コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  鹿児島【霧島神宮】天祖降臨神話を語り継ぐパワースポット

鹿児島【霧島神宮】天祖降臨神話を語り継ぐパワースポット

by mapple

更新日:2018年2月15日

天孫降臨神話に登場する神々を祀る霧島神宮は、千数百年の歴史をもつ、南九州随一のパワースポット。そこで、見物すべきポイントはもちろん、古くからの言い伝えやご利益など不思議なパワーをもつ霧島神宮の“スゴイ”に迫る。

聖なる地の“五つのスゴイ”

【その壱】国づくりの神、瓊瓊杵尊が降り立った地

霧島神宮は、天照大御神から国つくりの命を受けた瓊瓊杵尊を祀る由緒ある古社。かつては、瓊瓊杵尊が天上界の高天原から降り立った「天孫降臨」の地とされる高千穂峰と御鉢(噴火口)の間に鎮座していたが、霧島山の噴火による焼失と再建を繰り返したすえ、文明16(1484)年に現在地に移った。

境内の一角に建つ、徳富蘇峰による「神聖降臨之詩碑」

【その弐】七柱を祀る強力パワースポット

御祭神は瓊瓊杵尊を主祭神に、お后木花開耶姫尊、御子神彦火火出見尊、そのお后豊玉姫尊、御孫神鸕鷀草葺不合尊、そのお后玉依姫尊、御曾孫神神倭磐余彦尊の七柱。通常は一柱、二柱の神様を祀っていることが多いことから、より強力なスピリチュアルパワーが期待できそう。

【その参】「西の日光」の名をもつ華麗な社殿

桁行5間、梁間4間、入母屋造に銅板葺きの本殿は、国内有数の規模。内部は非公開ながら、漆塗りに極彩色の浮彫を施した装飾、壁画などぜいを凝らした造りで、「西の日光」の異名をもつ。建造物のほどんどは重要文化財。

【その四】開運、活力アップ、縁結びetc.多方面にご利益あり

ご利益は、国つくりの神である瓊瓊杵尊にあやかり「道開き」、夫婦神、その御子神を祀っていることから「縁結び」「恋愛成就」「家内安全」を祈願する参拝者が多い。ほか、商売繁盛、交通安全、心願成就など、七柱の神様を祀っているだけにご利益も多彩。

【その五】九面を全部そろえて、満願成就!!

霧島神宮の宝物である九つの面にちなみ、この地域では古くから九面信仰が継承されてきた。「九面」が「工面」に通じ、縁起のよい「工面がいい」を連想することから、商売繁盛の祈願に訪れる人が多い。この九面をお守りにした「九面守」は一個800円。

・青の面は心身健全・学業成就
・緑の面は病気平癒・家内安全・芸術優秀
・赤い面は道開き・旅行安全
・白い面は厄よけ・開運・出世
・阿吽一対(口の開いた面と閉じた面)は良縁・円満・和合

参拝にでかけましょう

大鳥居

西日本一ビッグな高さ22.4m
霧島神宮の一の鳥居は、高さ22.4m、柱間16mの西日本一の大きさを誇る「大鳥居」。ここから霧島神宮の神域となる。神様の通り道である中央(正中)を避けて、身なりを整えて通ること。

【大人の身長と比べると…】脱帽、一礼して鳥居をくぐろう

展望所

晴天の日は桜島と錦江湾を望む
霧島山の山並みを望める展望スペースがあり、双眼鏡を設置している。晴天時は桜島、錦江湾、鹿児島市街を遠望することができる。

坂本龍馬のハネムーンの地
霧島神宮は坂本龍馬のハネムーンの地でもあることから、境内には龍馬夫婦のパネルが立つ

天候がよいと肉眼でも桜島がうっすらと見える

オガタマの木

神霊を招くといわれる
展望所のすぐ近くにあるオガタマの木は、巫女がもつ神楽鈴の原型になったといわれる木。古くから神霊を招く木とされ、一部のスピリチュアリストは、強烈なパワースポットと公言している。

駐車場からすぐのところに立つ

さざれ石

君が代の歌詞にある
日本の国家『君が代』で歌われるさざれ石。長い年月をかけて小石が一つの大きな岩の塊に変化したもので、神霊が宿るといわれる。

昭和62(1987)年に岐阜県揖斐川町から寄贈、奉納されたもの

ご神木

社殿より長い歴史をもつ
社殿のすぐそばに立つ杉のご神木は、この地に霧島神宮が移ってくるよりはるか昔の800年ほど前から立つ老杉。高さ38m、幹まわり7.3mで、南九州の杉の祖先といわれる。8mほどの高さの枝に、自然が造りだした、手を合わせた小さな神様を見ることができる。

なんと、ご長寿800歳!枝の上の小さな神様を探してみよう

亀石

境内裏手の旧参道で亀石を発見
境内の裏手は、旧参道の亀石坂。木々に囲まれた急な下り坂で、途中に霧島七不思議の一つに数えられるカメにそっくりな「亀石」がある。神との約束を破ったカメが石にされたとのいい伝え。

亀石坂のちょうど中間地点にある

木漏れ日が差し込んできて森林浴も楽しめる

勅使殿

いよいよ参拝、勅使殿へ
参拝は、拝殿の手前の勅使殿にて。霧島山の中腹の傾斜地を生かし、高千穂峰山頂に向かって手前から、勅使殿、登廊下、拝殿、幣殿、本殿と配され、社殿から少し離れて眺めると背景の山並みと調和して壮麗で、格調高い。

南九州独自の様式とされる勅使殿をはじめ、現在の社殿は、正徳5(1715)年に島津吉貴公の寄贈により建造された

お参りのあとは運試し
女の子と男の子の紙人形が付いた恋みくじ

立ち寄り処

霧島市観光案内所

足湯、和服体験、レンタサイクルあり
霧島神宮の大鳥居のすぐ横にある霧島市観光案内所。ここでは、観光案内以外にさまざまなサービスを受け付けているうえ、無料の足湯もある。近くを通ったら、ぜひ立ち寄ってみて。

無料で足休め、あし湯“霧島”
駐車場の中にある足湯は、無料で誰もが利用できる。タオルが必要な場合は1枚150円で販売

名物ソフトクリームは8種
名物のソフトクリームは260円。バニラのほか、抹茶、チョコ、ブルーベリーなど全8種

レンタル和服で参拝
レンタル和服で霧島神宮を参拝することができる。女性は足袋持参で3000円、男性は着物、帯、ぞうりなど一式を持参のうえ、女性同伴の場合のみ着付けだけを受け付ける。詳細は公式サイトを参照。いずれも予約が必要。

「和服で参拝、ぶらり霧島神宮。」
http://burarikirishima.com/

観光音声ガイドシステム「きりしま聴き旅」
観光スポットに近づくと、自動的に音声ガイドをしてくれる端末を貸し出し。コースは、霧島神宮コースと霧島神水峡コースの2パターン。利用料は1000円(返却時に保証金の500円が戻ってくる)

クロスバイクは4時間1000円
クロスバイクのレンタルは、台数が限られているため事前予約がおすすめ。手続きの際、身分証明書が必要で、4時間1000円。緑豊かな霧島神宮周辺を、さっそうと風を切って走りたい

「自転車天国霧島」
http://kirishimakankou.com/rinrin/

薩摩蒸氣屋霧島民芸村店

焼きたてが美味「霧島焼どうなつ」
霧島神宮に向かう途中、霧島民芸村の入り口にある和菓子屋。おすすめは「霧島焼どうなつ」。オーソドックスな揚げドーナツにはない独自の食感が楽しめる。イートインOK。

焼きたての霧島焼どうなつは1個76円
焼きたてはサクっとしっとり、もっちり、油で揚げないドーナツ

筆者:mapple

まっぷる鹿児島 指宿・霧島’18

発売日:2017年12月20日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる鹿児島 指宿・霧島’18」です。掲載した内容は、2017年9月〜11月の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×