>  >  >  >  >  > 

【稚内】人気おすすめスポット!見る、食べる、泊まる!

まっぷるマガジン

更新日:2018年7月31日

この記事をシェアしよう!

【稚内】人気おすすめスポット!見る、食べる、泊まる!

+αの楽しみ方
・稚内の歴史に触れる建築物や公園を散策しよう
・日本海の新鮮な海の幸を堪能
・「キタカラ」でおみやげ探し!

ノシャップ岬

礼文島、利尻島、サハリンを一望
東に宗谷岬、西に礼文島、南西に利尻島、はるか北にはサハリンを見晴らせる岬。また、夕日の美しい景勝地としても知られる。日没時刻をチェックして訪れたい。【ノシャップ】

【所要:20分】

ノシャップ岬

宗谷岬より緯度で5分低い場所にある

稚内公園

海抜240mから360度の大パノラマ
シンボルは、北端の高台に建っている「氷雪の門」。2.4mほどの女人像が立ち、その肩越しに樺太を望む。開基百年記念塔から見下ろす360度の大パノラマも圧巻。【稚内中心部】

【所要:30分】

稚内公園

高さ8mの氷雪の門

稚内港北防波堤ドーム

世界でも珍しい半アーチ型防波堤
総延長427mの防波堤は、稚内ならではの強風、高波による被害を少なくするために造られた。古代ローマ建築を思わせる重厚な美しいデザインで、街を守る。【稚内駅周辺】

【所要:15分】

稚内港北防波堤ドーム

2001年に北海道遺産に指定された

車屋・源氏

超薄切りのタコをしゃぶしゃぶで
地元の新鮮な魚介を扱う郷土料理店。自慢は、たこしゃぶ。薄切りした生ダコの足をさっと湯がいて、特製のタレをつけて味わう。【稚内駅周辺】

【予算:昼1500円〜、夜3000円〜】

車屋・源氏

たこしゃぶ(1人前)は2041円

車屋・源氏

店内はカジュアルな雰囲気

海鮮炉端うろこ亭

海を眺めながら宗谷の旬の魚介を
創業60年以上の海産物加工会社が営む食事処。地元で水揚げされる魚介を丼や炉端焼きで味わえる。売店でオリジナル加工品を販売。【稚内駅周辺】

【予算:昼2000円〜、夜4500円〜】

海鮮炉端うろこ亭

「うろこ市丼」(1980円)

海鮮炉端うろこ亭

大きな窓から海を一望できる

あきかわ屋

ノシャップ岬のおみやげスポット
水産加工会社・秋川水産の直売店。高品質の明太子や、地元産の魚介を使うかまぼこが評判だ。朝揚がった魚が格安で並ぶこともある。【ノシャップ】

あきかわ屋

「辛子明太子上切(450g)」(2160円)

あきかわ屋

「帆立の揚げかまぼこ」(150円)

キタカラ

施設が豊富な稚内の玄関口
JR稚内駅、「道の駅 わっかない」、セレクトショップなどが一体となった複合ビル。ほかにも映画館やバスターミナルまでそろい、見る・食べる・遊ぶ・買うが1か所ですべて楽しめる。観光案内所もあるので、稚内エリアの観光拠点としても便利。【稚内駅周辺】

キタカラ

カニチャーハンが名物のお食事処やカフェもある

人気BEST3

人気BEST3

流氷まんじゅう 5個入り756円
ホワイトチョコでコーティングしたしっとりとした蒸しケーキ

人気BEST3

稚内牛乳 160円
ノンホモ低温殺菌で処理され、牛乳本来の味が楽しめると評判

宗谷岬牧場のハンバーグ 4枚入り1188円
海が見える牧場で飼育された上質の牛肉ハンバーグ。冷凍商品

1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出典元は「まっぷる北海道'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください