>  >  >  >  >  > 

大阪のパワースポット!旅先でもパワー充電!

まっぷるマガジン

更新日:2018年7月14日

この記事をシェアしよう!

大阪のパワースポット!旅先でもパワー充電!

恋愛成就も商売繁盛もお任せあれ! 「えべっさん」や「すみよっさん」など、地元で親しまれている神社やお寺をご紹介。ご利益のあるというかわいいお守りも忘れずに。

住吉大社

国宝の本殿が並ぶ初詣で定番の“すみよっさん”
全国2300社余りの住吉神社の総本社。住吉造の本殿は、神社建築最古の様式。境内には、旅の安全、芸事、縁結びなど多彩な御利益を持つ摂社や末社が多い。

住吉大社

4棟からなる住吉造の本殿は文化7(1810)年の建造

住吉大社

美しい朱色の反橋は太鼓橋とも呼ばれ、神社のシンボルにもなっている

住吉大社

絵馬にはさまざまな願いが託されている。図柄も多彩に用意されている

住吉大社

常勝守 800円
勝負運アップのユニークなお守り。つねに身につければ人生の勝負事で効果を発揮!?

お初天神(露天神社)

縁結びの神社で恋愛成就の願い事
元禄16(1703)年初演の曽根崎心中の舞台で、その主人公の名前から「お初天神」として親しまれている。縁結びのパワースポットとして有名。

お初天神(露天神社)

街なかにある癒しスポットでもあり、地元の人も多く訪れる

お初天神(露天神社)

大勢の有志者による寄付金で立てられたお初と徳兵衛のブロンズ像

お初天神(露天神社)

えんむすび御守 600円
「曽根崎心中」にちなんだお守り

お初天神(露天神社)

ハート形絵馬 700円
10種類以上の絵馬の中でも一番人気

難波八阪神社

邪気を飲み勝運を招くといわれる迫力満点の獅子殿
創建年代は明らかではないが、11世紀の後三条天皇の頃には知られていたという、難波一帯の産土神。毎年7月13・14日の夏祭りでは、道頓堀川での船渡御も行なわれる。

難波八阪神社

舞台では、神楽や獅子舞などが奉納される。目はライト、鼻はスピーカーの役割を果たす

今宮戎神社

大阪の商人に愛され親しまれてきた古社
商業の神様として庶民の信仰を集めている。有名なのは毎年1月に行なわれる「十日戎」で、3日間通して約100万人の参詣者でにぎわう。

今宮戎神社

推古天皇期の創建と伝わる神社

今宮戎神社

えびす守 500円
“えべっさん”をデフォルメ。鞄や財布につけるのもあり

今宮戎神社

御守 各1000円
ステキな縁を運ぶ小さなお守り。青とピンクの2色がそろう

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出展元は「まっぷる大阪’18」です。掲載している内容は、2017年2月~4月の取材・調査によるものです。取材・調査後に、飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください