トップ > 全国 > 東海・北陸 > 北陸 > 能登半島 > 珠洲・九十九湾

珠洲・九十九湾

珠洲・九十九湾のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した珠洲・九十九湾のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。巨艦を彷彿させる岩島が鎮座「見附島」、悲恋伝説が残る地が、今は恋人たちのビーチに「恋路海岸」、半島先端にあるパワースポット「珠洲岬」など情報満載。

珠洲・九十九湾のおすすめのスポット

  • スポット:107 件
  • 記事:8 件

珠洲・九十九湾の新着記事

【能登グルメ】里山里海の豊かな食材に恵まれた四季グルメ!

魚介をはじめ、野菜や米など四季を通じて里山里海の食材に恵まれる能登半島。そんなバラエティに富む食材たちを堪能できる、絶品グルメをご紹介!

石川【奥能登】人気おすすめ観光スポットをチェック!

奥能登のおすすめスポットをご紹介!

【能登】能登のお土産はこれ!スイーツから伝統工芸品まで

食材の宝庫であり、伝統の技も数多く受け継がれている能登。地元の食材を使ったスイーツから伝統工芸品まで、お土産にピッタリな素敵なものがいっぱいです。地元ならではの能登のお土産をゲットしましょう!

石川【能登】必見! おすすめ絶景スポット5選!

日本海に突き出た能登半島は美しい海岸線をもち、大自然のエネルギーを感じる雄大な景色の宝庫。自然のパワーによってつくられた5スポットの季節ごと、時間ごとに刻一刻と変わる美しさは一見の価値あり!

【金沢】海鮮居酒屋!日本海の幸を地酒と共に楽しみたい!

山海の幸から郷土料理、地酒まで、あれこれ楽しめてリーズナブルとくれば、もう行くしかない!金沢の夜を彩る地物の魅力を知り尽くした、満席続きの海鮮居酒屋をご紹介。

【能登】話題のスポット&魅力がいっぱい!

どこまでも続く海岸線に囲まれた能登エリアには、そのロケーションや歴史を満喫できるスポットがいっぱいで楽しみ方いろいろ!
もっと見る

1~20 件を表示 / 全 107 件

珠洲・九十九湾の魅力・見どころ

日の出と日の入りを見られる灯台と絶景が続く海岸線

海岸線が美しい能登半島先端のエリア。最先端にある「禄剛埼灯台」では、日の出と日の入りを同じ場所で見ることができる。九十九湾はリアス式の入り組んだ海岸線が美しく、近くには温泉施設を併設する歴史体験公園「真脇遺跡公園」がある。多くのカップルが訪れる恋路海岸のシンボル・見附島は別名「軍艦島」。そのシルエットが軍艦にそっくりであることから名づけられた。宇出津は毎年7月に開催される「宇出津のあばれ祭」で有名。キリコと呼ばれる巨大な灯籠が町内を練り歩く。

珠洲・九十九湾のおすすめスポット

見附島

巨艦を彷彿させる岩島が鎮座

見付海岸の目の前にそびえる奇岩の島。軍艦のような勇壮な姿から「軍艦島」の別名もある。弘法大師が能登を訪れた際、最初に目に付いたことが名の由来。

見附島
見附島

見附島

住所
石川県珠洲市宝立町鵜飼
交通
JR金沢駅から北陸鉄道珠洲特急線バスで2時間40分、珠洲鵜飼下車、徒歩15分
料金
情報なし

恋路海岸

悲恋伝説が残る地が、今は恋人たちのビーチに

鍋乃と助三郎の悲恋物語が残されているロマンチックな恋路海岸。二人をしのぶブロンズ像と観音堂が建ち、カップルで幸せの鐘を鳴らすと恋が成就すると言われ、注目を集めている。

恋路海岸
恋路海岸

恋路海岸

住所
石川県鳳珠郡能登町恋路
交通
のと鉄道七尾線穴水駅から北鉄奥能登バス宇出津駅前行きで1時間、終点で北鉄奥能登バス珠洲方面行きに乗り換えて40分、恋路浜下車すぐ
料金
情報なし

珠洲岬

半島先端にあるパワースポット

古くから良好な漁場で、良い気が集うといわれてきた珠洲岬は日本三大聖域のひとつとされる。岬を一望する展望台は崖から9.5mも突き出していて、空から見下ろしている気分。

珠洲岬

住所
石川県珠洲市三崎町寺家10-11
交通
のと鉄道七尾線穴水駅から北陸鉄道珠洲特急線バスで1時間15分、終点下車、北鉄奥能登バス木の浦行きに乗り換えて25分、葭ヶ浦下車、徒歩15分
料金
空中展望台=500円/青の洞窟=1200円/共通チケット=1500円/

しお・CAFE

潮風のそよぐお洒落カフェ

珠洲の「揚げ浜塩」をはじめ、能登牛、能登産のフルーツや野菜など地元の特産を使ったフードメニューやドリンクが充実。海を見渡す店内からの眺めも抜群で、2階にはショップを併設。

しお・CAFE
しお・CAFE

しお・CAFE

住所
石川県珠洲市片岩町ノ部12
交通
能越自動車道のと里山空港ICから国道249号を禄剛崎方面へ車で40km
料金
しおサイダーパンケーキ(ブルーベリー・能登大納言・抹茶ほか)=1100円~/プレミアムビーフシチュー(能登牛)=2860円/しおサイダーカクテル(里山・里海・夕陽・波の花)=495円/

禄剛埼灯台

最果ての先を照らす白亜の灯台

海から昇る朝日と沈む夕日、その両方を眺めることのできる能登半島の最奥。そこに明治16(1883)年に建てられた白亜の灯台が、今も現役で海の安全を守っている。

禄剛埼灯台
禄剛埼灯台

禄剛埼灯台

住所
石川県珠洲市狼煙町イ-51
交通
JR金沢駅から北陸鉄道バス珠洲特急線で2時間56分、すずなり館前で北陸鉄道バス道木ノ浦線に乗り換えて50分、狼煙下車、徒歩10分
料金
情報なし

ゴジラ岩

日本海にゴジラ出現

赤神海岸にある高さ4mの岩で、その名の通りゴジラが火を噴いて歩いているように見える。案内板も設置されている。

ゴジラ岩
ゴジラ岩

ゴジラ岩

住所
石川県珠洲市馬緤町
交通
JR金沢駅から北陸鉄道特急バス珠洲鉢ヶ崎行きで2時間31分、昭和橋下車、タクシーで20分
料金
情報なし

マルガージェラート 能登本店

地元食材をジェラートに

奥能登牧場産の搾りたての新鮮ミルクを使ったジェラートは、コクがあって後味さっぱり。フレッシュミルクや抹茶、珠洲の天然塩など、各種フレーバーがそろう。チーズは海洋深層水仕込み。

マルガージェラート 能登本店

マルガージェラート 能登本店

住所
石川県鳳珠郡能登町瑞穂163-1
交通
のと鉄道七尾線穴水駅から北鉄奥能登バス珠洲方面行きで45分、能登瑞穂下車、徒歩3分
料金
ジェラートシングル=310円/ジェラートダブル=430円/チーズモッツァレラ=640円(100g)/ゴーダ=850円(100g)/ヨーグルト=290円/

道の駅 すず塩田村

日本で唯一の揚げ浜式の塩づくり体験ができる道の駅

日本有数の塩の資料館「揚浜館」では、製塩の歴史などを学ぶことができる。塩づくり体験もあり、親子で楽しめる。展望台からは奇岩並ぶ日本海と夕日が美しい仁江海岸が一望。

道の駅 すず塩田村
道の駅 すず塩田村

道の駅 すず塩田村

住所
石川県珠洲市清水町1-58-1
交通
能越自動車道のと里山空港ICから県道303号・26号・57号・288号・6号、国道249号を珠洲市街方面へ車で約39km
料金
資料館入館料=大人100円、小人50円/

九十九湾

美しきリアス式海岸

複雑に入り組んだ海岸線がおよそ13kmにわたって続き、内浦随一の景観。磯の生物が見られる磯の観察路や、入り江沿いに散策が楽しめる九十九湾探勝歩道が整備されている。

九十九湾
九十九湾

九十九湾

住所
石川県鳳珠郡能登町越坂、市之瀬
交通
のと鉄道七尾線穴水駅から北鉄奥能登バス宇出津駅方面行きで30分、終点で北鉄奥能登バス珠洲方面行きに乗り換えて30分、九十九湾下車すぐ
料金
情報なし

奥のとトロッコ鉄道 のトロ

約300mののどかな旅

恋路駅から宗玄トンネルまでの約300mを自分の足でこいで進む。眼下に広がる恋路海岸の素晴らしい願望を楽しんでほしい。

奥のとトロッコ鉄道 のトロ

住所
石川県鳳珠郡能登町恋路9
交通
のと鉄道七尾線穴水駅から北鉄奥能登バス宇出津駅前行きで1時間、終点下車、北鉄奥能登バス珠洲方面行きに乗り換えて40分、恋路浜下車、徒歩5分
料金
乗車料=500円/

Cafe Cove

海を見渡しながらのんびりできるカフェ

古い海の家をリノベーションしたカフェ。波が穏やかな入り江に面していて、店内からも奥能登ならではの美しい景観を楽しめる。

Cafe Cove
Cafe Cove

Cafe Cove

住所
石川県珠洲市折戸町木の浦ハ-101
交通
能越自動車道のと里山空港ICから県道303・271・1号、一般道を禄剛崎方面へ車で56km
料金
本日のケーキ=440円/ホットコーヒー=550円/ランチ=1100円/

もりもり寿し能登総本店

港から直送する朝獲れ魚介を豪快に

宇出津新港前という立地を生かし、奥能登一円で水揚げされた新鮮な魚介をどこよりも早く提供。三点盛り、五点盛りは、北陸の名物ネタを1種ずついろいろ味わえる名物メニューで、満足度も高い。

もりもり寿し能登総本店
もりもり寿し能登総本店

もりもり寿し能登総本店

住所
石川県鳳珠郡能登町宇出津新港3丁目3
交通
能越自動車道のと里山空港ICから県道303・26・57・275・288号を九十九湾方面へ車で26km
料金
北陸5点盛り=1080円/白子軍艦=508円/日本海三点盛り=648円/白海老唐揚=410円/

道の駅 狼煙

能登半島の最先端に位置、パノラマが圧巻の展望台が人気

雄大な日本海と佐渡から立山連峰まで180度見渡せる展望台が魅力。大浜大豆と珠洲天然にがりを使用した豆腐が味わえるほか、豆腐やきなこ作りも体験できる(要予約)。

道の駅 狼煙
道の駅 狼煙

道の駅 狼煙

住所
石川県珠洲市狼煙町テ部1-1
交通
能越自動車道のと里山空港ICから県道303号・26号・57号、珠洲道路、国道249号、県道12号・287号・28号を禄剛崎方面へ車で約54km
料金
入館料=無料/

二三味珈琲cafe

豊かな香りと深いコクの自家焙煎

倉庫を改装した店内は、明るく開放的。ぬくもり感のあるインテリアが心地好い。1杯ずつドリップしたコーヒーと手作りケーキは絶品。コーヒー豆の店頭販売もしている。

二三味珈琲cafe

二三味珈琲cafe

住所
石川県珠洲市飯田町7-30-1
交通
のと鉄道七尾線穴水駅から北陸鉄道珠洲特急線バスで1時間、すずなり下車、徒歩7分
料金
コーヒー各種=500円/日替わりケーキ=380円~/コーヒー豆(200g)=1080円~/

宗玄酒造

能登杜氏発祥の蔵として、限りなく水・原材料にこだわる

能登杜氏発祥の蔵とも言われる「宗玄酒造」。明和5(1768)年の創業から、長い歴史の中で、最高の技術と知識、職人の魂を育んできた。能登宗玄流の銘酒を堪能したい。

宗玄酒造
宗玄酒造

宗玄酒造

住所
石川県珠洲市宝立町宗玄24-22
交通
のと里山空港からタクシーで40分
料金
大吟醸=6480円(720ml)/純米大吟醸玄心=2700円(720ml)/純米酒=1566円(720ml)/隧道蔵のトロ上撰=1260円(720ml)/ (送料別)

レストラン浜中

濃厚な甘みを堪能あれ

石川県で香箱ガニと呼ばれるズワイガニのメスを思う存分味わえる能登丼が人気。能登伝統の魚醤いしるを使った鍋など郷土の味も多彩。

レストラン浜中

住所
石川県珠洲市上戸町南方イ21
交通
能越自動車道のと里山空港ICから県道303・26・57号、一般道を珠洲方面へ車で37km
料金
香箱カニ丼(11月上旬~翌2月下旬の期間限定)=1890円/

Heart & Beer 日本海倶楽部

高台のリゾートレストラン

飯田湾を見下ろす高台にあるビール醸造所直営のレストラン。本場チェコのブラウマイスターが手掛ける本格ビールや世界で2番目に大きい鳥・エミューの肉料理など、ここでしか味わえない料理が魅力だ。

Heart & Beer 日本海倶楽部
Heart & Beer 日本海倶楽部

Heart & Beer 日本海倶楽部

住所
石川県鳳珠郡能登町立壁92
交通
のと鉄道七尾線穴水駅から北鉄奥能登バス宇出津駅方面行きで30分、宇出津駅前で北鉄奥能登バス珠洲方面行きに乗り換えて40分、九里川尻下車、徒歩10分
料金
エミューの竜田揚げ=880円/地鶏の丸焼き=1000円(2分の1ピース)/ケバブ(ナン付)=1100円/季節の野菜サラダ=600円/ビール4種=各460円(グラス)/

数馬酒造

奥能登の銘酒「竹葉」の酒蔵

能登産山田錦を使って醸す日本酒「竹葉」や、梅酒、ゆず酒などのリキュールのほか、元々の家業だった醤油も販売している。

数馬酒造

住所
石川県鳳珠郡能登町宇出津ヘ36
交通
能越自動車道のと里山空港ICから県道303・26・57・6・35号を宇出津港方面へ車で28km
料金
NOTO SOAP=1058円/

シュークルグラス

能登産小豆を洋風にアレンジした「能登大納言サンド」

地元素材を使ったケーキや和スイーツを販売。評判の「能登大納言サンド」は米粉を使った抹茶の生地で珠洲産の能登大納言小豆とクリームをサンド。軽い食べ心地の人気商品。

シュークルグラス

シュークルグラス

住所
石川県珠洲市飯田町10-1
交通
のと鉄道七尾線穴水駅から北陸鉄道珠洲特急線バスで1時間、珠洲市役所前下車、徒歩5分
料金
能登大納言サンド(10~翌6月)=170円/

よしが浦温泉 ランプの宿

波打ち際の一軒宿

能登半島の最先端にある宿。岸壁に作られた露天風呂はすぐそばまで波が押し寄せ、絶景そのもの。展望台付きの洞窟風呂も個性的。海辺の風情を堪能できる露天風呂付き客室が評判だ。

よしが浦温泉 ランプの宿
よしが浦温泉 ランプの宿

よしが浦温泉 ランプの宿

住所
石川県珠洲市三崎町10-11
交通
のと鉄道七尾線穴水駅から北陸鉄道珠洲特急線バスで1時間15分、終点下車、北鉄奥能登バス木の浦行きに乗り換えて25分、葭ヶ浦下車、徒歩15分
料金
1泊2食付=19440~59400円/

ジャンルで絞り込む