>  >  >  >  >  > 

【北海道】感動の絶景スポットに会いに行く!

まっぷるマガジン

更新日:2018年7月31日

この記事をシェアしよう!

【北海道】感動の絶景スポットに会いに行く!

カラフルな花々や神秘的な水景色、季節限定の風景…。スケールの大きさが魅力の北海道の絶景に会いに行こう。

富良野のラベンダー畑

【ベストシーズン】 7月中旬
可憐な紫色と爽やかな香りのラベンダーは富良野のシンボル的存在。「ファーム富田」をはじめ、美瑛~富良野間の「花人街道237」の観光花畑で見ることができる。

富良野のラベンダー畑

初夏の北海道を代表する花風景

トマムの雲海テラス

【ベストシーズン】 5月中旬~10月中旬
トマム山では春~秋の間およそ40%の確率で雲海が発生する。標高1088mのゴンドラ山頂駅舎に併設されたテラスからこの雲海の眺めを堪能できる。

トマムの雲海テラス

雲が山々を覆うように広がる

星野リゾート トマム 雲海テラス

住所
北海道占冠村中トマム
交通
JR石勝線トマム駅から無料シャトルバスで5分

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

タウシュベツ川橋梁

【ベストシーズン】 年により異なる
かつて旧国鉄士幌線で使われたコンクリート造りのアーチ橋。なかでもタウシュベツ川橋梁は湖の水位によって見え隠れする幻の橋。近年陥落が進み、完全な姿が見られるのもあとわずかかもしれない。

タウシュベツ川橋梁

糠平湖の水位によって見え隠れする幻の橋

能取湖のサンゴ草

【ベストシーズン】 9月中旬~下旬
サンゴ草は北海道のオホーツク沿岸から道東沿岸に生息する珍しい塩生植物。能取湖畔の群生地は3か所ある。規模が大きく、遊歩道が整備された卯原内地区の見学がおすすめ。

能取湖のサンゴ草

湖岸に広がる深紅のカーペット

名寄のヒマワリ畑

【ベストシーズン】 8月上旬~中旬
名寄市一帯に咲くヒマワリ畑。明るい黄色のヒマワリが日の出方向を向いて咲く光景は圧巻のひとことだ。道立サンピラーパークと名寄市智恵文の2つの地区で見ることができる。

名寄のヒマワリ畑

一面に黄色いじゅうたんが広がる!

美瑛白金 青い池

【ベストシーズン】 6月~11月上旬
「ビエイブルー」とも呼ばれ親しまれる池はここ数年で世界にまで知られる名所になった。川の水が流れ込んでたまっているので、雨が続くと色は変わる。

美瑛白金 青い池

角度によって緑色や水色に見えるパワースポット

トラピスト修道院の並木道

【ベストシーズン】 通年
道南・北斗市にある日本で最初に造られた男子修道院。修道院への道はスギの並木道になっており、どこか牧歌的な風景を思わせる。春のヤエザクラの時季も美しい。

トラピスト修道院の並木道

両脇のスギの木の緑とレンガの建物が印象的

1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

この記事の出典元は「まっぷる北海道'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください