トップ > 北海道 > 知床・阿寒・釧路・稚内 > 知床 > 中標津・野付 > 

【中標津空港発】岬、湿原をめぐるおすすめドライブコース!

編集工房ビータス

更新日:2021年7月9日

この記事をシェアしよう!

【中標津空港発】岬、湿原をめぐるおすすめドライブコース!

中標津空港を出発し、海沿いに釧路へ向かう。丘や海、岬、湿原……と、道東ならではのバラエティに富んだドライブコースだ。
早足でまわれば1日でも可能だが、1泊2日でじっくり観光スポットを楽しむのがおすすめ。

岬、湿原をめぐるドライブコース

➀開陽台

根釧台地の大パノラマ地球が丸いことを実感
町営開陽牧場の高台にある展望台。根釧台地を330度見渡す大パノラマに圧倒される。北側には知床連山が迫りくるようにそびえ立つ。

➀開陽台

展望台にはソフトクリームなどが味わえるカフェもある

開陽台

住所
北海道標津郡中標津町俣落2256-17
交通
JR釧網本線標茶駅から阿寒バス標津行きで1時間25分、中標津下車、タクシーで15分
料金
無料

➁ミルクロード

どこまでも続くようなまっすぐな道
開陽台近くにある北19号道路の別名。アップダウンが美しく、西側には小さな駐輪帯もあり、記念撮影する旅人の姿が絶えない。

➁ミルクロード
➁ミルクロード

中標津町内のあちこちで乳牛の姿が見られる

ミルクロード

住所
北海道標津郡中標津町開陽
交通
JR釧網本線標茶駅から阿寒バス標津行きで1時間25分、中標津下車、タクシーで15分
料金
無料

➂標津サーモン科学館(サケの水族館)

日本一のサケの水族館
サケ科魚類を約30種類展示。季節展示の魚道水槽(遡上は9〜10月・産卵行動は11月)のほか、各種体験コーナーが人気。

➂標津サーモン科学館(サケの水族館)

メインの大水槽では、サケ科魚類や近海の魚を展示

標津サーモン科学館(サケの水族館)

住所
北海道標津郡標津町北一条西6丁目1-1-1標津サーモンパーク内
交通
JR釧網本線標茶駅から阿寒バス標津行きで2時間、サーモンパーク下車すぐ
料金
大人610円、高校生400円、小・中学生200円(シルバー(70歳以上、証明書持参)500円、障がい者手帳持参で入館料20%割引(団体除く)、団体20名以上は大人480円、シルバー(70歳以上、証明書持参)400円、高校生320円、小・中学生160円)

➃トドワラ

年々風化しており、この景色が見られるのもあと少し
海水の浸水によって、トドマツ林が立ち枯れたもの。野付半島ネイチャーセンターからトドワラまで遊歩道が整備されている。

➃トドワラ

近くには同じ理由でミズナラ林が枯れた「ナラワラ」もある

➃トドワラ

野付半島ネイチャーセンターからトドワラまで徒歩約30分

[トドワラへ観光船で行こう!]別海町観光船

尾岱沼港から野付半島を結ぶ観光船。6月下旬〜7月中旬、10月中旬頃には白い三角帆の打瀬舟による北海シマエビ漁の様子が見られることも。

[トドワラへ観光船で行こう!]別海町観光船
[トドワラへ観光船で行こう!]別海町観光船

湾内には野生のアザラシが生息

トドワラ

住所
北海道野付郡別海町野付
交通
JR釧網本線標茶駅から阿寒バス標津行きで2時間3分、終点で白鳥台行きに乗り換えて20分、尾岱沼下車。尾岱沼港から観光船で35分、トドワラ桟橋下船、徒歩10分
料金
情報なし

➄風蓮湖・春国岱

オジロワシやタンチョウがいる野鳥の楽園

風蓮湖と根室湾を仕切る長さ8kmの島に干潟・草原・湿原・森林が同居する野生生物の宝庫。夏はセンダイハギが咲き、秋にはアッケシソウの紅葉がみごと。

➄風蓮湖・春国岱

ネイチャーセンターでポイントを聞いてから散策しよう

春国岱

住所
北海道根室市春国岱
交通
JR根室本線根室駅から根室交通厚床行きバスで20分、東梅下車、徒歩10分
料金
情報なし

風蓮湖

住所
北海道根室市酪陽
交通
JR根室本線根室駅からタクシーで20分
料金
情報なし

➅納沙布岬

本土最東端の岬北方領土も間近
北方領土の存在を目のあたりにできる本土最東端の岬。周辺は望郷の岬公園として整備され、領土返還を願うモニュメントなどがある。

➅納沙布岬

先端には岬のシンボルである納沙布岬灯台が建つ

納沙布岬

住所
北海道根室市納沙布
交通
JR根室本線根室駅から根室交通納沙布岬行きバスで40分、終点下車すぐ
料金
情報なし
1 2

北海道を中心に地域密着のおでかけ情報、観光情報をお届けします。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください