エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 > 東海・北陸 > 名古屋・愛知 > 名古屋・瀬戸・犬山 > 瀬戸

瀬戸焼

「せともの」を買うなら、本場の瀬戸で

「せともの」として有名な瀬戸焼だが、いくつかの種類に分かれている。瀬戸市の赤津地区で古くから発展し続けた赤津焼や、純白の陶器に描かれた繊細な絵柄が特徴の瀬戸染付焼が有名。

瀬戸焼

ギャラリー太陽(ギャラリータイヨウ)

若手作家の個性とセレクトセンスがキラリ

「瀬戸の陶磁器産業をもっと元気に」という思いから平成9年に開業。新進作家が作品を発表できる場の先駆けとして、独自のセンスが光る十人十色の器が並ぶ。

ギャラリー太陽

ギャラリー太陽

住所
愛知県瀬戸市栄町1
交通
名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅から徒歩8分
料金
鮮やかなグリーンの皿=1296円・1944円/染付変わり家紋図豆皿=2700円/トルコボトル=6480円/

瀬戸蔵 セラミックプラザ(セトグラセラミックプラザ)

窯元価格で器をゲット

瀬戸を代表する陶芸家の作品や赤津焼・瀬戸染付焼といった瀬戸の伝統工芸品、普段使いの器から本格的な茶道具まで、豊富な品揃えで、さまざまな瀬戸焼が一堂にそろっている。

瀬戸蔵 セラミックプラザ

瀬戸蔵 セラミックプラザ

住所
愛知県瀬戸市蔵所町1-1瀬戸蔵 1階
交通
名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅から徒歩5分
料金
枝フクロウのトックリ=1404円/枝フクロウのぐい呑み=540円/フクロウ楊枝入れ=518円/五寸角皿=3240円/アベック猫・茶=1543円/馬の目皿(10号)=7020円/六兵衛窯の織部7.5寸皿=3693円/

エリア