>  >  >  >  > 

【佐渡】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

まっぷるマガジン

更新日:2018年9月17日

この記事をシェアしよう!

【佐渡】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

ACCESS

【船】
新潟港
⇩ 佐渡汽船(ジェットフォイル) 所要時間/1時間5分
両津港

【車】
新潟港
⇩ 佐渡汽船(カーフェリー) 所要時間/2時間30分
両津港

問い合わせ
0259-27-5000(佐渡観光協会)

佐渡歴史伝説館

800年前の佐渡にタイムスリップ
佐渡の歴史を音と光で体感できる。実物大のセットで等身大のハイテクロボットがリアルに演じる様子は必見だ。2階では、語り部の老夫婦が佐渡の伝説をユーモラスに紹介。食事処も好評。

佐渡歴史伝説館

世阿弥の世界をロボットが再現

佐渡歴史伝説館

第一景から第十二景まで展開する

佐渡歴史伝説館

四季折々に移ろう日本庭園も美しい

史跡 佐渡奉行所跡

天領佐渡を管理した中心地
佐渡金銀山を管理するために慶長8(1603)年に建てられた奉行所を復元、公開。佐渡島全島を統括する行政・司法の場である御役所や白洲などのほか、金と銀を精製する工場も復元。

史跡 佐渡奉行所跡

2000年に佐渡奉行所(御役所部分)を復元・公開

[CLOSE UP]佐渡民謡講習会

伝統舞踊「佐渡おけさ」を踊ってみよう!
佐渡の伝統舞踊である佐渡おけさは、九州地方のハイヤ節が日本海を北上して伝えられたことから始まったとされる。優雅な踊りをマスターして帰ろう。

[CLOSE UP]佐渡民謡講習会

もともとは小木の芸妓が座敷で踊っていたという佐渡おけさ

小木ダイビングセンター

海からの景観はダイナミック
シーカヤックで佐渡版「青の洞窟」を見に行くツアーが人気。溶岩でできた砂利の上で溶岩浴も楽しめる。シーカヤックでしか行くことのできない場所で、感動の景色を味わおう。

小木ダイビングセンター

初心者でも簡単に挑戦できるので安心

鮨長三郎

旬のネタを堪能できる人気店
地元でも評判の名店。佐渡沖で獲れた鮮度抜群の海の幸を使ったにぎりがいただける。時季によっては貴重なネタを押し寿司などで提供する。ラーメンや定食、丼ものも人気。

鮨長三郎

上生すし2100円、支那そば650円

佐渡の伝統文化に触れる

本間家能舞台

佐渡能楽の大家の能舞台
明治18(1885)年に建てられ、舞台の床下には音響用の甕が埋められている。佐渡宝生流の家元で、佐渡能の中心的存在。7月最終日曜には定例能を上演。

本間家能舞台

県の文化財だが個人所有の能舞台

金井能楽堂

佐渡に残る能楽と芸能を伝える
能楽の祖・世阿弥の配所として知られる金井地区に建つ、総檜造りの能舞台が常設された能楽堂。能や文弥人形などの公演も行なわれる。

金井能楽堂

国の重要無形民俗文化財に指定されている文弥人形

春駒&のろま人形上演会

伝統的な人形芝居のイベント
説経人形の幕間狂言として始まったのろま人形と、木製の馬にまたがって踊る春駒。古くから庶民の娯楽だった伝統的な人形芝居を鑑賞できる。

0259-27-5000(佐渡観光協会)
2018年7月14日〜8月12日の土・日曜、8月14日、13:15〜
佐渡市新穂瓜生屋492(佐渡市新穂歴史民俗資料館) 
料金 500円
両津港から車で15分 
P100台

春駒&のろま人形上演会

のろま人形では古い人形が使われる

1 2 3 4

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出典元は「まっぷる新潟’19」です。掲載した内容は、2018年1月~3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください