コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【飛騨高山】さんまちで一押しの地酒を探す!

【飛騨高山】さんまちで一押しの地酒を探す!

by fotolia - ©oben901

by mapple

更新日:2018年5月16日

水が清らかで冬の寒さが厳しい高山は古くから酒造りが盛ん。さんまち周辺にも老舗の造り酒屋がズラリと並び、試飲や地酒スイーツ、酒コスメまで楽しみが豊富だ。

これさえ知ればOK!日本酒、基本のキ

どれを選べばいいの?

【基本その1】日本酒の種類は「原料」と「精米歩合」で分けられる

日本酒は米を発酵させて造る。原料に米と米こうじしか使っていない酒を「純米酒」と呼ぶ。また、酒造りでは米の外側を磨いて芯の部分を使う。精米歩合とは米をどのぐらい磨いたかの割合。精米歩合70%なら米の7割を使用し、3割を磨いたという意味で、精米歩合が低いほど雑味が少なく上品な味になる。米を磨く割合(=精米歩合)の違いによって、精米歩合70%以下を「本醸造酒」、精米歩合60%以下を「吟醸酒」、「特別酒」、精米歩合50%以下を「大吟醸酒」と呼ぶ。

【基本その2】日本酒度を「甘口・辛口」の目安に

日本酒度とは日本酒に含まれる糖分量の指標。+-の数値で表され、+が多いほど糖分が少なく、-が多いほど糖分が多い。そのため「日本酒度が高い=辛口」、「日本酒度が低い=甘口」という目安になる。ただ、味はアルコール度数や酸度などにもよるので、あくまでも参考に。

【基本その3】名前で熟成度や製法がわかる

生酒:加熱処理をしていない酒。みずみずしい風味が楽しめる。保存は冷蔵で。
新酒:秋の新米で仕込み、熟成させずに出荷する酒。フレッシュな味わいが特徴。
冷やおろし:新酒を熟成させて翌秋に出荷。新酒と比べ、まろやかな風味。

舩坂酒造店

200年の伝統を守りつつ多方面から日本酒をアピール
創業200年以上の老舗。伝統の技を継承し、昔ながらの酒造りにこだわる一方で、敷地内に飛騨牛料理を中心とした食事処「味の与平」を併設。さらに日本酒コスメも開発するなど、幅広く日本酒の魅力を伝えている。【一部有料】

酒蔵を改装した“蔵BAR”。購入した升酒を、荒塩をつまみにして飲むことができる

代表銘酒は…大吟醸 四ツ星

華やかな香りで、上品な米の甘みが残る。ワイングラスで飲みたくなる日本酒。720㎖ 5400円
甘・・・・・★・・・辛、冷や・常温

日本酒ビギナーには…ゆず兵衛

岐阜県産の高品質ゆずを定番酒「甚五郎」にたっぷりミックス。さわやかな酸味が好評。冬はホットも◎。 500㎖ 1400円

ノンアルコール派には…造り酒屋の甘糀ドリンク

砂糖や添加物等は一切使わない自然な甘みが特徴。冬はホット、夏はアイスで。500g 780円
※テイクアウトドリンクとしても販売あり。300円

深山菊配合日本酒コスメ

自慢の酒「深山菊」を使ったオリジナル商品が充実

おとなの女性の日本酒マスク 540円

エッセンスジェル 2900円

にごり酒の湯(入浴剤)220円

原田酒造場

寒造りの製法を受け継ぎ日本酒の可能性をさらに開拓
1855(安政2)年からさんまちで酒造りを開始。冬期仕込みにこだわり、代表銘柄「山車」は8年連続でモンドセレクション金賞を受賞するなど、品質の高さに定評がある。天然の花から採った「花酵母」による酒造りにも意欲的だ。【試飲無料(2杯目以降 200円)】

飛騨のお酒ってなぜ有名なの?
飛騨山脈の伏流水と良質の米を使い、厳寒の中で仕込んだ高山の酒は、きめ細かくきりっとした味わいが特徴。古くから「淡にして烈」と評される名酒が多いのです。

蔵元イチ押しは…純米吟醸 花酵母造

ややトロピカルで、白ワインにも似たさわやかな飲み口。焼き鳥によく合う。720㎖ 1730円
甘・★・・・・・・・辛、冷や

日本酒ビギナーには…和リキュール

「山車 辛くち」をベースに、南高梅や飛騨りんご、完熟桃の果汁を使用。
あらごし林檎、にごり梅1420円、白桃の露1630円(各500㎖)

おみやげは…きき酒のみくらべセット

山車5種類を1合(180㎖)ずつセットにした人気商品。 2450円

よくばり+α

日本酒の芳醇さを生かしたお持ち帰りスイーツがズラリ!

地酒チーズケーキバー
濃厚なチーズと日本酒の風味がベストマッチ! 5個入り 830円

地酒ぷりん
アルコール度数やや高め。大人志向のプリン。1個 360円

地酒ゼリー
ふわりと漂う香りを楽しんで。飲めない人にもおすすめ。3個入り 1030円

二木酒造

旬の味を大切にする老舗
1695(元禄8)年の創業、吟醸造り一本で伝統の味を引き継ぐ。春から夏の生酒、秋から冬の冷やおろしと、旬に合わせた四珠の味シリーズも好評。【試飲有料(100~200円)】

代表銘酒は…大吟醸 生酒 氷室

冬仕込みの生酒。フレッシュでさわやかな口当たり。720㎖ 1960円
甘・・・・・・・★・辛、冷や

おみやげは…純米大吟醸と大吟醸の飲み比べセット

純米大吟醸2本、大吟醸2本180㎖×4本 2138円

平瀬酒造店

15代にわたり酒造りに専心
創業390余年の歴史を誇る。純米酒と吟醸酒、本醸造酒しか造らない本物志向の姿勢を貫き、定番酒「久寿玉」は地元で長く親しまれている。

代表銘酒は…久寿玉 大吟醸

山田錦を35%まで削った大吟醸は上品でフルーティー。720㎖ 3186円
甘・・★・・・・・・辛、冷や

おみやげは…久寿玉のうめ酒

日本酒のうま味と梅の酸味が調和する。さっぱりした味わい。180㎖ 432円

川尻酒造場

地元以外では買えない古酒
1839(天保10)年創業。昔ながらの手造り製法で熟成された古酒を製造。個人経営のため、商品は高山市の酒店と直送のみで販売している。【試飲有料(3種セット500円)】

蔵元イチ押しは…本醸造 熟成古酒 天恩

コクがありながら飲みやすく、熟成酒初心者にも最適。料理を選ばず、飲み方も幅広い。720㎖ 1730円
甘・・・・・・★・・辛、冷や・常温・熱燗

平田酒造場

手造りにこだわり「酒を育てる」
1895(明治28)年創業。地下水で仕込み、長期熟成された手造りの古酒「酔翁」は酒コンテストで何度も金賞を受賞。国内外から高く評価されている。【試飲有料(100~600円)】

蔵元イチ押しは…長期熟成古酒 飛騨の華 酔翁

20年間熟成された芳醇さは常温でゆっくり味わうのがおすすめ。720㎖ 7000円
甘・★・・・・・・・辛、常温

老田酒造店

全国に名の知れた辛口酒「鬼ころし」の元祖
1720年代に創業。辛口の日本酒の代名詞ともされる「鬼ころし」が代表銘柄。現在、酒蔵は高山市清見に移転したが、さんまちには町家を改装した直営店があり、カフェや雑貨店も併設する。【試飲無料】

蔵元イチ押しは…純米大吟醸 原酒 鬼ころし

2013、2014年連続でモンドセレクション金賞を受賞。原酒ならではの濃厚さとフルーティーな吟醸香にファンも多い逸品。720㎖ 3780円
甘・・・・・・★・・辛、冷や・常温

【期間限定イベントも要CHECK!】酒蔵めぐり

冬だけの「酒蔵一般公開」
毎年、1月中旬から3月上旬にかけて、さんまちの造り酒屋が週替わりで酒蔵を公開。酒造りの様子を見学できたり、造りたての新酒を味わえたりする。蔵ごとに実施期間や内容が異なるので、詳細はホームページなどで確認を。

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる飛騨高山 白川郷・下呂温泉'19」です。掲載した内容は、2017年10月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×