おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  【稚内】人気おすすめスポット!見る、食べる、泊まる!

【稚内】人気おすすめスポット!見る、食べる、泊まる!

あきかわ屋

ノシャップ岬のおみやげスポット
水産加工会社・秋川水産の直売店。高品質の明太子や、地元産の魚介を使うかまぼこが評判だ。朝揚がった魚が格安で並ぶこともある。【ノシャップ】

あきかわ屋

「辛子明太子上切(450g)」(2160円)

あきかわ屋

「帆立の揚げかまぼこ」(150円)

あきかわ屋の詳細情報


住所
北海道稚内市ノシャップ2丁目4-25
交通
JR宗谷本線稚内駅から宗谷バス坂の下方面行きで10分、ノシャップ下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
8:00~17:00
休業日
無休1月1~3日休

キタカラ

施設が豊富な稚内の玄関口
JR稚内駅、「道の駅 わっかない」、セレクトショップなどが一体となった複合ビル。ほかにも映画館やバスターミナルまでそろい、見る・食べる・遊ぶ・買うが1か所ですべて楽しめる。観光案内所もあるので、稚内エリアの観光拠点としても便利。【稚内駅周辺】

キタカラ

カニチャーハンが名物のお食事処やカフェもある

人気BEST3

人気BEST3

流氷まんじゅう 5個入り756円
ホワイトチョコでコーティングしたしっとりとした蒸しケーキ

人気BEST3

稚内牛乳 160円
ノンホモ低温殺菌で処理され、牛乳本来の味が楽しめると評判

宗谷岬牧場のハンバーグ 4枚入り1188円
海が見える牧場で飼育された上質の牛肉ハンバーグ。冷凍商品

キタカラの詳細情報


住所
北海道稚内市中央3丁目6-1
交通
JR宗谷本線稚内駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
施設により異なる(ビル入り口は5:00~24:00)
休業日
施設により異なる

稚内市内には映画『北の桜守』のロケ地が各所に!

北海道を舞台にした映画『北の零年』、『北のカナリアたち』に続く、「北の三部作」の最終章である映画『北の桜守』。戦後、樺太を引き揚げ、極寒の北海道で懸命に生きた親子の物語だ。稚内でもロケが行なわれ、北防波堤ドームや稚内中央商店街などが使われた。女優・吉永小百合さんの120本目の出演作としても注目される。映画は2018年3月10日公開。

エリアの人気宿

稚内駅周辺の宿は離島のオンシーズンになると満室に。早めに予約をしよう。

ANAクラウンプラザホテル稚内

ビュッフェでは焼きたてパンが楽しめる。宗谷岬、利尻・礼文島への観光の拠点として便利。海側客室からはサハリンの島影も眺望できる。

ANAクラウンプラザホテル稚内

サフィールホテル稚内の詳細情報


住所
北海道稚内市開運1丁目2-2
交通
JR宗谷本線稚内駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
イン13:00、アウト11:00
休業日
要問合せ

天然温泉天北の湯 ドーミーイン稚内

シックなカラーで統一された客室と、日本最北端の景色が望める天然温泉大浴場が人気のホテル。1階レストランでの「夜鳴きそば」サービスも好評。

天然温泉天北の湯 ドーミーイン稚内

ドーミーイン稚内の詳細情報


住所
北海道稚内市中央2丁目7-13
交通
JR宗谷本線稚内駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
イン15:00、アウト11:00
休業日
無休

ホテルめぐま

かつての鰊番屋の風情をコンセプトにしたホテル。ホタテの貝殻を利用した道内でも珍しいかまくら風露天風呂が名物。ロビーからの眺めも抜群。

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる北海道'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×