トップ > 全国 x 歴史的建造物 > 東海・北陸 x 歴史的建造物 > 岐阜・飛騨 x 歴史的建造物 > 飛騨・白川郷 x 歴史的建造物

飛騨・白川郷 x 歴史的建造物

飛騨・白川郷のおすすめの歴史的建造物スポット

飛騨・白川郷のおすすめの歴史的建造物スポットをご紹介します。日本で唯一主要建物が現存する代官所「高山陣屋」、旧家の歴史を伝える5層建ての合掌造り家屋「長瀬家」、江戸時代の武家屋敷をのぞいてみよう「飛騨民族考古館」など情報満載。

飛騨・白川郷のおすすめの歴史的建造物スポット

  • スポット:4 件
  • 記事:3 件

1~20 件を表示 / 全 4 件

高山陣屋

日本で唯一主要建物が現存する代官所

幕末に全国六十数か所あったといわれる郡代・代官所の中で唯一、主要な建物が現存する陣屋であり、国の史跡に認定されている。かつて飛騨の行政を司る役所として、年貢の取り立てなどを行なった。3000坪を超える敷地内で、往時の役所の様子や板葺きの屋根など、300年以上の歴史を伝える貴重な建物を見学できる。

高山陣屋
高山陣屋

高山陣屋

住所
岐阜県高山市八軒町1丁目5
交通
JR高山本線高山駅から徒歩10分
料金
入場料=大人440円、高校生以下無料/ガイド(30~60分)=無料/ (30名以上の団体390円、障がい者手帳持参者入場料無料)

長瀬家

旧家の歴史を伝える5層建ての合掌造り家屋

明治23(1890)年に建造。平成13(2001)年に行われた屋根の葺き替えの記録映像を見学できるほか、入り口で申し出れば、長瀬家の歴史や展示を解説しながら見どころを案内してくれる。

長瀬家
長瀬家

長瀬家

住所
岐阜県大野郡白川村荻町823-2
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス白川郷線白川郷方面行きで50分、白川郷バスターミナル下車、徒歩6分
料金
大人300円、小人(12歳未満)150円 (15名以上の団体は大人250円、小人120円、障がい者半額)

飛騨民族考古館

江戸時代の武家屋敷をのぞいてみよう

高山城主金森氏の御典医の住居跡。釣天井や忍窓、中庭の抜け穴跡など忍者屋敷さながらの仕掛けを残す。飛騨ゆかりの考古、歴史資料、古美術品などを多数展示。

飛騨民族考古館
飛騨民族考古館

飛騨民族考古館

住所
岐阜県高山市上三之町82
交通
JR高山本線高山駅から徒歩10分
料金
大人500円、中・高校生300円、小学生200円 (20名以上の団体は50円引、障がい者は手帳持参で半額)

東座

地元の人たちによって建てられた芝居小屋で郷土歌舞伎上演

明治22(1889)年、地元の人たちによって建てられた芝居小屋。毎年5月の第3日曜日には、ふれあい歌舞伎公演を実施している。公演日以外の見学は事前に予約が必要だ。

東座

東座

住所
岐阜県加茂郡白川町黒川鱒渕
交通
JR高山本線白川口駅から濃飛バス奥新田方面行きで35分、鱒渕下車、徒歩3分
料金
無料

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください