コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  富山【五箇山】合掌造りに泊まろう!まるで昔話みたい!

富山【五箇山】合掌造りに泊まろう!まるで昔話みたい!

by mapple

更新日:2018年8月27日

五箇山や白川郷では見学するだけでなく、宿泊できる合掌造りもある。建物の造りや日本の古き良き時代の暮らしに思いをはせれば、思い出に残るとっておきの夜を過ごせそう。

建物の内部をチェック!

合掌家屋は屋根が合掌した手の形に似ていることから名付けられた。随所に豪雪地帯に生きる人の知恵が詰まっている。そんな宿に泊まれば思い出も特別なものになるはず。

屋根
雪の重さに耐え、雪下ろしの苦労を減らすためにほぼ60度という急勾配になっている。毎年4月、屋根上部の棟茅(むながや)の手入れを実施。

あま(屋根裏)
屋根の内部にあたる。2階から4階の空間。おもに養蚕作業の場所として利用されていた。

小屋組
釘などの金具を一切使わず、マンサクの木をやわらかくした「ネソ」や藁縄など自然の素材で固定している。

ゆるり(囲炉裏)
大家族が集う「おえ(居間)」や「だいどこ(台所兼食堂)」の中心に設けられている。

ないじん(仏間)
浄土真宗への信仰があつい白川郷と五箇山では、各家庭に立派な仏壇がすえられている。

だいどこ(台所兼食堂)
台所兼食堂。部屋の中央には囲炉裏が置かれている。

おえ(居間)
囲炉裏を備えた居間のこと。囲炉裏は部屋を暖めるだけでなく、煙による殺虫効果やススが建材を強くするなどの役目も。

まや(馬屋)
土間に設けられた牛馬の飼育場所。かつては農作業の大切な労働力として、牛や馬を飼う家が多かった。

五箇山合掌の宿 庄七

囲炉裏を囲んでくつろぐ宿
相倉集落に佇む築200年の合掌造りの宿。1日2組限定で温かいもてなしが受けられる。夕食は囲炉裏を囲みながら地元の食材を使った旬の料理を味わえる。宿の女将さんのトークにも癒される。

1泊2食付 1万2960円~

大浴場

囲炉裏
建てられた当時の姿を今も残しています

2階

料理
女将特製の心のこもった料理は格別です

客室
基本は6畳で2間続きの大部屋も利用可能

五箇山合掌民宿 勇助

1日1組のくつろぎの宿
明治元(1868)年に建てられた合掌造りで、旅の疲れを癒すことができる。元カメラマンの宿主が語る五箇山の魅力も興味深い。10〜15時は宿泊者以外も有料で館内を見学できる。

1泊2食付 1万2000円~(冬期暖房費500円)

食事は囲炉裏を囲んで

与茂四郎

のんびりと心和む宿
築200年以上の合掌民宿で、気さくな夫婦が迎えてくれる。14畳の囲炉裏では、宿泊者そろっての夕食や、食後の語らいも楽しみのひとつ。相倉合掌集落の中ほどにあり、散策にも便利。

1泊2食付 9200円~(冬期暖房費400円)

趣のあるたたずまい

筆者:mapple

まっぷる富山 立山・黒部 五箇山・白川郷’19

発売日:2018年04月12日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる富山’19」です。掲載した内容は、2017年9月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×