トップ > 全国 > 北海道 > 札幌・函館・旭川 > 函館・道南 > 松前・江差

松前・江差

松前・江差のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した松前・江差のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。松前藩屋敷,斉藤籠店,五勝手屋本舗など情報満載。

  • スポット:104 件
  • 記事:13 件

1~10 件を表示 / 全 104 件

松前藩屋敷

江戸時代にタイムスリップ

北前船が行き来し、栄華を誇った幕末の松前を再現。海の関所「沖の口奉行所」、藩士の暮らした「武家屋敷」のほか、近江商人の「商家」、ニシン漁の「番屋」など、約14棟の建物が並ぶ。

松前藩屋敷
松前藩屋敷

松前藩屋敷

住所
北海道松前郡松前町西館68
交通
JR北海道新幹線木古内駅から函館バス松前行きで1時間30分、松城下車、徒歩15分
料金
入館料=大人360円、小・中学生240円/甲冑・着物着付け体験=大人1000円、幼児500円/姫・大将着付け体験=大人2000円/松前漬作り体験(3日前までに要予約)=1000円/(団体10名以上は大人290円、小・中学生190円、障がい者手帳持参で本人入館料10%割引)

斉藤籠店

職人によって手作りされている一生モノの籠製品

創業100年以上経つ老舗の籠店。秋に採取した根まがり竹を使い、冬の間に製作するので一番品数が充実しているのは4月下旬ごろ。店内では上ノ国産の「こうれん」なども販売している。

斉藤籠店
斉藤籠店

斉藤籠店

住所
北海道檜山郡江差町字姥神町112
交通
JR函館本線函館駅から函館バス江差行きで2時間、中歌町下車、徒歩3分
料金
脱衣かご=9800円/皿かご=2000円ほど/

五勝手屋本舗

江差みやげに買いたいレトロなラベルの丸缶羊羹

明治3(1870)年創業の老舗。基本的な製法は現在も変わらず和菓子職人に代々と受け継がれている。丸羊羮やあきあじ最中などを販売。

五勝手屋本舗
五勝手屋本舗

五勝手屋本舗

住所
北海道檜山郡江差町本町38
交通
JR函館本線函館駅から函館バス江差ターミナル行きで2時間、橋本町下車すぐ
料金
丸缶羊羹=270円(1本)/カステラ=432円(1個)/あきあじ最中=486円(大)、281円(小)/

矢越海岸アドベンチャーズ

大自然の絶景に感動

普段味わうことのできない未体験ゾーンへ。最大のみどころは青の洞窟で、矢越ブルーといわれる海の色は神秘的。小型船でしか行くことのできないポイントからの眺めはまさに絶景。

矢越海岸アドベンチャーズ

矢越海岸アドベンチャーズ

住所
北海道上磯郡知内町小谷石99-8
交通
函館江差自動車道函館ICから国道228号、道道531号を松前・小谷石漁港方面へ車で56km
料金
ツアー=大人4000円、小人2500円、幼児無料/

道の駅 あっさぶ

木のぬくもりある店内に地場産新鮮野菜が揃う

駅舎は総ヒバ造り。メークイン発祥の地として知られ、メークインをはじめ地元の農産物を販売。メークイン焼酎はユニークな一品。隣接の「レクの森」ではキャンプができる。

道の駅 あっさぶ
道の駅 あっさぶ

道の駅 あっさぶ

住所
北海道檜山郡厚沢部町緑町72-1
交通
函館江差自動車道北斗追分ICから国道227号を江差方面へ車で50km
料金
施設により異なる

松前町郷土資料館

松前の先史時代からの歴史や暮らしに触れる

先史時代からの松前の歴史や暮らしに関する資料を展示。町内で発掘された縄文土器や復元された竪穴式住居がある。

松前町郷土資料館

松前町郷土資料館

住所
北海道松前郡松前町神明30
交通
JR北海道新幹線木古内駅から函館バス松前行きで1時間30分、松城下車、徒歩15分
料金
無料

道の駅 みそぎの郷 きこない

北海道新幹線の木古内駅前。広域観光情報も発信

北海道新幹線と在来線が乗り入れる木古内駅の駅前にあり、道南西部9町への観光案内も行う。「世界の料理人1000人」に選ばれた奥田政行氏が監修するレストランは注目だ。

道の駅 みそぎの郷 きこない
道の駅 みそぎの郷 きこない

道の駅 みそぎの郷 きこない

住所
北海道上磯郡木古内町本町338-14
交通
函館江差自動車道北斗茂辺地ICから道道29号、国道228号を松前方面へ車で20km
料金
要問合せ

道の駅 上ノ国もんじゅ

眼下に広がる日本海を一望出来るパノラマレストラン

レストランでは、最高のロケーションの中、地場の産品を中心とした四季折々の味覚が楽しめる。物産センターでは、毎朝農家から新鮮な上ノ国産の野菜を入荷している。

道の駅 上ノ国もんじゅ

道の駅 上ノ国もんじゅ

住所
北海道檜山郡上ノ国町原歌3日本海情報交流館「文珠」
交通
函館江差自動車道北斗茂辺地ICから国道228号、道道5号、国道228号を上ノ国方面へ車で約63km
料金
施設により異なる

道の駅 江差

海のすぐそばに建つ切妻屋根の建物が目印

海に面しており、夕日や漁火が美しい。とんちの名人といわれた「繁次郎」の像はアイドル的存在。キッチンや、布団などを用意した近くの簡易宿泊所は売店にて予約受付(12~翌3月は休館)。

道の駅 江差
道の駅 江差

道の駅 江差

住所
北海道檜山郡江差町尾山町1
交通
道央自動車道落部ICから国道5号、道道67号、国道227号・228号を江差方面へ車で55km
料金
牛乳ソフト=300円/

道南トロッコ鉄道

旧JR江差線の線路を使ったトロッコ体験

旧JR江差線のうち約2.9kmの線路を利用したトロッコ乗車体験スポット。区間によって足こぎトロッコとエンジントロッコに乗車できる。

道南トロッコ鉄道

道南トロッコ鉄道

住所
北海道上磯郡木古内町鶴岡
交通
JR北海道新幹線木古内駅からタクシーで5分
料金
足こぎトロッコ=600円/エンジントロッコ=800円/

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください