トップ > 全国 > 関西 > 北近畿 > 天橋立・丹後半島 > 網野・間人・経ヶ岬

丹後ちりめん

肌触りのよさと使いやすさが魅力

細かく生糸を織り込んで作られる丹後ちりめんは、生地の表面にできる繊細な凹凸が特徴。この凹凸により、深みのある豊かな色合いが演出される。シワもつきにくく使い勝手がよい。

丹後ちりめん

アミティ丹後(アミティタンゴ)

丹後の地場産業振興センター

丹後の特産品を紹介する地場産業振興センター。丹後の染織品のほか、みやげに最適な丹後ブランド認定商品が一堂にそろう。丹後ちりめんの織物見学や染色体験も行っている。

アミティ丹後

アミティ丹後

住所
京都府京丹後市網野町網野367
交通
京都丹後鉄道宮豊線網野駅からタクシーで5分
料金
オイルサーディン=490円/鯛せんべい=325円/

織元たゆう(見学)(オリモトタユウ)

丹後ちりめんの製造元

丹後ちりめんの製織作業を見学できる。ギャラリーではシルク製品や正絹丹後ちりめん小物などの販売も行っている。また重森三玲作の「蓬仙寿」の庭を見ることが可能だ。

織元たゆう(見学)

織元たゆう(見学)

住所
京都府京丹後市網野町浅茂川112
交通
京都丹後鉄道宮豊線網野駅から丹海バス間人行きまたは経ヶ岬行きで3分、網野下車、徒歩12分
料金
要問合せ

エリア

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください