トップ > 全国 > 東北 > 南東北 > 仙台・松島 > 仙南・阿武隈川流域

亘理のイチゴ

かわいい形と鮮やかな色合いは年齢を問わず親しまれる

ミカンと並んで冬に味覚狩りが楽しめる果物の代表。12~5月頃まで楽しめる食べ放題ができる観光農園も多い。近年は品種開発が進み、個性的なイチゴが増えている。南東北では宮城や福島でイチゴ狩りが盛ん。福島では2006年に開発された「ふくはる香」が味わえる農園もある。

山元いちご農園(ヤマモトイチゴノウエン)

広いハウスでイチゴを摘み取り

「とちおとめ」などのイチゴの摘み取り体験が楽しめる、宮城県でいちばん大きなイチゴ狩り施設。高設栽培なので、しゃがむことなく収穫できる。練乳もサービスしてくれる。「もういっこ」「べにほっぺ」も栽培。

山元いちご農園

山元いちご農園

住所
宮城県亘理郡山元町山寺稲実60
交通
JR常磐線山下駅から徒歩10分
料金
いちご狩り(12~翌1月)=大人1800円、4~6歳900円、3歳未満無料/いちご狩り(2月~5月8日)=大人1500円、4~6歳700円、3歳未満無料/いちご狩り(5月9日~6月上旬)=大人1300円、4~6歳500円、3歳未満無料/

ICHIGO WORLD(イチゴワールド)

摘みたてイチゴをパクリ

摘みたてイチゴの食べ放題が楽しめる。高設栽培のため、立ったままいちごを摘むことができるのもうれしい。

ICHIGO WORLD

ICHIGO WORLD

住所
宮城県亘理郡山元町山寺桜堤47
交通
常磐自動車道山元ICから国道6号を相馬方面へ車で3km
料金
イチゴ狩り(30分食べ放題)=大人1500円、小人700円、幼児(~3歳)無料/(時期により異なる、要問合わせ)

エリア

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください