まっぷるトラベルガイド海外おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

香港旅行をオススメする10の理由

香港旅行をオススメする10の理由
by leo.wan, CC BY

mapple

更新日:2019年5月5日

世界でも人気の観光地である国際都市、香港。世界中から華やかな香港の魅力を求めて、多くの人々が訪れています。アジアと欧米の文化の混ざり合う、エネルギッシュな香港は、何度も行きたくなる魅力が満載です。日本人ならビザ無しで90日間の滞在が可能!海外旅行先として多くの日本人が訪れている場所です。コンパクトな街なので2,3日で主な観光地を回ることができますし、フリープランでじっくり楽しむこともできます。そんな香港旅行をおすすめする10の理由をまとめてみました。



【理由1】交通機関が便利

交通機関が発達しているので、移動がしやすいというメリットがあります。地下鉄MTRは路線ごとに色分けされていて、初めてでも駅構内の案内が分かりやすく、迷いにくいです。

22154086313_3042e451f8_z

by hans-johnson, CC BY-ND

バス、ミニバスも安くて整備されているので、旅行中移動にとても便利です。タクシーも営業区域によって車体が赤、緑、青と分けられているので、自分の行きたい場所に合わせて乗車がしやすいです。

9653594287_ff448c7748_z

by t_y_l, CC BY-SA

フェリーや香港島を回るトラムも人気。香港島中心地ビジネス街である中環(セントラル)から、ミッドレベルまでを結ぶ世界一長いヒルサイドエスカレーターも勾配が激しい香港島で多くの人々に利用されています。

by galio, CC BY-SA

【理由2】日本から近い

飛行機で直行便で約4時間半から5時間程度。深夜便を利用すればショートトリップも可能です。香港ツアーも充実していいるので、初めてでもツアーを利用して香港を十分に味わうことができます。

9730262011_46f1bb06ef_z

by travelourplanet.com, CC BY

ツアーも旅行会社がそれぞれ様々な種類が準備しているので、格安プランから充実したプランも、気分に合わせて利用しやすいのもうれしいですね。

6052849385_8dfd770309_z

by Aero Icarus, CC BY-SA

最近はLCC各社が日本から直行便を出しているのも便利です。自分で航空チケットを予約して、フリーで香港滞在を楽しめます。アジア圏で日本から近いので、好きな時に行ける気軽さはなによりの魅力の一つです。

by Aero Icarus, CC BY-SA
航空券をお探しですか?
格安航空券の『最安値』をチェック »

【理由3】治安がよくセキュリティが高い

香港は他の海外都市と比べると比較的治安が良く、安全な街と言えます。世界中からくる観光客が女人街、男人街などナイトマーケットを楽しめることを考えるとセキュリティーの高さがうかがえます。

19344554946_dca14deb66_z

by IQRemix, CC BY-SA

もちろんスリや置き引き、客引きに注意が必要なのは言うまでもありません。でも、日本人の海外旅行先ランキング第6位という人気ぶりから、日本人が訪れやすい場所であることは間違いありません。たくさんの警察官や私服警官がいるので安心です。

by strogoscope, CC BY

【理由4】イルミネーション

香港と言ったら「100万ドルの夜景」。ヴィクトリアピークからの眺めは圧巻!ヴィクトリアハーバーからの眺めも素晴らしいので、周辺のホテルを利用して、毎日ホテルの窓から夜景を独り占めすることもできます。

21605219145_09c4e17dcf_z

by u07ch, CC BY

毎日20時から開催されるシンフォニー・オブ・ライツは、光と音楽のレーザーショーで、港の両サイドに立つ40棟以上のビルが夜空を照らします。ギネス世界記録にも認定されている香港でしか味わえないロマンチックなイルミネーション。ぜひ味わってみてください!

8459462735_b3a3c0f31b_z

by Adrian R. Tan, CC BY-ND

by Project 1080, CC BY

【理由5】香港グルメ

B級グルメの麺類や本格中華料理、香港の朝食の定番お粥や香港スタイルのミルクティなど香港でしか味わえないグルメが盛りだくさんあります。香港は海に囲まれているので、海鮮料理も新鮮でおいしいです。

8137367974_e26c7b72b2_z

by ironypoisoning, CC BY-SA

香港と言ったら「飲茶」というくらい、ぜひ味わいたい絶品「飲茶」。庶民的なお店からホテルの高級飲茶まで、さまざまなお店で朝飲茶や午後飲茶など一日中楽しめます。飲茶のお店を選んだら、お茶も様々な種類があるので、その日の気分に合わせてお茶を選べます。

143629461_4286250148_z

by InfoMofo, CC BY-SA

by BrownGuacamole, CC BY-ND

【理由6】買い物天国

巨大ショッピングセンターや規模の大きなブランドショップ、香港ならではの老舗のお店、女人街や男人街での激安ショッピング…など買い物天国の香港。世界中のものが手に入る、香港にはショッピングスポットがたくさんあります。

Harbour City 海港城, Foursquare.com

大きく分けてショッピングモールでの買い物と、ストリートマーケットでの買い物があります。毎日が縁日のような活気を見せるストリートマーケットでは、店主との値段交渉をしながらのワクワクする体験も可能。掘り出し物を探して激安でお土産も買えます。

6909078122_1cde481317_z

by maltman23, CC BY-SA

Harbour City 海港城, Foursquare.com

【理由7】アジアと欧米の融合した新旧独特の文化

近代的なビル群が立ち並び、その足元に広がる古き良き中国の面影を残す下町の繁華街。長くイギリスの植民地だったこともあり、中国の文化とイギリスの習慣が混ざり合った街の雰囲気が、他では味わえない香港ならではの魅力です。

17214369902_4a00a0341d_z

by enricrubioros1, CC BY

外国人が行きかい英語と広東語が飛び交う様子は、独特のエネルギッシュな雰囲気を醸し出しています。新しいショッピングモールのすぐそばで、中華風のレトロなお店があったり、大都会なのに市民の生活にも気軽にアクセスできる街並みは魅力の一つと言えるでしょう。

5925459544_6d6dbd0e2f_z

by Eduardo M. C., CC BY

by Cornelius Kibelka, CC BY-SA

【理由8】離島の魅力

香港はいくつかの大きな島でなっていますが、香港島だけでなく、ランタオ島や長洲島などビーチリゾートでゆっくりと自然と文化を満喫できるのも魅力です。

5997069045_86832097f9_z

by Castles, Capes & Clones, CC BY-ND

ランタオ島は、アジア各国から人の集まる香港ディスニーランドがあります。世界最大の大仏のある昴坪を往復するケーブルカー「昴坪360 (ゴンピン360)」は、所要時間25分の長いロープウェイとして有名。

5977438053_c203c68830_z

by iriskh, CC BY-ND

床がガラス張りのゴンドラ「クリスタルキャビン」を利用すると、美しい景観と空を浮いているような気分にさせてくれると人気です。ゴンピンビレッジにはレストランやお土産屋さん、アトラクションもあり、自然と文化を楽しめます。

4105284645_a328170a0e_z

Ngong Ping 360 Cable Car, by Phil Wiffen, CC BY-SA

長洲島, by Oleg., CC BY

【理由9】英語が通じ、親しみやすい漢字(中国語)の表記

香港人の母語は広東語ですが、香港はさまざまな人種の人々が集まっているので英語が広く用いられています。広東語が分からなくても、英語で会話ができるので安心です。

2348861716_6a5f7fed10_z

by See-ming Lee 李思明 SML, CC BY-SA

また、町中で見かける看板や掲示、地下鉄のニュースの表記が日本人に親しみのある漢字なので、比較的分かりやすいという利点があります。中国語が分からなくても、中国語の漢字は日本と同じものも多いので、道に迷ったり、料理の注文、ガイドブックを読むときにも便利ですよ。

by Joybot, CC BY-SA

【理由10】年間通して暖かい気候

日本よりもずっと南に位置する香港は、年間を通して暖かい亜熱帯気候。多くの島からなっている香港は、海に囲まれているので11月くらいまで海水浴が楽しめるのも魅力。春から秋まで半袖の夏の服装でもいいので、旅行にもっていく洋服も軽くて済みます。

22341171352_3b821f558b_z

by pasuay @ incendo, CC BY

ただ、冷房がきついので、カーディガンなど薄手の上着の用意をお忘れなく。日本とは違う香港ならではの明るい鮮やかな花たちを見ることもできます。高層オフィスビルやマンションの中にある広い公園もたくさんあるので、緑を楽しむこともできます。

by Ed Coyle Photography, CC BY-ND
筆者:mapple