トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 福岡・北九州 > 福岡 > 宗像・津屋崎 > 海の道むなかた館

ウミノミチムナカタカン

海の道むなかた館

宗像の歴史や自然を楽しく学べる

世界文化遺産の「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群を紹介し、宗像の魅力を内外に発信する施設。各種展示のほか、土・日曜、祝日には勾玉作りや火おこし、古銭鋳造、土笛づくりなどの歴史体験学習を行っている。

住所
福岡県宗像市深田588 (大きな地図で場所を見る)
電話
0940-62-2600
交通
JR鹿児島本線東郷駅から西鉄バス宗像大社経由神湊波止場行きまたは光陽台六丁目行きで20分、宗像大社前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(閉館)
休業日
月曜、祝日の場合は翌平日休(12月29~31日休)
料金
入館料=無料/体験学習=100円~/(特別体験学習は別料金)
駐車場
あり | 台数:71台 | 無料
ID
40012231

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

エリア × テーマ

 >  >   >   >   > 
 >  >   > 
 >  >   >   >   > 

同じエリアに関連する記事

【福岡】宗像大社・辺津宮まいり! 世界遺産の古社へ

世界遺産と人気の道の駅に注目が集まる宗像は、2017年に世界遺産に登録された「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群で話題のエリアです。構成資産のひとつである宗像大社は、天照大神と素戔嗚尊(すさのおのみこ...

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください