>  > 

夏休みに行きたい!【ドライブ関東】おすすめ日帰りプラン6

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2020年5月29日

この記事をシェアしよう!

夏休みに行きたい!【ドライブ関東】おすすめ日帰りプラン6

夏休みのお出かけ先はもう決まりましたか?関東近郊には、車でアクセスできるお出かけスポットがたくさんあります。今回は、日帰りで楽しめる、夏の時期におすすめのドライブプランをご紹介!夏休みの計画に役立ててくださいね。

1.夏はやっぱり海!湘南・江ノ島をぐるりドライブ

1.夏はやっぱり海!湘南・江ノ島をぐるりドライブ

関東の人気スポットといえば、やはり江ノ島ですよね。海が綺麗な江ノ島は夏休みにはたくさん観光客が訪れます。まずは、湘南・江ノ島のドライブスポットをご紹介します。

11:00〜12:00 鶴岡八幡宮

11:00〜12:00 鶴岡八幡宮

まずは、鎌倉駅からスタート!鎌倉の定番スポット、鶴岡八幡宮へ行きましょう。国の重要文化財に指定されている鶴岡八幡宮は1063年、源頼義によって鶴岡八幡宮を祀って源氏の氏神としました。その後源頼義は、鎌倉の町づくりの中心に都市造りを進め鎌倉殿を築き上げたのです。

人前結婚式や祈祷なども行われているほか、パワースポットしても有名。大きな鳥居が目印なので、迷わず行けますよ!

13:00〜15:00 由比ヶ浜

13:00〜15:00  由比ヶ浜
123RF

鎌倉駅からすぐ、由比ヶ浜では海水浴を行う観光客であふれています。特に夏休みシーズンは海の家やイベントなどが開催されています。また、毎年7月後半には花火大会も開催されます。

約900mも続くロングビーチは、遠浅の綺麗な海が広がっています。海辺では、パラソルやグッズのレンタルも可能なので、わざわざ大荷物を持っていかなくても大丈夫。浜辺をお散歩したりイベントに参加するなど海に入らなくても十分楽しめますが、可能であれば、水着を持っていきましょう。

16:00〜17:00 江島神社

16:00〜17:00 江島神社

由比ガ浜を満喫したら車で約15分、江の島大橋を渡って江の島へ。

恋愛成就に効果があると言われている弁財天の祀られた江島神社。芸道上達、商売繁盛などのご利益もあるので芸能人や著名人にも人気です。カップルで参拝するなら、むすびの樹でかわいいピンク色の絵馬を書きましょう。また、縁結びのお守り「縁結守」も人気。

駐車場はないので、島内の観光用駐車場を利用しましょう。参拝するには急な階段があるため、少ししんどいかもしれません。そんな方には、境内のエスカーを使用しましょう。エスカーとは、国内初の屋外エスカレーターで昭和34年に作られました。一区〜三区の順番に参拝可能で、瑞心門・辺津宮・奉安殿といった主要なパワースポットを回ることができます。お金はかかりますが楽々で上まで登れるのでおすすめです。

17:30〜18:30 江の島シーキャンドル

17:30〜18:30 江の島シーキャンドル

江ノ島神社参拝が終わったら、江の島シーキャンドルで夕焼けを見にいきましょう。江ノ島シーキャンドルは、湘南のシンボルとして親しまれる展望灯台です。江ノ電開業100周年事業の一環として創設されました。

敷地内には庭園が設けられ、四季折々で花々が咲き乱れます。特に夏にはまるで南国のような雰囲気が味わえます。展望台の頂上からは、湘南の海が一望できます。

17:30〜18:30 江の島シーキャンドル
123RF

2.ひんやり絶景を楽しみたい!日光の名所をめぐるプラン

2.ひんやり絶景を楽しみたい!日光の名所をめぐるプラン

夏のお出かけはとにかく暑さを避けたいですよね。栃木は避暑地とも言われるほど、ひんやりとした気温が特徴。特に自然豊かな地域では涼しくて気持ち良いですよ。では、栃木のドライブスポットをご紹介しましょう。

