トップ > 全国 > 東北 > 南東北 > 仙台・松島 > 仙南・阿武隈川流域

村田のフジ

紫や白の房状の花が藤棚を美しく彩る

垂れ下がる花穂が美しいフジの花期は4月~6月。花色は薄紫、薄紅紫、白、桃などがある。日本固有種は、花房が長く蔓が右巻きのノダフジと、花房が短く蔓が左巻きのヤマフジに分けられる。山や森の木に巻き付いて成長するのは一般的にヤマフジである。宮城県村田町の白鳥神社には「奥州の蛇藤」と呼ばれる巨木がある。

白鳥神社(奥州の蛇藤)(シラトリジンジャオウシュウノジャフジ)

蛇藤伝説や巨木群、パワースポットとして知られている

境内には、樹齢約1000年といわれる大けやき、大銀杏、北限の白樫などの巨木群がそびえ、大杉に巻きつく姿が大蛇のように見えることから「奥州の蛇藤」と呼ばれている藤の木が有名。

白鳥神社(奥州の蛇藤)

白鳥神社(奥州の蛇藤)

住所
宮城県柴田郡村田町村田七小路1
交通
JR東北本線大河原駅からミヤコーバス村田・川崎行きで23分、村田営業所下車すぐ
料金
情報なし

エリア

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください