コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【佐渡】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

【佐渡】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

by mapple

更新日:2018年9月17日

ACCESS

【船】
新潟港
⇩ 佐渡汽船(ジェットフォイル) 所要時間/1時間5分
両津港

【車】
新潟港
⇩ 佐渡汽船(カーフェリー) 所要時間/2時間30分
両津港

問い合わせ
0259-27-5000(佐渡観光協会)

佐渡歴史伝説館

800年前の佐渡にタイムスリップ
佐渡の歴史を音と光で体感できる。実物大のセットで等身大のハイテクロボットがリアルに演じる様子は必見だ。2階では、語り部の老夫婦が佐渡の伝説をユーモラスに紹介。食事処も好評。

世阿弥の世界をロボットが再現

第一景から第十二景まで展開する

四季折々に移ろう日本庭園も美しい

史跡 佐渡奉行所跡

天領佐渡を管理した中心地
佐渡金銀山を管理するために慶長8(1603)年に建てられた奉行所を復元、公開。佐渡島全島を統括する行政・司法の場である御役所や白洲などのほか、金と銀を精製する工場も復元。

2000年に佐渡奉行所(御役所部分)を復元・公開

[CLOSE UP]佐渡民謡講習会

伝統舞踊「佐渡おけさ」を踊ってみよう!
佐渡の伝統舞踊である佐渡おけさは、九州地方のハイヤ節が日本海を北上して伝えられたことから始まったとされる。優雅な踊りをマスターして帰ろう。

もともとは小木の芸妓が座敷で踊っていたという佐渡おけさ

小木ダイビングセンター

海からの景観はダイナミック
シーカヤックで佐渡版「青の洞窟」を見に行くツアーが人気。溶岩でできた砂利の上で溶岩浴も楽しめる。シーカヤックでしか行くことのできない場所で、感動の景色を味わおう。

初心者でも簡単に挑戦できるので安心

鮨長三郎

旬のネタを堪能できる人気店
地元でも評判の名店。佐渡沖で獲れた鮮度抜群の海の幸を使ったにぎりがいただける。時季によっては貴重なネタを押し寿司などで提供する。ラーメンや定食、丼ものも人気。

上生すし2100円、支那そば650円

佐渡の伝統文化に触れる

本間家能舞台

佐渡能楽の大家の能舞台
明治18(1885)年に建てられ、舞台の床下には音響用の甕が埋められている。佐渡宝生流の家元で、佐渡能の中心的存在。7月最終日曜には定例能を上演。

県の文化財だが個人所有の能舞台

金井能楽堂

佐渡に残る能楽と芸能を伝える
能楽の祖・世阿弥の配所として知られる金井地区に建つ、総檜造りの能舞台が常設された能楽堂。能や文弥人形などの公演も行なわれる。

国の重要無形民俗文化財に指定されている文弥人形

春駒&のろま人形上演会

伝統的な人形芝居のイベント
説経人形の幕間狂言として始まったのろま人形と、木製の馬にまたがって踊る春駒。古くから庶民の娯楽だった伝統的な人形芝居を鑑賞できる。

0259-27-5000(佐渡観光協会)
2018年7月14日〜8月12日の土・日曜、8月14日、13:15〜
佐渡市新穂瓜生屋492(佐渡市新穂歴史民俗資料館) 
料金 500円
両津港から車で15分 
P100台

のろま人形では古い人形が使われる

[CLOSE UP]味彩

すべて佐渡産にこだわる佐渡天然ブリカツ丼
佐渡産の天然ブリを地場産の米粉を使った衣で揚げ、特製あごだし醤油だれにくぐらせて、佐渡産のご飯の上にのせた佐渡天然ブリカツ丼。「味彩」など島内の4店舗で提供する。

大漁旗が付いた佐渡天然ブリカツ丼1296円

deVinco へんじんもっこ

サラミ専門店の味をイタリアンで
サラミの名店「へんじんもっこ」直営のカジュアルなイタリア料理店。工場で製造したウインナーやベーコンを使ったメニューが堪能できる。その他の食材も佐渡産にこだわる。

自家製生ハムと佐渡産いちのピザ1500円

長浜荘魚道場

生けすの魚をその場でさばく
海に面した眺めのいい寿司民宿「長浜荘」の1階には、大きな生けすのある活魚料理処「魚道場」がある。鯛、ヒラメ、アワビ、岩ガキなど、佐渡ならではの魚介を楽しみたい。

その日によってネタが変わる海鮮丼1900円

プトー・アンディカティール

佐渡の食材を使った料理とケーキ
羽茂の一里塚脇にあるあたたかい雰囲気の農家カフェ。店名はフランス語で一里塚の意味。佐渡牛など地元食材にこだわったオーナー手作りの料理やケーキはどれも評判だ。

地元産の食材を使用し、こだわりが光る

廻転寿司 弁慶

新鮮な佐渡産のネタにツウも脱帽
佐渡産コシヒカリをシャリに、毎朝、佐渡の港に水揚げされるネタを中心に職人が握る寿司が評判。感動の味がリーズナブルな価格で楽しめる。昼食どきには地元の人でいっぱいに。

脂がのった身の厚いアジ140円

上品な味わいのマダイ280円

甘みが凝縮した南蛮エビ421円

えんや Mycafe

真野湾を見ながらのんびり
真野湾に面した木造倉庫群の一角にあるカフェ。カウンター席からは海が眺められる。2階にはヨガ教室やマッサージサロンがあり、食・癒し・集いがテーマとなっている。

米粉のクレープとヘルシードリンク

レトロな木造の建物が印象的

佐渡の美しい自然風景

尖閣湾

岩礁が黄色で埋め尽くされる
美しい海を背景に、佐渡屈指の景勝地で一面に咲くヒマワリは圧巻。遊覧船で海から眺めることもできる。

ヒマワリが開花するシーズンは混雑する

小川のひまわり畑

海岸線沿いにヒマワリ畑が広がる
青い海をバックにしたヒマワリ畑は、佐渡ならではの光景だ。遠くに姫津大橋と尖閣湾が見え、絶好の憩いのスポット。海風を肌で感じる時間が楽しめる。

青い海と空とのコントラストが美しい

小倉の千枚田

江戸時代から続く日本の原風景が広がる
小倉の通称「大ひらき」にある。傾斜地にある、雨水など天水だけに依存している水田で、約13坪の小さな田が128枚も続く。開墾は寛文年間から行なわれた。

収穫前のみならず、四季折々に美しい表情を見せる

フルーツカフェさいとう

旬の果物を使った贅沢なスイーツ
収穫したての果物をふんだんに使った生搾りジュースやスイーツメニューが人気。季節ごとにメニューが替わり、どれも果物のおいしさが口いっぱいに広がる。果物の直売もある。

凍らせた越後姫を削った、越後姫けずり500円

アットホームな小さな店構え

かっさい

海の幸いっぱいの刺身定食を
地元で愛されている家族経営の大衆割烹店。1階にカウンター席と座敷、2階に団体席があり、ツアー客も訪れる。海鮮丼や刺身定食以外に、冬は鍋物も人気だ。

種類もボリュームも満点な刺身定食1620円

金福

地元で人気の飲み処
開店と同時に地元ファンがつめかける飲み処。ネタが大きい砂肝、ハツ、レバーなどの焼き鳥、キノコや野菜を豚肉で巻いた巻物を肴に、佐渡の地酒「北雪」や「金鶴」を堪能できる。

佐渡の地酒とともに味わいたい焼き鳥

佐渡汽船商事 待合室売店

売店奥にあるそばの名店
カーフェリーやジェットフォイルの待合室横にある売店。その奥には、知る人ぞ知るそばの名店がある。人気は、ナガモ、メカブなどの海藻類を使った「ながもそば」だ。

ネバネバとろとろのながもそば600円

魚晴

旬の魚が比較的安く楽しめる
階下では鮮魚店も経営する、座敷のある落ち着いた雰囲気の魚介料理店。刺身盛り合わせ、和風あわびステーキがおすすめ。鮮魚店だけあり旬の魚も比較的安く食べることができる。

あわびが贅沢にのったあわび旨煮丼2400円

手打そば 徳平

名産地直伝の香り豊かなそば
相川で一番おいしいと評判のそば店。つゆの加減がそば粉を引き立て、素朴で香り高い味わい。季節によって山菜天ざるやサヨリの天盛りなども楽しめる。

カツオが効いた上品な出汁がおいしいかけそば500円

北雪酒造

米、水、風土にこだわった酒造り
佐渡産の豊かな素材を使った商品を製造する。日本酒、焼酎のほかにも梅酒などのリキュールや酒類関連商品を販売。「北雪大吟醸YK35」は繊細な味、軽い後口が人気の一品。

日本海を目の前に建つ堂々とした造りが目をひく

佐渡の味いちば

佐渡ならではのおみやげが手に入る
島随一の規模を誇る海鮮市場。年間を通して旬のおいしい魚介や個性的なみやげが手に入るほか、海の幸を生かした食事が味わえる。イカ姿焼きなどの実演コーナーもある。

加茂湖で養殖されたカキを燻製したスモークオイスター800円〜

佐渡産の魚介類の燻製550円〜

へんじんもっこ 大野工場

高いクオリティの絶品サラミ
本場ドイツの品評会で国際参加者部門優勝経験をもつ、サラミの製造販売店。店内には人気のソーセージやベーコン、生サラミのほか、おみやげにぴったりなギフトセットもある。

新潟県産つなんポークを使ったたまとろサラミ1296円

細挽き肉にトマトがちりばめられているトマトリヨナー720円

筆者:mapple

まっぷる新潟 佐渡’19

発売日:2018年04月09日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる新潟’19」です。掲載した内容は、2018年1月~3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×