11:00〜13:00 龍王峡

11:00〜13:00 龍王峡

まずは、龍王峡からスタート。 龍王峡は、鬼怒川温泉から鬼怒川をさらに上流にいったところに広がる渓谷で、日光国立公園のひとつ。海底火山の活動により噴き出した火山岩が鬼怒川の流れに沿って侵食され、2,200万年も前にできたとされています。その長さは、なんと約3キロ。大自然の中で美しい景色をいつまでも眺められます。

特に、むささび橋からの眺めはまさに絶景。巨大な岩と川の流れがダイナミックでその名の通り龍のような景色を楽しめます。龍王峡にはハイキングコースもあり、龍王峡駅近くの入り口から川治温泉露天風呂までの全長6キロ、約3時間のコースとなっています。自然を散策しながら楽しんでみてはいかがでしょうか。

なお、龍王峡の駐車場は鬼怒川の温泉街方面より国道121号を北上し、左側にあります。

13:30〜16:00 日光東照宮

13:30〜16:00 日光東照宮

龍王峡から車で鬼怒川を南下すると、約30分で日光の中心エリアに到着します。みどころはなんといっても世界遺産に登録されている日光東照宮!

かの有名な徳川初代将軍徳川家康公を御祭神にしており、日本を代表する神社です。まずは徳川将軍家の神獣がある五重塔へ向かいましょう。30メートルもの高さを誇るこの塔は、落雷により消失してしまったため再建されました。東京スカイツリーの建設にも応用された耐震技術なんだとか。

さらに奥へ進むと、壮麗な装飾の「陽明門」に有名な「三猿」「眠り猫」、他にも見所は満載!なんども改修を重ね色鮮やかな神殿の数々は見ものです。建築美も一緒に楽しみましょう。

日光東照宮付近にはカフェやレストランが多数あります。お昼はこのタイミングで済ませておくことをおすすめします。

なお、日光東照宮が鎮座するエリアは「日光山内」と呼ばれ、他にも二荒山神社、日光山輪王寺、輪王寺大猷院と全部で4つの寺社があります。拝観券はそれぞれで必要(日光山輪王寺と輪王寺大猷院のみ共通券あり)ですが、時間があればその他の寺社もぜひ参拝してみましょう。

日光山内のエリアはかなり広く、砂利道も多いため、歩きやすい靴で行くとよいですよ。

 

日光東照宮

住所
栃木県日光市山内2301
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス「世界遺産めぐり」で9分、表参道下車すぐ

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

16:30〜17:30 華厳の滝・中禅寺湖 

16:30〜17:30 華厳の滝・中禅寺湖 

日光東照宮参拝が終わったら、国道122号を西に走り、中禅寺湖に向かいましょう。

上り下りで合計48ものカーブがあるいろは坂を登りきると、標高1269m、日本一高い場所にある湖・中禅寺湖の一帯に到着します。

湖の手前に位置する華厳の滝は、勝道上人が発見したと言われ、仏教経典のひとつ「華厳経」から名づけられました。中禅寺湖の水が一気に落下し、その音や水しぶきはまさに大迫力!日本三名瀑の一つの名に等しく、日光東照宮とセットで訪れる人も多いです。

観瀑台まで行くと、滝つぼの間近まで行けるので、より迫力を感じられますよ。滝つぼまでは、華厳滝エレベーターを利用しましょう。

中禅寺湖では遊覧船やボートに乗って湖畔の風景を楽しむことができます。
かつては外国人が多く訪れ、国際避暑地として栄えた中禅寺湖の爽やかな空気と美しい自然を満喫したら、来た道を戻り、帰路へ。

いろは坂は一部で一方通行期間があるため、帰りは別のルートを通ることになります。

3.涼しさを堪能!埼玉県長瀞でライン下り&天然かき氷をいただく

3.涼しさを堪能!埼玉県長瀞でライン下り&天然かき氷をいただく

埼玉県長瀞は、夏には美味しい天然氷のかき氷が有名です。夏といえば、やっぱりかき氷を食べたいですよね。今回は、わざわざ行きたいかき氷と周辺のお出かけスポットをご紹介します。

11:00〜13:00 長瀞ライン下り・岩畳・長瀞岩畳商店街

11:00〜13:00 長瀞ライン下り・岩畳・長瀞岩畳商店街

長瀞といえば、まず思いつくのは岩畳ではないでしょうか。国指定名勝・天然記念物に指定されていて、なかなか見られないような珍しい地形の岩が広がっています。地質学的にも非常に珍しい形をしていることから別名「地球の窓」とも呼ばれています。

秩父鉄道長瀞駅から岩畳へ行くまでの道には、長瀞岩畳通り商店街があります。長瀞岩畳通り商店街では、長瀞ガレやお漬物など食べ歩きに最適なお店がたくさん!珍しい川魚専門店もあるので、魚好きのかたはぜひチェックしてみてくださいね。

岩畳を歩いて楽しんだ後は、川下りもおすすめ。船の上からは岩の断層を見ることができます。

長瀞ライン下りは3コースありますが、無料バスが用意されており、乗船場までバスで向かい、舟下りで戻ってくることも、舟下りをした後にバスで乗船場まで戻ってくることもできます。

14:00 阿左美冷蔵 宝登山道店

14:00 阿左美冷蔵 宝登山道店

ランチを軽く済ませたら、今回の旅のお目当てでもあるかき氷を食べに行きましょう。長瀞のかき氷は、天然かき氷が食べられると有名。「阿佐美冷蔵 宝登山道店」は、全国から観光客が訪れるほどの人気店で、待ち時間が長くなることも。12時〜13時前後のピーク時を避けていくようにしましょう。

レトロな店内で、ボリューム満点のかき氷をいただきます!天然かき氷はザラザラせず、口の中でさらっと溶け出します。ドリンクもかき氷屋さんならでは。氷屋のアイスコーヒーは、かき氷が乗っていてとってもユニークです。

阿左美冷蔵 寶登山道店

住所
埼玉県長瀞町長瀞781-4
交通
秩父鉄道長瀞駅から徒歩6分

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

13:30〜15:00 秩父神社

13:30〜15:00 秩父神社

かき氷を楽しんだ後は、長瀞から秩父へと移動し、秩父神社に向かいましょう。
長瀞と秩父は車で30分程度の距離にあり、日帰りで一緒に訪れる方も多いです。

秩父神社は、関東でも屈指の古社のひとつ。現存する社殿は徳川家康公によって寄贈されました。

長瀞の宝登山神社、奥秩父の三峯神社とあわせて「秩父三社」と呼ばれ、パワースポットとしても有名。埼玉県の重要文化財に指定されています。

学業成就、合格祈願、開運などの効果があるとされ、祈祷の他にも年間を通してさまざまな行事も行われています。

秩父神社

住所
埼玉県秩父市番場町1-3
交通
秩父鉄道秩父駅から徒歩3分

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

16:00〜17:00 三峯神社

16:00〜17:00 三峯神社

秩父の神社巡りを続けましょう。三峯神社も、関東屈指のパワースポットとして有名。毎月一日には白いお守りが限定配布されるため、特に混み合います。

三峯神社は日本武尊(やまとたけるのみこと)が創始したと言われており、境内には三峯神社の境内には日本武尊の大きな像の姿も。御神木は、樹齢800年を超える重忠杉。夫婦和合や五穀豊穣、家内安全などのご利益があると言われています。

