コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【佐渡】こんなトコ!旅のエリア&基本情報をチェック!

【佐渡】こんなトコ!旅のエリア&基本情報をチェック!

by mapple

更新日:2018年9月16日

江戸時代には金山の島として栄えた佐渡。能や鬼太鼓、佐渡おけさなどの伝統芸能をはじめ、独自の文化が今も息づいている。新鮮な魚介など食材の宝庫でもあり、グルメも楽しみ。

佐渡ってどんな島?

島全体が佐渡市で、2つの山脈が並行して走る。佐渡沖を暖流の対馬海流が流れているため、冬は新潟市より暖かい。京からの流刑者や北前船などにより、貴族や町人の文化ももたらされた。

DATA
面積 854.84㎢
最高標高 1172m(金北山)
人口 5万5095人(2017年12月1日)

新潟港からジェットフォイルで1時間5分

たらい舟

トキの森公園

二ツ亀

史跡佐渡金山

尖閣湾揚島遊園

両津

港町としてにぎわう佐渡観光の玄関口
新潟港とフェリーで結ばれた佐渡の玄関口。海と加茂湖に挟まれ市街地には、海産物のみやげ物店や食事処などが数多く集まる。

周囲約17㎞、面積4.9㎢の加茂湖は、新潟県で最大

外海府

巨岩や断崖が連なる起伏に富んだ海岸線
弾崎から尖閣湾まで、ダイナミックな景勝地が続く。大野亀や二ツ亀など、自然がつくり出した荒々しい岩礁群は、圧巻の見ごたえ。

島の北端にある大野亀は海に突き出た巨大な一枚岩

相川

佐渡金山とともに発展してきたエリア
江戸時代、佐渡金山の隆盛とともに栄えた鉱山都市で、奉行所もおかれた。現在も趣あふれる古い街並みが残り、歴史や文化を感じられる。

七浦海岸はサンセットスポットとしても人気

宿根木・小木

昔ながらの船大工や船主の家が続く
かつて北前船産業で繁栄した集落で、舟形の民家など、貴重な建物が並ぶ。国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定されている。

石畳の路地に古い民家が並ぶ宿根木は散策も楽しい

真野・佐和田

寿司やフレンチなど佐渡グルメが集まる
両津と並ぶ佐渡の中心エリア。かつて佐渡の国府がおかれた真野には史跡も多い。話題のレストランやカフェなど、人気店も集まる。

真野湾を望むロケーション抜群なカフェも多い

プランニングQ&A

Q.何日必要?

佐渡は東京23区の1.5倍ほどの広さ。車でまわっても意外と移動に時間がかかる。島の魅力を満喫するなら、2〜3泊はしたいところ。

Q.ベストシーズンはいつ?

春〜秋がおすすめ。4月下旬に山開きがあり、花が咲き始める。夏はイベントも多く、アウトドアレジャーも盛ん。秋の紅葉も美しい。

Q.予算はどれくらい?

新潟港からジェットフォイルで往復し、島でレンタカーを借りるなら、1泊2日で4万円程度。マイカーでカーフェリー利用でも自動車航送運賃が必要なので同程度の金額になる。

Q.どんな宿があるの?

大型の温泉旅館からアットホームな民宿まで100軒以上そろい、両津港や相川地区に多く集まる。素泊まりやシングルOKの宿も多い。

佐渡への行き方info

新潟港からジェットフォイルで両津港へ向かうのが一般的
佐渡への玄関口は3つ。新潟港、寺泊港、直江津港の3か所から、それぞれ両津港、赤泊港、小木港へアクセスすることができる。通年運行で便数が多く、便利なのが新潟港〜両津港。

チケットの購入方法
各ターミナルで当日購入できるほか、インターネットや電話で予約も可能。インターネット予約でカード決済なら割引もあってお得。
<問い合わせ先> 佐渡汽船 0570-200310

JR新潟駅
⬇ 佐渡汽船行きバスで15分
新潟港両津港
・ジェットフォイルで1時間5分、片道6390円・往復1万1560円(1日5〜9便)
・カーフェリーで2時間30分、片道2380円〜(1日5〜7便)

JR上越妙高駅
⬇ 直江津港線バスで32分
直江津港小木港
・高速カーフェリーで1時間40分、片道3780円〜・往復6870円〜(1日1〜3便、期間により運休あり)

JR寺泊駅
⬇ タクシーで15分
寺泊港赤泊港
・高速船で1時間5分、片道2830円・往復5150円(1日1〜2便、冬季運休)

島内のまわり方

佐渡島内をまわるには、さまざまな交通手段があるが、効率的なのはマイカー、レンタカーか定期観光バス。旅のスタイルに合わせて選ぼう。

【佐渡汽船の乗車券付のお得なパックも!】
●マイカー航送プラン
こがねコース1万2800円(1名)+新潟発着航送料1万9800円/マイカー航送利用券と宿泊券がセットに。佐渡ではフリープラン。
●レンタカープラン
こがねコース1万2800円(1名)+島内レンタカー1万6000円〜3万7200円/往復の乗船料と宿泊代、レンタカーがセットに。佐渡ではフリープラン。
<問い合わせ先> 佐渡汽船 0570-200310

レンタカー、マイカーでまわる

カーフェリーは車の航送料(新潟〜両津片道1万40円〜)がかかるため、レンタカーのほうがコスパが良い場合も。出港する港にマイカーを預け、佐渡でレンタカーを借りる人も多い。

【レンタカー問い合わせ先】
佐渡汽船観光 0259-27-5195
渡辺産商 0259-27-5705
ニッポンレンタカー 0259-23-4020
タイムズカーレンタル 0259-24-7211
佐渡レンタカー 0259-86-3010
佐渡レンタカー 0259-87-3101

定期観光バスでまわる

両津港、小木港から佐渡汽船の発着に合わせて運行。観光地を効率的にまわれるうえ、施設入場料も含まれている。事前の予約を忘れずに。

【コース例】
●おけさA 4800円
午後半日コース。大佐渡スカイラインと金山、尖閣湾を訪ねるコース。
●おけさB 3300円
午前半日コース。トキの森公園や佐渡博物館など、歴史と文化に触れる。
<問い合わせ先>新潟交通佐渡定期観光バス予約センター 0259-52-3200

路線バスでまわる

フリーパス(1day1500円、2day2500円、3day 3000円)を利用すれば安く移動できる。便数が少なく、乗り換えもあるので、事前確認を。
<問い合わせ先> 新潟交通佐渡 0259-57-2121

観光タクシーでまわる

道に迷う心配もなく、自由にコースが組み立てられるうえにドライバーが観光地の説明をしてくれる。グループでの利用におすすめ。

カレンダー

佐渡金山桜並木ライトアップ

2018年4月13〜27日
江戸〜明治期の建造物を背景に、桜がライトアップされる様子は幻想的。佐渡ならではの感動。

天領佐渡両津薪能

5〜10月(8月を除く月1回)
佐渡は30以上もの舞台が残る能の島。両津の椎崎諏訪神社では春〜秋、薪能を定期上演する。

佐渡國鬼太鼓どっとこむ

5月第4日曜
佐渡島内各地の鬼太鼓をはじめ、伝統芸能が一堂に会する。特産品の販売なども行なわれる。

鉱山祭

2018年7月21・22日
佐渡金山の繁栄と安泰を祈願する祭りとして始まった。おけさ流しや花火大会なども。

アース・セレブレーション

2018年8月17〜19日
島の自然を舞台に、太鼓芸能集団「鼓童」のパフォーマンスや佐渡の文化・芸能を堪能。

筆者:mapple

まっぷる新潟 佐渡’19

発売日:2018年04月09日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる新潟’19」です。掲載した内容は、2018年1月~3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×