トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 新潟・佐渡 > 新潟・弥彦 > 新潟 > 新潟駅・万代シテイ

新潟駅・万代シテイ

新潟駅・万代シテイのおすすめご当地グルメ・名物・名産品

新潟駅・万代シテイのおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。けんさ焼、タレかつ丼、新潟の寿司など情報満載。

新潟駅・万代シテイのおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:151 件
  • 記事:26 件

1~20 件を表示 / 全 10 件

けんさ焼(けんさやき)

あぶったおにぎりが香ばしい郷土料理

握り飯にショウガ味噌をつけてあぶり焼きしたもの。米への感謝の気持ちをこめて、正月の夜食として食べられている郷土料理。上杉謙信が剣の先におむすびを刺して焼いて食べたことに由来するといわれる。

けんさ焼

タレかつ丼(たれかつどん)

さっぱりした醤油ダレがトンカツと相性抜群

  • ご当地名物料理

薄手のトンカツを甘辛い醤油ベースのタレに潜らせて、そのままご飯の上にのせる丼。県外の人からは見た目からソースカツ丼と誤解されることもある。醤油ダレはこくがあるのにさっぱりしている。

タレかつ丼

新潟の寿司(にいがたのすし)

季節ごとに顔ぶれの変わる海の味

  • ご当地名物料理

春のヒラメ、バイガイにはじまり、夏はアジにキス、秋はサバや南蛮エビ、そして冬にはブリにヤリイカと一年を通してさまざまな旬の寿司が味わえる。海が近く鮮度も抜群。

新潟の寿司

新潟のおにぎり(にいがたのおにぎり)

米どころで食べるおいしいご飯のおにぎり

  • ご当地名物料理

新潟の米のおいしさを純粋に味わうことができるおにぎり。手のひらで愛情を込めて握られており、おいしい米がさらにおいしくなる。食材豊富な新潟の具もご飯をよりおいしくする。

新潟のおにぎり

新潟イタリアン(にいがたいたりあん)

焼きそばと洋風ソースがコラボレーション

  • ご当地名物料理

太麺の中華麺をキャベツ、モヤシと一緒に炒め、特製ソースと粉チーズで味付けし、最後にトマトソースやミートソースをかけた、新潟では誰でも知っている料理。他にも、ホワイトソースやカレーソースなどもある。

新潟イタリアン

新潟の岩牡蠣(にいがたのいわがき)

日本海の美しい海が育てた夏のごちそう

名勝・笹川の豊かな水が流れ込んで水質もよく、岩場が続く新潟県北の海。ここで育った天然の岩牡蠣は、プリプリとした大きな身に、磯の香り漂う芳醇な味わいを満喫できる。

新潟の岩牡蠣

新潟のノドグロ(にいがたののどぐろ)

白身なのに上品な脂がのってジューシーな味わい

正式名称は「アカムツ」だが、口の奥が黒いので日本海側ではノドグロと呼ばれている高級魚。白身魚ながら上質の脂がのり、焼いても煮ても上品な味わいが楽しめる。干物にしてもよい。

新潟のノドグロ

ヤスダヨーグルト(やすだよーぐると)

生乳の風味や栄養そのままの飲むヨーグルト

  • おみやげ

阿賀野市にあるヤスダヨーグルトが、地元産のしぼりたて新鮮生乳を使用して製造しているヨーグルト。主力商品のドリンクヨーグルトは、生乳のもつ栄養素がまるごと含まれ、爽やかな甘さとコクのある味わいが人気。

ヤスダヨーグルト

新潟の地酒(にいがたのじざけ)

米どころ新潟の酒はキメ細かく上品な味わい

  • おみやげ

日本有数の米どころ新潟は酒どころでもあり、県内に90を超える酒蔵が点在。雪国の気候や酒造りに適した軟水、日本一の技術を誇る越後杜氏などの条件がそろい、すっきりとした飲み口の酒が誕生している。

新潟の地酒

新潟のル・レクチエ(にいがたのるれくちえ)

11~12月にだけ味わえる「西洋ナシの貴婦人」

フランス原産の西洋ナシの一種。明治35(1902)年から茨曽根村(現・新潟市南区)で栽培が始められ、現在も特産品となっている。果汁たっぷりで甘みが強く、トロリとした食感が楽しめる。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください