>  >  >  > 

知床・阿寒観光はこれでOK! 知床・阿寒観光のポイントとおすすめスポットをご紹介

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2020年9月11日

この記事をシェアしよう!

知床・阿寒観光はこれでOK! 知床・阿寒観光のポイントとおすすめスポットをご紹介

知床・阿寒エリアのある道東は、ダイナミックで手つかずの自然が残る「北の楽園」。
豊かな自然と澄んだ空気に触れれば、心も体も浄化されるはず。
また、知床・阿寒エリアはオホーツク海と太平洋に囲まれ、遠く北洋にも続くため、身が引き締まってうま味が凝縮された魚介の宝庫でもあり、ご当地料理や名物の多い場所でもあります。
何を目的にどこを訪れるか、おでかけ前に各エリアの特徴をチェックしておきましょう!

知床・阿寒ってこんなところ

まずは知床・阿寒の主要観光エリアの位置関係を把握しよう。

 

位置関係を把握したら、知床・阿寒の魅力をギュッとつめ込んだ動画で知床・阿寒観光のポイントを押さえよう!

知床・阿寒観光 プランニングのコツ

飛行機でどれくらいかかる?

東京から道東の空の玄関口となることが多い釧路へは直線で約920kmの距離があり、飛行機で約1時間40分。大阪からだと、約1250kmあり、約2時間かかります。

どれだけ広いの?

知床・ウトロ~釧路と東京~山梨はほぼ同じ距離。想像以上に都市間の移動距離は長いです。本州で県をまたぐような感覚だと覚えておきましょう。

各エリアの特徴とおすすめスポット

知床・阿寒の基本情報をチェックしたら、次はエリアの位置関係や特徴をおさえておきましょう。各エリアのおすすめ観光スポット、人気のグルメスポットもあわせてご紹介しますので、行き先に迷っている方は必見です!

①知床エリア

手つかずの自然が残る世界自然遺産登録地へ

知床半島はオホーツク海や根室海峡に面し、絶滅危惧種を含む野生動物も数多く生息する場所。陸地にはエゾマツやトドマツが生い茂り、海ではサケやキンキなどの魚介も豊富に獲れる。

知床五湖

原生林の中に佇む5つの湖

羅臼岳と硫黄山の麓にある、5つの不定形の湖。各湖に固有の名称はなく、便宜的に一湖、二湖と呼ばれている。流れ込む川も出る川もない、実に神秘的な湖だ。

知床五湖
知床五湖
知床五湖
知床五湖

オシンコシンの滝

日本の滝百選に選ばれた双美の滝

国道334号沿いにある知床半島最大の滝。滝は途中で二筋に分かれるため“双美の滝”の名もある。滝の上には散策路があり、頂上には展望台がある。駐車場近くには売店も。

オシンコシンの滝
オシンコシンの滝
オシンコシンの滝
オシンコシンの滝

カムイワッカ湯の滝

川全体が流れる温泉、秘湯の名にふさわしい湯

活火山である知床硫黄山の中腹から流れる温泉が川に流れ込み、川全体が流れる温泉と化している。いくつか滝壺があり、かつてはそれらの秘湯で入浴を楽しめたが、落石の危険があるため、現在足を運べるのは下流の一の滝まで。沢を登るので滑りにくい靴と下半身は濡れる覚悟を。水温が約30度とぬるめなので足湯として楽しもう。

カムイワッカ湯の滝
カムイワッカ湯の滝

知床横断道路

ウトロと羅臼を結ぶ絶景ロード

ウトロと羅臼を結ぶ国道334号、別名、知床横断道路。知床峠をはさみ天候が大きく変わるため、よほどの好天に恵まれないかぎり、ウトロ側か羅臼側が霧の中の走行になる。

知床横断道路
知床横断道路
知床横断道路
知床横断道路
1 2 3 4 5 6 7

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください