トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 鹿児島・宮崎 > 屋久・奄美 > 与論島

与論島

与論島のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した与論島のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。有村酒造,与論島一帯のハイビスカス,アイギ浜など情報満載。

  • スポット:18 件
  • 記事:1 件

11~20 件を表示 / 全 18 件

有村酒造

島を代表する奄美黒糖焼酎

与論島で唯一の奄美黒糖焼酎の蔵元。サトウキビからつくる黒糖を原料に、製造のほとんどを手作業で行っている。ここで醸造される「島有泉」はキレがあり、あっさりとした味わいだ。

有村酒造

有村酒造

住所
鹿児島県大島郡与論町茶花226-1
交通
役場前バス停からすぐ
料金
奄美黒糖焼酎「島有泉」(20度)=1080円(900ml)、1534円(1800ml)/奄美黒糖焼酎「島有泉」(25度)=1890円(1800ml)/奄美黒糖焼酎「島有泉」(35度)=1944円(720ml)/

与論島一帯のハイビスカス

トロピカルムードにあふれた与論島を多くのハイビスカスが彩る

奄美群島最南端に位置する与論島は、トロピカルムードにあふれた島。4月上旬から7月下旬にかけて、10種およそ30万本のハイビスカスが、島全体を美しく彩る。

与論島一帯のハイビスカス

与論島一帯のハイビスカス

住所
鹿児島県大島郡与論町与論島一帯
交通
与論空港からすぐ
料金
情報なし

アイギ浜

気ままに遊べる遠浅のビーチ

カヌーやヨットの艇庫と屋内プールが整うB&G海洋センターに面したビーチ。遠浅の海は海底のサンゴが透き通って見えるほど美しい。近くにシャワーとトイレがある。

アイギ浜
アイギ浜

アイギ浜

住所
鹿児島県大島郡与論町茶花
交通
役場前バス停から南陸運バス北回りで6分、品覇入口下車、徒歩20分
料金
無料

蒼い珊瑚礁

蒼い珊瑚礁

住所
鹿児島県大島郡与論町立長637-1

プリシアリゾートヨロン

青い海や満天の星につつまれる休日

ヨロン島の西海岸に位置するマリンリゾート。プライベートビーチを前にコテージやレストランなどの施設がそろう。マリンスポーツ、ゴルフやテニスなどのスポーツが楽しめる。

プリシアリゾートヨロン
プリシアリゾートヨロン

プリシアリゾートヨロン

住所
鹿児島県大島郡与論町立長358-1
交通
与論港からタクシーで6分
料金
1泊2食付=11700円~/1泊朝食付=8700円~/

サザンクロスセンター

島の知恵を集結した資料館

与論を知るならここから。島の歴史や文化、国の重要無形民俗文化財「与論十五夜踊り」などの祭事や神事、奄美群島の漁業や自然も学べる。最上階は360度の展望。南に沖縄が望める。

サザンクロスセンター

サザンクロスセンター

住所
鹿児島県大島郡与論町立長3313
交通
役場前バス停から南陸運バス南回りで14分、石仁前下車、徒歩3分
料金
大人(高校生以上)400円、小・中学生200円(団体20名以上は2割引、「パナウル王国」パスポート1冊につき1名1割引)

ヨロン島ビレッジ

東シナ海を一望できる小高い丘の上に建つ

品覇海岸の近くにあるリゾートホテル&ペンション。モズクを使った海の幸コース、長寿食、鶏飯などの郷土料理が味わえる。周辺は木工や陶芸ができる自然体験村。

ヨロン島ビレッジ
ヨロン島ビレッジ

ヨロン島ビレッジ

住所
鹿児島県大島郡与論町茶花2904-6
交通
役場前バス停から南陸運バス北回りで4分、品覇下車、徒歩8分
料金
1泊朝食付=7000円~、5000円~(ペンション)/

与論民俗村

昔の与論島へタイムスリップ

島の歴史や民俗を伝える施設。与論特有の萱葺き屋根の民家や琉球風の赤瓦屋根の民家を移築し、そこに島民の生活を支えてきた農具や民具を展示。黒糖づくりや草木染などの体験教室も開催している。

与論民俗村
与論民俗村

与論民俗村

住所
鹿児島県大島郡与論町麦屋東区693
交通
役場前バス停から南陸運バス北回りで19分、東区かめや前下車、徒歩15分
料金
大人400円、小人200円

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください