>  >  >  >  >  【知床・阿寒】旅のキーワード&魅力をチェック!

【知床・阿寒】旅のキーワード&魅力をチェック!

【知床・阿寒】旅のキーワード&魅力をチェック!

世界自然遺産

貴重な生態系が残る道東観光のメイン
知床半島の一部は日本で3例目になる世界自然遺産登録地。海の生態系と陸の生態系が相互に関係しあう特異性と、シマフクロウなどの絶滅危惧種の重要な生息地となっていることが登録の決め手となった。トレッキングや観光船などで自然の大きさを感じることができる。

知床岬

陸路では行けない貴重な場所
オホーツク海に長く突き出た知床半島の先端部。周囲は特別保護区として厳重な管理下に置かれ、陸からのアプローチは難しい。観光船で海上から望む方法が一般的だ。

知床岬

知床岬

住所
北海道斜里町知床国立公園内
交通
JR釧網本線知床斜里駅から斜里バスウトロ温泉方面行きで50分、ウトロ温泉バスターミナル下車、徒歩10分(観光船乗り場まで)
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

こんな野生動物が 見られます!

こんな野生動物が     見られます!
by fotolia - ©stockfoto

エゾヒグマ
遭遇率 ★★☆☆☆
北海道全域に生息しているが、知床半島のヒグマの密度は世界有数。夏の知床ウトロ側のルシャ湾で見られることが多い。

こんな野生動物が     見られます!

シマフクロウ
遭遇率 ★☆☆☆☆
知床半島は国内有数のシマフクロウの営巣地。羅臼の「鷲の宿」では、宿の近くを流れる川にやってくる様子を観察できる。

こんな野生動物が     見られます!

エゾシカ
遭遇率 ★★★★★
知床だけで1万頭以上いるといわれ、分布域を拡大しながら増加。道路沿いの林などで草を食む姿がよく見られる。

こんな野生動物が     見られます!

キタキツネ
遭遇率 ★★★★★
北海道全域に生息しており、都市部にもいて最も出会う確率が高い動物。感染症の危険があるので近づいてきても触らないように。

釧路湿原

草の海が広がる動植物の聖域
面積およそ2万ha、東京23区の半分ほどの面積を持つ釧路湿原。釧路湿原国立公園に指定されているほか、湿原の一部はラムサール条約登録湿地にもなっている。多くの動植物が生息する太古の湿原だ。

釧路湿原
by fotolia - ©Gold

タンチョウ
遭遇率 ★★★★☆
翼を広げると2.4mにもなる日本最大級の野鳥。夏に見るなら自然に近い状態で飼育されている動物園や自然公園がおすすめ。

細岡展望台

眼下に広がる景色はまさに大観望
釧路湿原を見渡す代表的な展望台。蛇行する釧路川と広がる緑一面の湿原、さらにその彼方に阿寒連山を眺めることができる。

細岡展望台

細岡展望台

住所
北海道釧路町達古武
交通
JR釧網本線釧路湿原駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

釧路湿原

住所
北海道釧路市広里、安原、北斗
交通
JR根室本線釧路駅から阿寒バス鶴居・川湯温泉方面行きで35分、湿原展望台下車すぐ(釧路市湿原展望台)
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

オホーツクの流氷

広大な海面が氷の塊に埋め尽くされる
海が凍るという自然現象は、地球上でも極地付近とオホーツク海でしか起こらない。オホーツク海沿岸にはおおむね2月初旬に流氷が接岸する。

流氷砕氷船

海上から冬ならではの景色を楽しむ
オホーツク海沿岸部では、網走と紋別、羅臼で流氷を楽しむ観光船が運航。冬ならではの野生動物の観察も楽しみのひとつ。

流氷砕氷船
by fotolia - ©tnog8080

フォトジェニックスポット

思わず写真におさめたくなってしまう
道東には自然を感じる、SNS映えスポットがいっぱい。CMで話題のスポットやかわいらしい自然風景、美しく泳ぐ魚の群れを自分ならではの目線で撮影してみよう。

能取岬灯台

白と黒が映える話題の灯台
澄んだオホーツク海と知床連山を眺める能取岬。一面の緑の中には白と黒の能取岬灯台があり、近年アイドルグループのメンバーが登場する航空会社のCMロケ地としても話題になった。

能取岬灯台

能取岬灯台

住所
北海道網走市美岬
交通
JR石北本線網走駅からタクシーで20分
営業期間
通年
営業時間
見学自由(外観のみ)
休業日
無休
料金
情報なし

三匹の子ぶたの家

メルヘンチックな3つの番屋
別海町の南部、風蓮湖の砂嘴にある道道475号(ハマナスロード)を走古丹方面へ走っているとある3軒の古い番屋。まるでおとぎ話の中から一場面を切り取ったような風景が広がる。

三匹の子ぶたの家

住所
北海道別海町走古丹
交通
道東自動車道阿寒ICから国道240・38・44・272・243号、道道364・475号を走古丹方面へ車で139km

北の大地の水族館(山の水族館)

いきいきとした魚の姿が見られる!
「道の駅 おんねゆ温泉」の敷地内にある淡水魚の水族館。滝つぼを下から見上げる「滝つぼ水槽」では、激流の中で泳ぐ美しいオショロコマの群れの様子が見られる。

北の大地の水族館(山の水族館)

北の大地の水族館

住所
北海道北見市留辺蘂町松山1-4
交通
JR石北本線留辺蘂駅から北見バス道の駅おんねゆ温泉行きで20分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
8:30~17:00(閉園)、11~翌3月は9:00~16:30(閉園)
休業日
無休(12月26日~翌1月1日休、4月8~14日休)
料金
入館料=一般670円、中学生440円、小学生300円、幼児無料/年間パスポート=一般1000円、中学生660円、小学生450円/(20名以上の団体は一般510円、中学生370円、小学生200円、障がい者手帳等持参で本人と介護者1名まで団体料金適用)

森あるき

自然の力を感じてリフレッシュ
湖畔の遊歩道やマイナスイオンたっぷりの森…。心と体が癒される森林浴を楽しみながら散策を楽しもう。

オンネトー遊歩道

コバルトブルーの湖畔をのんびり散策
オンネトーは天候や時間、角度により水の色が変化する不思議な湖。湖畔は遊歩道になっており、アカエゾマツやシナノキの巨木が立ち並ぶ天然林や野草を観賞しながら散策が楽しめる。

オンネトー遊歩道

オンネトー

住所
北海道足寄町茂足寄
交通
JR根室本線釧路駅から阿寒バス阿寒湖畔行きで2時間、終点下車、タクシーで20分
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

ノンノの森

自然の生命力に満ちた森
阿寒湖と屈斜路湖のちょうど中間にある津別町上里地区に広がる森。ガイドの案内による「森林セラピーツアー」を実施していて、6月中旬~7月上旬にはピンク色のクリンソウが森一面を染める。

ノンノの森

住所
北海道津別町上里738
交通
JR石北本線美幌駅から北見バス津別行きで30分、終点下車、タクシーで30分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

一面の花畑

大自然のなかで力強く咲く花々
厳しい寒さの冬が終わり、可憐な花々が色づく春~秋。道東には花畑や野生の花々が見られる原生花園が点在。花がきれいなのはもちろん、道東ならではの自然環境を生かした周辺の景色も楽しみたい。

芝ざくら滝上公園

2018年で植栽60年!
ゆるやかに広がる丘の斜面を鮮やかなピンクの色に染める芝ざくら。花畑のなかにはところどころにシラカバが植えられ、北海道らしい風景が楽しめる。見ごろは5月中旬~6月上旬。

芝ざくら滝上公園

芝ざくら滝上公園

住所
北海道滝上町元町
交通
JR函館本線旭川駅から北海道中央バス紋別行きで2時間20分、滝上下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
芝ざくら開花宣言の翌日~芝ざくらまつり期間=大人500円、小・中学生250円、小学生未満無料、ほかの時期は無料/(10名以上の団体は大人400円、小人200円)

能取湖サンゴ草群落

湖面に広がる深紅のカーペット
サンゴ草は道東の一部にしか生息しない珍しい植物。能取湖の南側の湖畔・卯原内周辺は約4haの広さでサンゴ草が群生。見ごろは9月中旬~下旬。

能取湖サンゴ草群落

能取湖サンゴ草群落

住所
北海道網走市卯原内60-3
交通
JR石北本線網走駅から網走バス常呂方面行きで20分、西網走コミセン前下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

絶景クルーズ

感動の景色を求めて大海原へ
道東ならではの生き物や風景が楽しめるクルーズ船。地上では見られない贅沢な景色を満喫しよう。

ホエールウォッチング

近い距離で貴重な鯨類が見られる
知床半島の東海岸、羅臼沖は一年中多種多様な生き物が集まるホエール&バードウォッチングスポット。狭い海域で多種にわたる鯨類が見られる日本有数のポイントだ。

ホエールウォッチング

サンセットクルーズ

釧路の夕日を海上から眺める
世界三大夕日に数えられる釧路の夕日を観賞できるクルーズ船が「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」の対岸から運航。夕日が見られるポイントでは記念撮影時間も設けられている。

サンセットクルーズ

ピクニッククルーズやナイトクルーズも運航している

筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる知床・阿寒・網走・釧路湿原」です。掲載した内容は、2017年5月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
×