トップ > 東北 > 北東北 > 八戸・下北半島 > むつ・恐山 > むつ > 

青森【下北半島】で人気! おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

まっぷるマガジン編集部

更新日:2021年6月3日

この記事をシェアしよう!

青森【下北半島】で人気! おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

本州最北端に位置し、数々の絶景に出会える。むつ市の薬研渓流の渓谷美や、釜臥山から見る視界360度の眺望はすばらしい。豊富にそろう海鮮も堪能したい。

【青森・下北半島】見る

【青森・下北半島×観光】迫力ある艦艇を間近で見学「大湊基地艦艇見学」

全長150m超、基準排水量4650t、6万馬力の「まきなみ」など、迫力満点の護衛艦を見学できる。実際に甲板に上がることも可能なので、非日常を体験したいならぜひ。

【青森・下北半島×観光】迫力ある艦艇を間近で見学「大湊基地艦艇見学」

近くで見るとその迫力に圧倒される

大湊基地艦艇見学

住所
青森県むつ市大湊町4-1
交通
JR大湊線大湊駅からJRバス川内・脇野沢行きで7分、海上自衛隊前下車すぐ
料金
無料

【青森・下北半島×観光】原子燃料サイクルを学ぶ「六ケ所原燃PRセンター」

六ヶ所村の原子燃料サイクル施設を大型模型で再現した「原燃ツアーズ」は、テーマごとにフロアが分かれていて見どころ満載。最上階の展望ホールからは、大パノラマが楽しめる。

【青森・下北半島×観光】原子燃料サイクルを学ぶ「六ケ所原燃PRセンター」

テーマごとにフロアが分かれ、楽しく学べる

六ケ所原燃PRセンター

住所
青森県上北郡六ヶ所村尾駮上尾駮2-42
交通
青い森鉄道野辺地駅から下北交通泊車庫行きバスで50分、大石運動公園前下車すぐ
料金
無料

【青森・下北半島×観光】豪華絢爛な山車が市内を練り歩く「田名部まつり」

毎年8月18〜20日に開催される田名部神社の例大祭。豪華な山車が囃子に合わせて町内を練り歩く。最終日に樽酒を酌み交わし、来年の再会を期する「五車別れ」でクライマックスを迎える。

【青森・下北半島×観光】豪華絢爛な山車が市内を練り歩く「田名部まつり」

京都祗園の流れをくむといわれる華やかな5台の山車が練り歩く

田名部まつり

住所
青森県むつ市田名部田名部神社周辺
交通
JR大湊線下北駅から下北交通大畑行きバスで10分、むつバスターミナル下車、徒歩5分

【青森・下北半島】食べる

【青森・下北半島×グルメ】下北の海の幸を気軽に味わえる「秀寿司むつ店」

下北半島の新鮮な旬の魚介をネタに、炭火を使い釜で炊いたシャリで握った寿司は絶品。季節により陸奥湾の生シャコ、大間のマグロ、下北産のモズクなど、おいしい海の幸も味わえる。

【青森・下北半島×グルメ】下北の海の幸を気軽に味わえる「秀寿司むつ店」

おまかせ特上3780円、にぎり並1080円など

秀寿司むつ店

住所
青森県むつ市横迎町1丁目2-12
交通
JR大湊線下北駅から下北交通大畑行きバスで10分、むつバスターミナル下車、徒歩10分
料金
おまかせ特上=3780円/にぎり=1080円(並)・2052円(上)/

【青森・下北半島×グルメ】新鮮な魚介を使った料理に満足「松楽」

豊富なメニューと料理のおいしさに定評がある。生ウニ定食2100円(4〜10月)など、ウニの旨みを生かした料理が人気。ほたての貝殻を器に、イカとイカのわたを卵でとじた貝焼きもおすすめ。

【青森・下北半島×グルメ】新鮮な魚介を使った料理に満足「松楽」

丼や定食、寿司、一品料理などさまざまな料理が

松楽

住所
青森県下北郡東通村白糠垣間19
交通
JR大湊線下北駅から下北交通大畑行きバスで10分、むつバスターミナルで下北交通白糠行きバスに乗り換えて45分、松楽前下車すぐ
料金
生ウニ定食(4~10月)=2100円/日替り定食=840円/いくら丼=1680円/

【青森・下北半島×グルメ】絶品丼がそろう温泉街の食堂「あさの食堂」

新鮮な旬の魚介が味わえる食堂。人気のウニアワビ丼2500円や自慢の活イカ定食1500円がおすすめ。生きたままおろしたイカは身が透き通り、口に入れると甘みが広がって美味。

【青森・下北半島×グルメ】絶品丼がそろう温泉街の食堂「あさの食堂」

ウニの風味とアワビの歯ごたえが楽しめる丼

あさの食堂

住所
青森県下北郡風間浦村下風呂12-1
交通
JR大湊線下北駅から下北交通佐井車庫行きバスで1時間10分、下風呂下車すぐ
料金
ウニアワビ丼=2500円/大間産まぐろ丼=2800円/活イカ定食=1500円/あんこう鍋定食=2000円/ウニラーメン=1000円/いかすみラーメン=850円/(5~6月のヤリイカは300円増し)

【青森・下北半島】買う

【青森・下北半島×ショッピング】青森ヒバの魅力を伝える専門店「わいどの木」

下北半島に広く植生する青森ヒバは日本三大美林のひとつ。暮らしのなかでヒバの良さを知ってもらおうと、多彩なヒバ製品を展示販売する。土・日曜、祝日には木工体験もできる(要予約)。

8:30〜12:00、13:00〜17:00(木工体験は第3週を除く土・日曜、祝日開催、要予約)
不定休
木工体験1000円〜
駐車場:20台
風間浦村易国間大川目6-7
JR下北駅から車で1時間

【青森・下北半島×ショッピング】青森ヒバの魅力を伝える専門店「わいどの木」

倉庫を利用したギャラリー&ショップにはヒバ製品がたくさん

【青森・下北半島×ショッピング】みやげ店や食堂があるので便利「むつ下北観光物産館(まさかりプラザ)」

下北半島全市町村の特産物や山海の美味、珍味、ヒバ木工製品がそろう物産館。2階の食堂では、郷土料理のみそ貝焼定食が味わえる。田名部まつりのミニチュア山車の展示コーナーもある。

【青森・下北半島×ショッピング】みやげ店や食堂があるので便利「むつ下北観光物産館(まさかりプラザ)」

むつ湾活ほたては全国発送も可(2㎏4000円〜、送料込)

むつ下北観光物産館(まさかりプラザ)

住所
青森県むつ市柳町1丁目10-25
交通
JR大湊線下北駅から下北交通大畑行きバスで10分、むつバスターミナル下車、徒歩3分
料金
むつ湾活ホタテ(送料込、全国発送可)=3700円(2kg)~/銘菓フライボール=1500円(15個入)/南部せんべいねぶた折箱=1080円(18枚入)/ソフト焼ほたて=1134円(120g)/純米吟醸至情=2608円(720ml)/

【青森・下北半島×ショッピング】行列のできる手作り洋菓子店「ケーキ屋タックン」

遠方にもファンが多い洋菓子店。たくさんの人に食べてほしいと、誰もが食べやすい味を手ごろな価格で提供する。約100種類ある商品の7割がオリジナルというのも人気の秘密。

【青森・下北半島×ショッピング】行列のできる手作り洋菓子店「ケーキ屋タックン」

カリカリシューとふわふわクリームのカリットシュー1個108円

【青森・下北半島】<CLOSE UP!>大湊基地艦艇のカレーを食べよう!

海上自衛隊では航海時、外の景色がほぼ変わらないため、曜日感覚をなくさないようにと毎週金曜日はカレーを食べる習慣がある。それぞれの艦ごとに独自のレシピがあり、海上自衛隊大湊基地の協力のもと、10部隊のカレーがむつ市内飲食店で味わえるようになった。新たなむつ市のグルメとして注目を集める海自カレー、食べ比べてみては?加盟店など詳細は0175-22-1111(むつ市経済部観光戦略課)まで。

【青森・下北半島】<CLOSE UP!>大湊基地艦艇のカレーを食べよう!

北の防人大湊 安渡館の護衛艦はまぎりカレー

【青森・下北半島】温泉

【青森・下北半島×温泉】ヒバが生い茂る渓谷沿いの温泉「薬研温泉」

温泉の湧き出し口が漢方薬を作る道具「薬研」に似ていることからその名がついた。奥薬研橋のそばの男女別露天風呂「夫婦かっぱの湯」では、渓流を眺めながら入浴できる。

【青森・下北半島×温泉】ヒバが生い茂る渓谷沿いの温泉「薬研温泉」

開放感あふれる「夫婦かっぱの湯」

奥薬研温泉

住所
青森県むつ市大畑町赤滝山1-3
交通
JR大湊線下北駅から下北交通佐井車庫行きバスで45分、大畑下車、タクシーで20分
料金
情報なし

【青森・下北半島×温泉】映画のロケ地にもなった共同浴場「湯野川温泉 濃々園」

山に囲まれた小さな温泉地にある、自然豊かな共同浴場。湯野川渓流のせせらぎに包まれる、風情ある露天風呂はリラックス効果満点。映画『飢餓海峡』のロケ地にもなった。

【青森・下北半島×温泉】映画のロケ地にもなった共同浴場「湯野川温泉 濃々園」

目の前に湯野川が流れる情緒たっぷりの露天風呂

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください