トップ > 全国 > 東北 > 北東北 > 平泉・一関 > 一関・厳美渓・猊鼻渓 > 一関市街

一関市街

一関市街のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した一関市街のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。天然記念物指定の名勝・厳美渓を望む「厳美渓温泉」、露天風呂付きの離れもある「山桜 桃の湯」、松尾芭蕉の句碑があるパーキングエリア「中尊寺パーキングエリア(上り)」など情報満載。

一関市街のおすすめのスポット

  • スポット:25 件
  • 記事:4 件

一関市街の新着記事

21~40 件を表示 / 全 25 件

一関市街の魅力・見どころ

城下町一関にある武家屋敷と酒蔵

一関藩の城下町として栄えた一関。市内には江戸時代の武家屋敷や蔵が残り、往時を偲ぶことができる。江戸時代から続く酒蔵『世嬉の一酒造』には大正期建築の仕込み蔵を活用した「酒の民俗文化博物館」や「いちのせき文学の蔵」があり、一関の文化を知ることができる。また一関には行事のたびに餅を食べる習慣があり、市内の店では独特な餅文化を経験できる。郊外には変化にとんだ渓谷美が楽しめる厳美渓がある。

一関市街のおすすめスポット

厳美渓温泉

天然記念物指定の名勝・厳美渓を望む

国の名勝・天然記念物に指定されている景勝地・厳美渓河畔に湧き出る温泉で、神経痛、皮膚病、慢性婦人病などに効能がある。風呂や部屋からは、厳美渓の絶景が広がり、四季折々に楽しめる。

厳美渓温泉
厳美渓温泉

厳美渓温泉

住所
岩手県一関市厳美町南滝ノ上
交通
JR東北新幹線一ノ関駅から岩手県交通渓泉閣前行きバスで20分、終点下車すぐ
料金
情報なし

山桜 桃の湯

露天風呂付きの離れもある

宿の看板猫「ちびぞう」の散歩道に湧き出した温泉で日帰り温泉施設も兼ねている。朝食付の気軽な料金設定の本館から半露天風呂が付いている贅沢な離れまで、目的に応じて宿泊することができる。

山桜 桃の湯
山桜 桃の湯

山桜 桃の湯

住所
岩手県一関市赤荻笹谷393-6
交通
JR東北新幹線一ノ関駅からタクシーで15分
料金
1泊朝食付=7560円~(本館)/1泊2食付=27000円~(離れ)/外来入浴(9:00~23:00、1日)=1810円/外来入浴(9:00~23:00、平日2時間)=730円/外来入浴(9:00~23:00、日曜、祝日2時間)=1060円/外来入浴食事付(11:00~16:00、貸部屋利用、要予約)=3780円~/ (土曜、祝前日は割増料金あり、入湯税別)

中尊寺パーキングエリア(上り)

松尾芭蕉の句碑があるパーキングエリア

東北自動車道上り線、平泉前沢インターと一関インターの間にあるパーキングエリア。休憩スポットとして利用できる。

中尊寺パーキングエリア(上り)

住所
岩手県一関市赤荻
交通
東北自動車道平泉前沢ICから一関IC方面へ車で6km
料金
情報なし

手造り料理の店 梅茂登

琴の音が流れる風流な和食処。お勧めは「秀衡椀うなぎめし」

琴の音が流れ、しっとりとした雰囲気が漂う歴史ある和食処。「秀衡椀うなぎめし」「ヒレカツ定食」など、メニューが豊富。

手造り料理の店 梅茂登

住所
岩手県一関市田村町8-8
交通
JR東北新幹線一ノ関駅から徒歩12分

厳美渓温泉 いつくし園(日帰り入浴)

厳美渓を見渡す民芸調の宿

厳美渓が見渡せる眺望自慢の宿。建物は白壁に黒瓦の民芸調。大浴場には御影石の浴槽や檜の露天風呂もある。巧みな技の料理も美味しい。平泉観光の拠点に便利。

厳美渓温泉 いつくし園(日帰り入浴)
厳美渓温泉 いつくし園(日帰り入浴)

厳美渓温泉 いつくし園(日帰り入浴)

住所
岩手県一関市厳美町南滝の上15
交通
JR東北新幹線一ノ関駅から岩手県交通渓泉閣前行きバスで20分、終点下車すぐ
料金
入浴料=大人600円、小人(3~11歳)400円/

ジャンルで絞り込む