おでかけ情報満載!「マップル」の観光旅行メディア|マップルトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「マップル」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  【伊賀上野】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【伊賀上野】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【伊賀上野】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

by mapple

更新日:2018年12月30日

まちやガーデン伊賀

町家を改装した新空間で食事と買い物
築100年の町家の中に、イタリア料理店とギャラリーショップが入る複合施設。伊賀上野をもっと魅力と元気のある街にするために、歴史ある町家の良さを見直し、生かすことというまちづくりの実現に向けてつくられた。 伊賀の食文化や、和の文化を伝えるとともに、訪れる人の暮らしにさりげなく彩りを添える空間だ。【遊ぶ】【複合施設】

まちやガーデン伊賀

2階には伊賀焼や手づくりガラス、アクセサリーなどを扱うギャラリーショップが入る。

まちやガーデン伊賀

イタリア料理が味わえるレストラン「チッタ」

史跡旧崇広堂

藩士の子弟が通った学校
10代藩主・藤堂高兌が、津の藩校「有造館」の支校として文政4(1821)年に創建。当初の姿を残す入母屋造りの広々とした講堂が見どころ。【見る】【歴史的建造物】

史跡旧崇広堂

国の史跡に指定されている

芭蕉翁生家

「俳聖」の生活に思いを馳せる
芭蕉が29歳まで過ごしたという家を公開。通りに面した格子構えの古い町家で、俳句の世界を感じてみては。【見る】【歴史的建造物】

芭蕉翁生家

裏庭には初めての句集『貝おほひ』を執筆した青年時代の書斎「釣月軒」が建つ

旧小田小学校本館

現存する三重最古の小学校舎
村の人々が資金を出し合って建てた明治14(1881)年築の洋風木造建築。寄棟造りの2階建てで、細部のデザインまで趣向が凝らされている。館内には昔の教科書や賞状、学習用具などを展示。【見る】【歴史的建造物】

旧小田小学校本館

玄関の円柱や2階バルコニーなど見どころ満載

割烹 たつた

趣のある建物に充実した料理
野の花や絵画、伊賀焼などの陶器が飾られた雰囲気のなかで食事が楽しめる。昼はミニ懐石、夜は懐石料理、また昼夜共通で「うな重」がいただける。【食べる】【割烹】

予算:昼4000円〜、夜6000円〜

割烹 たつた

季節感あふれる料理

Cafe Wakaya

アンティークな快適空間でひと休み
大正築の国指定登録有形文化財の建物を改築した、落ち着きのあるたたずまい。豆腐を使ったヘルシーなスイーツや、ボリューム満点の週替わりランチがおすすめ。【カフェ】

予算:昼300円〜

Cafe Wakaya

しっとり食感のおからスコーン(480円)

Cafe Wakaya

豆乳 300円(デザートとセットで50円引き)

Cafe Wakaya

アンティークの家具が配されたシックな店内

むらい萬香園

スイーツが人気の老舗茶屋
伊賀で107年続くお茶屋。どこかレトロな雰囲気の店内で、抹茶たっぷりの濃厚ソフトクリームを使った「忍者パフェ」などのスイーツが楽しめる。【カフェ】【甘味】

予算:昼300円〜

むらい萬香園

忍者パフェ(780円)

むらい萬香園

独特の存在感が漂う江戸時代後期の建物

伊賀菓庵山本

日本一硬い煎餅として有名
嘉永5(1852)年創業の元祖かたやきの店。滋養があって日持ちしてかさばらない、かつての忍者の携行食とされたかたやきを創業当時の製法を守り、手焼きで焼いている。【買う】【和菓子】

伊賀菓庵山本

手裏剣かたやき(ごま12枚入り、648円)

伊賀菓庵山本

「日本一硬い」かたやきをいただこう

湖月堂

舌ざわりのよい「丁稚ようかん」
吉野葛をふんだんに使い、ツルリとしたのどごしに仕上げた「丁稚ようかん」が人気。季節の果物のジュレが入った「季節の雫」もある。クール便での発送も承っている。【買う】【和菓子】

湖月堂

丁稚ようかん(1箱800円)。「ミニでっち」(450円)もあり

湖月堂

明治から続く老舗

藤岡組紐店

伝統手法から生まれるかわいい和装小物
昭和初期の創業以来、高台を使い手組みで着物の帯締めを作っている伊賀くみひもの店。締め心地とファッション性を兼ね備えた帯締め「モケモケ」が年齢を問わず人気がある。【買う】【組紐】

藤岡組紐店

伝統的な技法でひとつひとつ手作りしているオリジナルの「モケモケストラップ」(2700円から)

【旅のPICKUP】幻のご当地牛 伊賀の伊賀牛

伊賀忍者が食したのが元祖。美しい水と自然で育てられた肉質は豊潤な味わいで、他地域にほとんど出回らない。

元祖すき焼金谷

文人墨客も愛した伝統の「寿き焼」
伊賀牛の名を世に広めた創業100年以上の老舗で、看板料理は割り下を使わず砂糖と醤油のみで炊く「寿き焼」。霜降りの肉はやわらかく、うまみがある。

元祖すき焼金谷

寿き焼(1人前7722円)

ステーキハウス Grazie

伊賀黒毛和牛の魅力をステーキで堪能
自家牧場で育てた伊賀黒毛和牛を直売する肉店が営むステーキハウス。サーロインは口に入れた瞬間溶けながらも、伊賀牛ならではの食感とコクがある。

ステーキハウス Grazie

伊賀牛サーロインステーキ(単品、200g7490円)

【CLOSE UP】自然美を感じる素朴な焼物伊賀焼の里を訪ねる

緑に囲まれたのどかな山里・伊賀市丸柱地区には伊賀焼の窯元が集まる。美しい緑色のビードロ釉がかけられた、赤褐色の土肌が魅力な焼物だ。

伊賀焼伝統産業会館

伊賀焼の振興と後継者の育成を目的とした施設。1階に各窯元の作品を展示・販売する展示室と陶芸教室が開かれる体験室、2階には資料を展示・解説している。

伊賀焼伝統産業会館

伊賀焼の歴史や製造工程などを紹介している

長谷園

江戸後期の天保3(1832)年に築窯した歴史ある窯元。昭和40年代まで使われていた「旧登り窯」と「大正館」「当主屋敷」などの園内の建物は国の登録有形文化財だ。

長谷園

iボトルフィット白水(左)、玄水(右) 各3780円

長谷園

かまどさん(3合炊き10800円)

長谷園

「大正館」は喫茶コーナーとなっている

焼〆苔肌 忠央窯

天保年間に開窯、現当主で5代目となる窯元。苔むした庭石のように見える、「焼〆苔肌」と呼ぶ土味が個性的。青みを合わせた斬新な作品もある。

焼〆苔肌 忠央窯

伊賀の焼締で仕上げた藍青(8500円)

焼〆苔肌 忠央窯

美しい藍青色に仕上がった独自の藍青色(5500円)

焼〆苔肌 忠央窯

伊賀伝統のビードロ(6000円)

焼〆苔肌 忠央窯

畳の和室でゆっくり鑑賞できる展示室

筆者:mapple

まっぷる三重 伊勢志摩・熊野・ナガシマリゾート

発売日:2017年09月14日

Amazonで購入する
この記事の出典元は「まっぷる三重 伊勢志摩・熊野・ナガシマリゾート」です。掲載した内容は、2017年6月~8月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×