワイン赤(750㎖)2180円
自家畑の「メルロー」を主体に「カベルネ・ソーヴィニヨン」をブレンドしたボルドータイプ。

ワイン造りにトライ

8月上旬〜10月中旬限定!

ワインを味わうだけでなく造るところからチャレンジできるのも、ワイン産地ならではのお楽しみ。オリジナルの一本を造る大人のアクティビティに挑戦してみよう!

ぶどうを刈る
たくさん実ったぶどうのなかから、粒が少なく甘みのある房を収穫。水分の蒸発を防ぐ表面の白い粉(ブルーム)が多いものが新鮮。

仕込み
枝から実をはずし、皮ごとつぶす。手でもまずにギュッと握るようにつぶすと澱が少ないワインになる。

ラベルを手書き
思い思いのイラストや文字を紙に描いて、自分だけのオリジナルラベルを作ろう。

ワインが自宅に!
数か月ワイナリーで熟成させて完成。ワインは体験した年の12月下旬頃に届く(送料別途)。

筆者:mapple

まっぷる山形 鶴岡・酒田・蔵王・米沢’19

発売日:2018年04月06日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる山形’19」です。掲載した内容は、2017年11月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×