>  >  >  >  >  > 

【上諏訪温泉】信州一大きな湖を望む湯量豊富な温泉地♪

まっぷるマガジン

更新日:2018年6月25日

この記事をシェアしよう!

【上諏訪温泉】信州一大きな湖を望む湯量豊富な温泉地♪

湖畔に大型ホテルが建ち並び、多くの観光客で賑わう温泉地。全国屈指の湧出量を誇り、湖畔から噴き出る間欠泉は豊富な湯量の象徴だ。夏の花火大会も有名。

この記事の目次

    温泉データ
    源泉:10か所
    泉質:単純温泉など、52〜91℃
    効能:婦人病、湿疹など
    色・匂い:無色透明、無臭

    アクセス
    車:中央自動車道諏訪ICから国道20号を下諏訪方面へ約4km
    電車:JR上諏訪駅下車

    問い合わせ
    諏訪市観光課 0266-52-4141

    諏訪市湖畔公園

    水上レジャーや芸術を楽しむ

    市民や観光客の憩いの場となっている諏訪湖畔の公園。石彫公園では日本やアメリカ、ドイツなど7か国の彫刻家の作品が展示されている。足湯や遊覧船乗り場もある。

    諏訪市湖畔公園

    湖畔周辺は散策にもぴったり

    諏訪市湖畔公園
    諏訪市湖畔公園

    芝生エリアにある羊と羊飼いの彫刻。一度に40人ほど座れる足湯もある

    立石公園

    高台から見渡すパノラマの風景

    諏訪湖から対岸の岡谷まで見渡せる、高台にある公園。夕景や夜景を望む絶好のスポットで、信州ふるさとの見える丘・信州サンセットポイント百選・夜景百選のひとつに指定されている。

    立石公園

    展望テラスから望む諏訪湖。晴れた日には北アルプスも望める

    片倉館

    昭和初期のレトロな千人風呂

    1928(昭和3)年に竣工した温泉保養館。男女ともに100人は入れそうな「千人風呂」は諏訪を代表する名物風呂。クラシカルな洋風建築や、ステンドグラス、彫刻などの贅を尽くした装飾も見ごたえがある。

    片倉館

    深さ1.1mの千人風呂の底には玉砂利が敷き詰めてある

    諏訪湖祭湖上花火大会

    諏訪湖の夜空に打ち上がる大迫力の花火

    多くの観光客で賑わう、全国屈指のスケールを誇る諏訪の夏の風物詩。4号玉から10号玉を順々に水面ぎりぎりで爆発させる水上スターマインと、約2㎞ものナイアガラがハイライト。毎年8月15日開催(予定)。

    諏訪湖祭湖上花火大会

    約4万発の花火が湖上を華麗に彩る

    諏訪湖ダックツアー

    水陸両用バスで諏訪湖にダイブ!

    国産第2号の水陸両用バスに乗り、ガイド付で名所をまわる。諏訪湖周辺を周回したあとは、陸から湖へそのまま着水して湖上を遊覧。諏訪市公認キャラクター諏訪姫バージョンの車両で運行している。

    諏訪湖ダックツアー

    湖面に入っていく瞬間はまるでアトラクション

    観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

    ※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

    この記事の出典元は「まっぷる信州'19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

    条件検索

    エリアとジャンルを指定してください