>  >  >  >  >  鴨川シーワールドの楽しみ方・遊び方!大海原を目の前に海の動物たちと遊ぼう

鴨川シーワールドの楽しみ方・遊び方!大海原を目の前に海の動物たちと遊ぼう

鴨川シーワールドの楽しみ方・遊び方!大海原を目の前に海の動物たちと遊ぼう

千葉県の房総半島にある鴨川シーワールドは、大海原を目の前に、海の生き物たちと遊べるスポットです。
千葉県の海や南国の海、北の海を再現した展示や、愛らしいシャチやイルカなどのパフォーマンス、直接生き物たちと触れ合えるディスカバリーガイダンスもあり、たっぷりと遊ぶことができます。
今回はそんな鴨川シーワールドの魅力と便利情報を、取材レポートをまじえてご紹介します。


※新型コロナウイルスの感染症対策として、当面の間、臨時休館となります。
営業再開日などは随時、公式ホームページに掲載される予定です。最新の情報をご確認ください。

目次

  • 鴨川シーワールドとは?
  • 鴨シーの魅力①迫力満点!シャチのパフォーマンス
  • 鴨シーの魅力②オフィシャルホテルで海の眺めを満喫
  • アクセス方法
  • 入館料は?
  • 往復バス込みのセットプランなど、お得な入館プランもある
  • 子連れ情報
  • どんな生き物たちがいるの?各ゾーンの説明&見どころ
  • 園内のプログラムの一覧
  • 所要時間はどれくらい プランをたてるポイント
  • おみやげを買うなら
  • レストラン&グルメ情報
  • ナイトアドベンチャーを満喫
  • 一緒に巡りたい周辺スポット
  • まとめ

鴨川シーワールドとは?

鴨川シーワールドとは?

「鴨シー」の愛称で親しまれる「鴨川シーワールド」は、イルカやアシカ、シャチなどの海獣を中心に、海の生き物たちとの生き生きとした姿が見られるアミューズメントスポットです。
2020年10月には50周年を迎えます。

  • 住所 千葉県鴨川市東町1464-18
  • 交通 電車:JR安房鴨川駅から無料送迎バスで約10分
  • 営業時間 9:00〜17:00(日によって異なります)
  • 休業日 不定休
  • 公式HP
鴨川シーワールドとは?

園内にはベルーガをはじめ、キュートな生き物たちがいっぱい

鴨川シーワールド

住所
千葉県鴨川市東町1464−18
交通
JR外房線安房鴨川駅からタクシーで6分(無料送迎バスあり)
営業期間
通年
営業時間
9:00〜16:00(閉館17:00、時期により異なる)
休業日
不定休(GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
入園料=1DAYチケット大人3000円、小・中学生)1800円、4歳以上1200円、60歳以上2400円/2DAYチケット=大人4500円、小・中学生2700円、4歳以上1800円、60歳以上3600円/(60歳以上は要証明書、障がい者手帳持参で入園料大人1800円、小・中学生1080円、4歳以上720円、介護者1名2400円)

鴨シーの魅力①迫力満点!シャチのパフォーマンス

鴨シーの魅力①迫力満点!シャチのパフォーマンス
お客さんのすぐ目の前にも登場

マイルカ科の中でもっとも大きな種であるシャチは、海の王者とも呼ばれています。
鴨川シーワールドには4 頭のメスのシャチがいて、雄大な太平洋を背景に、世界でも珍しいスーパーアトラクションを繰り広げています。

野生のシャチは獰猛(どうもう)と言われていますが、鴨川シーワールドのシャチたちはとても好奇心旺盛で温厚な性格。
そんなシャチが、トレーナーと息の合った姿を見せるダイナミックなパフォーマンスは、鴨川シーワールドの一番の目玉となっています。

シャチのパフォーマンスは人気なので、休日ならば1時間前、平日は30~40分前には席を確保したいところです。

2020年2月の取材当日は平日で、10分前に訪れましたが、半分以上はお客様で埋まっていました。
ちなみに、このパフォーマンスでは大きなシャチがジャンプをするので、水しぶきがあがります。
とくに前段から5~6段目まではびしょ濡れになるので、ポンチョのご準備を。

鴨シーの魅力①迫力満点!シャチのパフォーマンス

トレーナーとの息の合ったパフォーマンスも見どころ

鴨シーの魅力①迫力満点!シャチのパフォーマンス

クライマックスは2頭で交差しながら大ジャンプ

鴨シーの魅力①迫力満点!シャチのパフォーマンス

最後はトレーナーと一緒にポーズ

鴨シーの魅力②オフィシャルホテルで海の眺めを満喫

鴨シーの魅力②オフィシャルホテルで海の眺めを満喫
鴨川シーワールドに隣接した鴨川シーワールドホテル

鴨川シーワールドは館内に子どもから大人まで快適に過ごせるオフィシャルホテルがあります。
レストラン「マーメイド」横にはキッズルームも完備しています。
全室オーシャンビューで眺望は抜群。ホテルに宿泊すれば到着日から出発日まで鴨川シーワールドの入園が無料になるのもうれしいところです。

また、周囲にもホテルがあるので、そちらをご利用してもいいかもしれません。

鴨シーの魅力②オフィシャルホテルで海の眺めを満喫

全客室がオーシャンビュー

アクセス方法

アクセス方法
無料シャトルバスは青い車体ですぐに見つけられるはず

電車で訪れるならば
JR東京駅からJR線内房線・外房線安房鴨川駅まで約3時間、安房鴨川駅から路線バスで約15分。
安房鴨川駅からは無料シャトルバスも1時間に1本出ています。
東京駅から安房鴨川駅まで交通費は大人2310円、安房鴨川駅から鴨川シーワールドまでの路線バスは190円です。

高速バスもあり
東京駅、渋谷マークシティ、千葉駅などからは高速バスが出ています。
東京駅からは約2時間20分、2500円。
また、往復の高速バスと入園券がセットのプランもあります。(詳細は後述)

車の場合
車で都心から向かう場合は、京葉道路を使って東京湾を迂回するルートと、東京湾アクアラインで東京湾を横断するルートがありますが、東京湾アクアラインを通るのが早く着くルートです。
首都高速→東京湾アクアライン→館山自動車道→君津I.C→房総スカイライン(県道92・24号線)→鴨川シーワールド
都心からの所要時間は1時間30分程度です。

入館料は?

入館チケットは1日券と2日券があります。

1DAYチケット

  • 大人(高校生以上) 3000円
  • 小人(小学生・中学生) 1800円
  • 幼児(4歳以上) 1200円
  • 60歳以上 2400円 (要証明書提示)

2DAYSチケット

  • 大人(高校生以上)4500円
  • 小学生・中学生 2700円
  • 幼児(4歳以上)1800円
  • 60歳以上 3600円(要証明書提示)

チケットは直接、館のチケットカウンターで購入するか、
鴨川シーワールドのスマホ専用チケット販売サイトからも購入できます。

※臨時休館中は、上記販売サイトでチケットの販売を行なっていない場合があります

販売サイトから購入すると入園館料が10%割引になります。

往復バス込みのセットプランなど、お得な入館プランもある

鴨川シーワールドにはお得な入館プランも多数あります。

オリジナルレインポンチョ付き入園プラン
シーワールドカラーのブルーを基調にしたオリジナルポンチョがセットになったプランです。
シャチパフォーマンスを満喫したい人におすすめです。

大人(高校生以上)3750円(通常は入館料3000円+ポンチョ1500円)
小学生・中学生2850円(通常は入館料1800円+ポンチョ1500円)
幼児(4歳以上)2400円(通常は入館料1200円+ポンチョ1500円)

高速バス往復乗車券と入館券のセットプラン
東京駅、渋谷マークシティ、千葉駅からの高速バス往復乗車券と入館券がセットになったプランです。
東京駅からは

大人(高校生以上)5800円(通常は入館料3000円+往復乗車券5000円)
中学生5000円(通常は入館料1800円+往復乗車券5000円)
小学生3100円(通常は入館料1200円+往復乗車券3100円)

※消費税10%込み

その他にもレストラン「the CAVE」のコース料理とセットになった「CAVEコース付き入館プラン~青の洞窟 Blue Cave」や、かわいいシャチのぬいぐるみが空くじなしで当たる「シャチくじ付き入園プラン~Fortune Orca」などお得なセットプランがあるので、気になる方は公式HPをチェックしておきましょう。

子連れ情報

子連れ情報
貸し出しているベビーカー。必要な方は入り口の受付でお申し込みを

取材当日も平日ながら、子ども連れファミリーがいっぱい。
そんな鴨川シーワールドだから、ベビーやキッズと一緒の方へのサービスも整っています。

ベビーカーは持ち込み可能ですが、300円でレンタルもあります。
おむつ替えの台は館内に8カ所あり、授乳室は3カ所あります。

館内はバリアフリーになっており、スロープやエレベーターが設けられているので、ベビーカーでも移動しやすくなっています。

さらに、救護室もあるので、子供が急に具合が悪くなったり、はしゃいでいてケガをしたりしたような場合は、すぐに相談するといいでしょう。

子連れ情報

レンジや流しもある授乳室。おむつ替え台や授乳用の椅子も用意されています

子連れ情報

各スタジアムの入り口にはベビーカー置き場があります。このマークが目印です

筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
×