トップ > 全国 x 自然地形 > 東海・北陸 x 自然地形 > 岐阜・飛騨 x 自然地形 > 飛騨・白川郷 x 自然地形 > 高山 x 自然地形

高山 x 自然地形

高山のおすすめの自然地形スポット

高山のおすすめの自然地形スポットをご紹介します。飛騨大鍾乳洞,宇津江四十八滝,鈴蘭高原など情報満載。

  • スポット:12 件

1~20 件を表示 / 全 12 件

飛騨大鍾乳洞

神秘的な雰囲気に包まれた全長800mの洞窟を探検

観光鍾乳洞の中では日本一高い、標高900mに位置し、洞内には無数の鍾乳石が連なる。世界の美術品や装飾品など約1000点が展示された大橋コレクション館も併設。

飛騨大鍾乳洞
飛騨大鍾乳洞

飛騨大鍾乳洞

住所
岐阜県高山市丹生川町日面1147
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで28分、鍾乳洞口下車、徒歩18分(バス停のインターホンで連絡すると、送迎あり)
料金
大人1100円、小・中学生550円

宇津江四十八滝

大小の滝が連なる景勝地で滝めぐりと森林浴を楽しむ

数々の伝説を秘めた大小さまざまな滝が全長約900mにわたって連なる。初夏には、15万本のクリンソウやササユリが咲く花園やキャンプ場、芝生広場等も備える。近くには天然温泉しぶきの湯がある。

宇津江四十八滝
宇津江四十八滝
宇津江四十八滝
宇津江四十八滝

宇津江四十八滝

住所
岐阜県高山市国府町宇津江
交通
JR高山本線飛騨国府駅からタクシーで25分
料金
清掃協力金=大人(中学生以上)200円、小人(小学生)100円/(団体20名以上は大人100円、小人50円)

鈴蘭高原

岐阜県東部、御岳や乗鞍岳を望む避暑地で、標高1300mの高原

岐阜県東部、御岳や乗鞍岳を望む標高1300mの鈴蘭高原。夏でも26℃を超えない避暑地で自生するスズランの群生地やスズラン畑があることでも知られている。ゴルフ場もある。

鈴蘭高原

住所
岐阜県高山市朝日町西洞
交通
JR高山本線飛騨小坂駅からタクシーで40分

川上岳

杣ヶ池

古くからの伝説が残る池。雨乞いの池としても知られている

白樺に囲まれた、標高1400mの日和田高原に静かにたたずむ杣ヶ池の南北には3000m級の御嶽山と乗鞍岳を望むことができる。

杣ヶ池
杣ヶ池
杣ヶ池
杣ヶ池

杣ヶ池

住所
岐阜県高山市高根町日和田
交通
JR中央本線木曽福島駅からタクシーで50分
料金
情報なし

美女高原

北アルプスの眺望がすばらしく、水芭蕉が咲き、魚釣が楽しめる

緑豊かな高原。美女高原のシンボルでもある美女ヶ池の周辺では、4月中旬から下旬にミズバショウの花が観察できる。釣りやボート、散策スポットとしても人気。

美女高原

住所
岐阜県高山市朝日町見座
交通
JR高山本線久々野駅からタクシーで20分

あじめ峡

宮川に約4kmにわたって続く静かな渓谷

宮川に約4kmにわたって続く静かな渓谷。平成16(2004)年の大雨の影響により形状が変わり、観光客向きではなくなったものの、訪れることは可能。

あじめ峡

あじめ峡

住所
岐阜県高山市国府町村山地区宮川沿い
交通
JR高山本線飛騨国府駅から濃飛バス高山行きで5分、三ツ岩下車すぐ
料金
情報なし

女男滝

子宝、縁結びの二段滝

閑静な谷間に仲良く並ぶこの滝は、上段は女滝、下段は男滝の愛称で呼ばれ、縁結びや子宝の神としても尊崇されている。

女男滝

女男滝

住所
岐阜県高山市久々野町渚1065
交通
JR高山本線渚駅から徒歩20分
料金
情報なし

大倉滝

白龍の異名をとる長滝

川上川の支流にかかる落差約30mの滝で、白龍にたとえられる町内最大の滝。大倉滝まで約1.4kmの遊歩道が整備されており、大小さまざまな岩や小滝が見られる。

大倉滝
大倉滝
大倉滝
大倉滝

大倉滝

住所
岐阜県高山市清見町坂下
交通
JR高山本線高山駅からタクシーで30分
料金
情報なし

位山

神通川水系の最上流、古来より人々の信仰を集めている山

古来より人々の信仰を集めている山で、神通川水系の最上流に位置し、中部日本の分水嶺ともなっている。

位山

住所
岐阜県高山市一之宮町飛騨高地
交通
中部縦貫自動車道高山ICから国道41号を下呂方面へ車で35km
料金
情報なし

安峰山

山頂からの眺望、晩秋の朝霧も魅力の山

飛騨古川の町を一望できる標高1058mの山。古川盆地の朝霧を見るビューポイントとしても知られ、展望デッキがある頂上まで車で登ることができる。

安峰山
安峰山

安峰山

住所
岐阜県飛騨市古川町
交通
東海北陸自動車道飛騨清見ICから県道90号を飛騨古川方面へ車で28km
料金
情報なし

宿儺洞窟

丹生川町に伝わる両面宿儺伝説

飛騨地方に存在したとされる2mの身長に頭の前後に2つの顔をもち手足がそれぞれ4本ある巨人「両面宿儺」(りょうめんすくな)。宿儺が37日間、国家安全と五穀豊穣の御経をとなえた岩窟。宿儺の本拠として有名で、洞窟内の奥ノ院には宿儺の石像が安置されている。

宿儺洞窟

宿儺洞窟

住所
岐阜県高山市丹生川町日面1147
交通
東海北陸自動車道飛騨清見ICから国道158号、県道89号を奥飛騨温泉郷平湯方面へ車で38km
料金
情報なし

条件検索

エリアとジャンルを指定してください