4.絶景・グルメ・温泉を楽しむ富士山麓周遊ドライブ

4.絶景・グルメ・温泉を楽しむ富士山麓周遊ドライブ

天気の良い日には、富士山をみに行きませんか?富士山を横目に眺めながら、静岡県の大自然を担当できるドライブコースをご紹介!間近で巨大な富士山を堪能できますよ。

11:00〜13:00 白糸の滝

11:00〜13:00 白糸の滝

まずは、白糸の滝からスタートです。白糸の滝は、富士山麓・富士宮市にある滝。国の名勝、天然記念物に指定されているほか、日本観光百選の滝の部で1位に選ばれたことも。その名の通り、細かな糸が何本も引いているかのような景色が楽しめます。

滝つぼはエメラルドクリーン!透明度が高く、底も見えるほど。真夏でも少しひんやりとしていて、マイナスイオンをたくさん浴びられます。

13:30〜14:30 道の駅 朝霧高原

13:30〜14:30 道の駅 朝霧高原

白糸の滝を見終わったら、お昼ご飯を食べに行きましょう。白糸の滝から車で約15分、「道の駅 朝霧公園」は、富士山をバックに牧場のような広大な道の駅となっています。レストランや野菜の直売所、ソフトクリーム屋さんが揃っています。

レストランは牛丼やハンバーク定食など、地産地消メニューがずらり!ラーメンやうどんの他にも、アイスクリームやソフトクリームも。お土産も販売しているので、ぜひチェックしてみましょう。

15:00〜16:00 根場浜

15:00〜16:00 根場浜
写真提供:やまなし観光推進機構

続いては、富士山がよく見える西湖の根場浜へ行きましょう。根場浜は、車が止められ、かつ西湖から青木ヶ原樹海越しの富士山を撮影できる唯一のスポットです。富士五湖の一つでもある西湖は富士山構成資産として世界文化遺産に登録されているのです。

富士山を間近で見ることができるほか、近くにはキャンプ場やスポーツ施設、フィッシング場も。時間を忘れて、ゆったりした時間を過ごしましょう。

 

住所山梨県南都留郡 富士河口湖町西湖 湖畔
交通中央自動車道河口湖ICより車で約20分
駐車場あり 無料 28台

 

16:30〜18:00 ふじやま温泉

16:30〜18:00 ふじやま温泉

ドライブ旅の最後は、ふじやま温泉でリフレッシュ。ふじやま温泉は、温泉、露天風呂、岩盤浴などが完備されています。マグネシウム・カルシウム・ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉などがブレンドされている珍しい泉質となっており、様々な悩みを解消できます。そのため、美肌の湯としても有名。

ハンモック休憩室やマッサージ機なども完備されているので、疲れた体をしっかり癒してあげてくださいね。

5.デートにもおすすめ!東伊豆で遊びと温泉満喫プラン

5.デートにもおすすめ!東伊豆で遊びと温泉満喫プラン

せっかく旅行に行くのであれば、遊園地やテーマパークに行きたいですよね。都会から比較的簡単に行けるテーマパークは、伊豆にたくさんあります!デートにもぴったりのスポットをめぐる伊豆のドライブコースをご紹介。

10:00~12:00 城ヶ崎ピクニカルコース

10:00~12:00 城ヶ崎ピクニカルコース

断崖絶壁で絶景を楽しめる城ヶ崎ピクニカルコース。約4000年前に大室山が噴火したことによって流れ出した溶岩によって出来上がりました。門脇埼灯台の展望台からは伊豆七島を眺められます。

波が激しく海は非常に透明度が高く綺麗なエメラルドグリーン。四季折々の花を楽しみながらお散歩しましょう。

14:00〜15:00 伊豆シャボテン動物公園

14:00〜15:00 伊豆シャボテン動物公園

約1500種類の世界中のサボテンやカピバラ、サルなど珍しい動物や植物を楽しめる伊豆シャボテン動物公園。特にサボテンは可愛い形のもの、珍しいもの、サボテンで有名なメキシコの歴史も学べるので必見です!

園内でも特に人気のカピバラは、温泉に入る姿を見られたりおやつをあげたりと、いろんな姿を楽しめます。おっとりとした動きが癖になる人も多いはず。

園内で放し飼いされている動物たちはみんなまったりとしていて、見ているだけでも癒されます。近くで触れ合うこともできるので、親子で楽しめるでしょう。

他にも孔雀やレッサーパンダ、カンガルーなど動物園顔負けの種類豊富な動物たちが出迎えてくれます。

 

15:00〜16:00 伊豆ぐらんぱる公園

15:00〜16:00 伊豆ぐらんぱる公園

伊豆シャボテン動物公園よりすぐ近くの場所にある伊豆ぐらんぱる公園。

Dino Age Kart(ゴーカート)やウォーターバルーンをはじめ、子供から大人まで満喫できるアトラクションがずらり。その中でも特に人気の「ジップライン 〜風 KAZE〜」は、往復で400m、高さ9m、滑走の速さは時速25km~35kmとスリル満点!ダイナミックな飛行を楽しめます。

無料遊具エリアも随時拡大されており、アスレチックやブランドなど、思いっきり遊びまわってストレス発散できます。

17:00 赤沢温泉日帰り温泉館

17:00 赤沢温泉日帰り温泉館

ドライブの最後は、温泉でまったり。赤沢温泉ホテルは、宿泊だけではなく日帰り温泉も行っています。日が落ちる太平洋を眺めながら、素敵な時間を過ごしましょう。大露天風呂は、インフィニティープールのようになっているため、贅沢な開放感を満喫できます。

貸切露天風呂やジャグジーもあり、疲れた体をゆったり休められるでしょう。夕食を取れるレストランもあり、特にとれたての海鮮が人気。ぜひ、晩御飯を済ませて帰りましょう。

6.海沿いをドライブ!房総半島でイルカショーと棚田を見に行こう

最後のご紹介は千葉県から。海を横目にドライブしてみませんか?運転するだけでもリフレッシュできる、房総半島のドライブコースをご紹介します。

10:00~12:00 鴨川シーワールド

10:00~12:00 鴨川シーワールド

まずは外房の海沿いを走る国道128号で鴨川シーワールドへ!

イルカだけではなくシャチやベルーガのショーも行う珍しい水族館です。2020年でオープン50周年を迎えるこの水族館は、世界中のたくさんの海の動物の展示やイベントなどを開催しています。

また、展示だけではなく動物たちとのふれあいも大切にしています。そのため、写真撮影やふれあいコーナーなどもたくさんあります。

提供:鴨川シーワールド

鴨川シーワールドはレストランも完備。特にシャチを眺めながらランチを楽しめるレストランオーシャンは、まるで海の中に入ったかのような気分を味わえますよ。

取材レポートもあるので、もっと詳しく知りたい方は下記の記事も参考に。

13:00〜15:00 大山千枚田

13:00〜15:00  大山千枚田

午後は鴨川シーワールドから約25分、房総半島内陸部の大山千枚田へ。

大山千枚田は都内から一番近い場所にある棚田としてフォトスポットとしても人気です。日本で唯一雨水のみで耕作を行っている天水田となっており、さまざまな動植物が自生しています。

人が手を加えないからこその生態系や、周りに住む人々の暮らしなど、普段はなかなか目にすることができない珍しい景色が広がっています。農作業体験など、体験プログラムも豊富なので気になる人はチェックしてくださいね。

16:00〜17:00 四方木 不動滝

最後は、四方木 不動滝です。山の奥地で激しい滝の流れを楽しみましょう。四方木 不動滝は、高さ10数メートル、幅5メートル程の巨大な滝。

舗装されていない小道を渡り進んでいくとみられるこの景色は、まさに秘境。滝の音を聴きながらリフレッシュしてはいかがでしょうか。

都心からであれば、帰りはそのまま山道を抜けて国道465号・410号を通り、圏央道木更津東ICからアクアラインを通って帰るのがスムーズです。

まとめ:週末はドライブでお出かけしよう!

関東近郊にはドライブで気軽に訪れられるスポットがたくさんあります。温泉やグルメ、テーマパークなど、せっかくの夏休みを満喫してくださいね。

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください