>  >  >  >  >  > 

長崎【雲仙】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

まっぷるマガジン

更新日:2018年7月18日

この記事をシェアしよう!

長崎【雲仙】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

仁田峠

ロープウエーに乗って美景と平成新山を見に行く
世界ジオパークに認定されている島原半島にそびえる雲仙岳は、普賢岳など8つの山の総称。春のミヤマキリシマ、夏の深緑、秋の紅葉、冬の霧氷と四季折々の景色が美しい。この景色と平成2年の普賢岳の火山活動でできた平成新山を眺められるのが、仁田峠。展望台からはもちろん、ロープウエーで妙見岳まで上ると雲仙温泉街も見下ろせる。

仁田峠

野岳から妙見岳、平成新山を望む

仁田峠

住所
長崎県雲仙市小浜町雲仙551
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙行きで1時間20分、雲仙下車、島鉄バス雲仙営業所で乗り合いタクシーに乗り換えて20分、仁田峠下車すぐ(雲仙ロープウェイ仁田峠駅)
料金
ロープウェイ=大人1290円(往復)、大人650円(片道)/

雲仙お山の情報館

雲仙の情報が満載
雲仙の自然や歴史、火山と温泉の関係について展示パネルや映像で紹介。周辺の散策に便利なパンフレットや登山マップなどを配布している。

雲仙お山の情報館

雲仙の歴史を写真パネルで紹介している

雲仙お山の情報館

住所
長崎県雲仙市小浜町雲仙320
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙方面行きで1時間20分、雲仙お山の情報館前下車すぐ
料金
無料

お山のカフェレストラン グリーンテラス雲仙

雲仙でランチ&ティータイム
地元の産物を使った洋食メニューやスイーツが味わえる。おすすめは、外国人避暑客でにぎわった当時の味を復刻した雲仙ハヤシライス(1230円)。天気のいい日はテラス席での食事ができる。

お山のカフェレストラン グリーンテラス雲仙

住所
長崎県雲仙市小浜町雲仙320
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙方面行きで1時間20分、雲仙お山の情報館前下車すぐ
料金
雲仙ハヤシライス=1230円/お山のビーフシチュー(パンまたはライス付)=1580円/湯せんぺいアイスサンド=500円/

漁師亭 鶴丸

有明海の海の幸を堪能する
有明海の魚介を使った海鮮料理やちゃんこ鍋が人気の店。ちゃんこなべは一人前1200円、ブリカマ焼きは700円、刺身の盛り合わせは1200円から。

漁師亭 鶴丸

タイラガネの姿煮は要確認

予算夜3000円

漁師亭 鶴丸

住所
長崎県雲仙市国見町土黒甲422-2
交通
島原鉄道多比良駅から徒歩5分
料金
ガネちゃんこコース(1人前)=4500円(冬は時価)/タイラガネの姿煮(3日前までに要予約)=1500~2000円/ちゃんこ鍋=1000円~/生ビール=500円(中)/

雲仙小地獄温泉館

濁り湯とひなびた風情が旅情を誘う
雲仙随一の湯量を誇る小地獄温泉の源泉が楽しめる共同浴場。天然木の浴室は、天井の高い八角のドーム形。まろやかなミルク色をした湯に温泉情緒が漂う。

雲仙小地獄温泉館

「国民宿舎 青雲荘」のすぐ近くにある

雲仙小地獄温泉館

住所
長崎県雲仙市小浜町雲仙500-1
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙行きで1時間20分、西入口下車、徒歩10分
料金
入浴料=大人460円、小人(4歳~小学生)230円/

おしどりの池

雲仙温泉街のメインストリートのはずれにある周囲2.7kmの湖。初夏には1万本のアジサイが彩りを添え、10月ころには渡り鳥を見ることができる。

おしどりの池

おしどりの池

住所
長崎県雲仙市小浜町雲仙
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙方面行きで1時間20分、雲仙下車、徒歩10分
料金
情報なし

駄菓子屋さん博物館

駄菓子屋グッズ専門の博物館。アイドルのめんこ、セルロイド製の面など5000点ほどのグッズを展示。

駄菓子屋さん博物館

駄菓子屋さん博物館

住所
長崎県雲仙市小浜町雲仙310
交通
JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙方面行きで1時間20分、雲仙下車すぐ
料金
中学生以上200円、小学生以下無料(小学生以下は中学生以上と要同伴)
1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください