コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  北海道おみやげ【豚肉】知って美味しい豆知識!

北海道おみやげ【豚肉】知って美味しい豆知識!

by mapple

更新日:2018年4月21日

開拓の時代から豚肉を食べる文化がある北海道で肉といえば豚肉。身近な食材として愛されている。

豚丼

北海道ならではの食べかた!
豚肉を甘辛いタレにからめてご飯の上にのせた帯広名物。

おいしいレシピ♪

材料 (2人分)
豚ロース肉 生姜焼き用 200g 玉ねぎ80g A( しょうゆ大さじ1と1/3 砂糖小さじ2  酒、みりん各大さじ1) サラダ油小さじ1 ご飯、白ごま、紅生姜、小ねぎ適宜

作り方
1 豚肉は半分に切り、筋切りして、玉ねぎはくし切りにする。
2 フライパンにサラダ油を熱し玉ねぎを入れ、ほぐれたら豚肉を加え、両面にさっと焼き色をつけて取り出す。
3 同じフライパンに調味料Aを入れて中火で煮詰めて焦がし、水大さじ3を加えさらに煮詰めてとろみがついてきたら2を戻し入れてからめる。
4 器にご飯を盛り3をのせて、お好みで紅生姜や小ねぎをあしらい白ごまをふる。

知って楽しい豚肉のおはなし

北海道の豚肉料理はおいしいものぞろい!

豚肉を使ったご当地グルメが豊富な北海道。鰻丼をヒントに考案された帯広の「豚丼」をはじめ、「室蘭やきとり」などがその代表格。家庭でも一般的に牛肉や鶏肉などを使う料理にも豚肉を使うことが多い。

 

豚肉料理

エスカロップ
ご飯の上に豚カツをのせてデミグラスソースをかけた根室名物。

室蘭やきとり
やきとりといっても使うのは豚肉。洋ガラシをつけて食べる。

塩ホルモン
塩ホルモンは旭川発祥といわれている。炭火焼きが特においしい!

いろいろある!北海道のブランド豚

自然のなかで放し飼いにした「放牧豚」や安全に育てられた「SPF豚」など種類豊富でうまみも強い。ソーセージなどの加工品としても使われるのでおみやげにおすすめ。

おもなブランド豚

十勝 十勝黒豚
十勝 どろぶた
斜里 サチク赤豚
当別 浅野農場SPF豚
森 ひこま豚

十勝の広大な大地で育つ「どろぶた」

北海道で「サガリ」といえば豚肉!

焼肉の「サガリ」といえば牛肉が一般的だが、上富良野町では「サガリ」といえば豚肉。「豚サガリ」の名前で浸透し、「まるます」では町特産の「かみふらのポーク」で味わうことができる。

「豚さがり」(550円)をはじめ、「ふらの牛」なども味わえる

豚肉おみやげ

加工品を買うならコレ!

骨付ソーセージ
直下式炭火製法で燻煙・乾燥。焼くと骨からうまみが出てジューシー。5本入り1080円(販売場所:新千歳空港)

ピルカフランク
浅野農場のSPF豚を使ったギョウジャニンニク入りのフランクフルト。890円。(販売場所:浅野農場スマイルポーク)

スモーク生ベーコン
道産の新鮮な豚肉を使い、香り高い桜のチップでスモーク。1個1300~1600円前後(販売場所:新千歳空港)

どろぶた 白サラミ
十勝のエルパソ豚牧場で飼育する「どろぶた」を使ったサラミ。独特のうまみがクセになる。酒のおつまみにもおすすめ。648円(販売場所:新千歳空港)

筆者:mapple

まっぷる北海道’19

発売日:2018年02月05日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる北海道'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×