コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【飛騨古川】ノスタルジック散歩♪おすすめスポット!

【飛騨古川】ノスタルジック散歩♪おすすめスポット!

by mapple

更新日:2018年5月17日

天正年間、増島城の城下町として整備された飛騨古川には今なお城下町の風情や職人による匠の技が息づいている。安らぎを感じる古い町並みをのんびり散歩しよう。

飛騨古川とはこんな町

殿町、壱之町、弐之町を中心に、出格子や白壁土蔵など伝統的な建築様式を取り入れた建物が多く残る飛騨古川。和ろうそくなど匠の技が光る工芸品にも、日本の心を感じることができる。

伝統的な町家の軒下に見られる、大工の誇りを示す装飾“雲”

祭り屋台の白壁に濃紺の台紋が鮮やかに映える

荒城川にかかる今宮橋は記念撮影のスポット

飛騨古川まつり会館

古川祭の魅力を一年中体感できる
天下の奇祭と呼ばれ、春の風物詩としてにぎわう古川祭の熱気と荘厳さを体感できる文化施設。祭り屋台3台が展示されているほか、からくり人形の操作体験、起し太鼓の試し打ち体験もできる。

古川祭の起し太鼓・屋台行事は、全国の「山・鉾(ほこ)・屋台行事」の一つとして2016年にユネスコの無形文化遺産に登録

瀬戸川と白壁土蔵街

城下町の風情を今なお伝える
白壁土蔵の古い町家が多く残り、約500mに渡って続く、情緒豊かな散歩スポット。建物の袂には瀬戸川が流れ、約1000匹もの鯉が目を楽しませてくれる。「岐阜の名水50選」にも選ばれる清流だ。

基盤のような町割りが城下町の名残

渡辺酒造店

飛騨の銘酒「蓬莱」を醸す蔵元
1870(明治3)年創業の歴史ある酒蔵。作家の司馬遼太郎が愛飲したことで知られる「蓬莱」をはじめ、世界酒類コンテスト受賞の銘酒やにごり酒など、年間50種類以上もの商品を生み出している。

かつて武家屋敷と商人町を隔てるために整備されたともいわれる瀬戸川。鯉が泳ぎ、情緒あふれる町のシンボル

大寒造りの大吟醸酒の中から、さらにできの良いものを選び、滴を集めた蓬莱超吟しずく(720㎖ 5400円)

壱之町珈琲店

香り高いコーヒーと食事に癒される
築100年の古民家をリノベーションしたカフェ。店内にはジャズが流れ、スペシャルティコーヒーでほっとひと息つける。飛騨牛や飛騨産野菜を煮込んだオリジナルカレーや数量限定のメロンパンも人気。

飛騨牛や地元産の新鮮野菜をじっくり煮込んだカレーセット(ドリンク付き、1000円)

ゆったりと時間が流れる落ち着いた空間

本光寺

飛騨の匠による建築美は必見
飛騨の名工が手がけた山門や、匠の技が光る彫刻、装飾などが随所に見られる。浄土真宗の寺院で、総欅造りの本堂は、飛騨地区の木造建築としては随一の規模。

毎年1月15日に行なう伝統行事、三寺まいりの寺としても知られている

牧成舎

飛騨の山間で生産された自慢の乳製品
自社牧場で搾るフレッシュな牛乳や乳製品が評判の店。工場の直売所では、お取り寄せグルメとして話題のモッツァレラチーズや、定番人気のもなかアイスなどを販売している。

ジャージーピュアソフトクリーム(350円)

チーズのわさび醤油漬け(640円)

三嶋和蠟燭店

江戸時代から続く伝統工芸品
全国でも希少となった手作りの和ロウソク店。植物性の原料のみで作られているため、ススが少なく、火が消えにくいという優れもの。1月に開催される三寺まいりにも奉納される。

ハゼの木の実を搾ったロウで作られている。1本160円~5900円

FabCafe Hida

デジタルものづくりを体験!
木工機器とデジタル機器を組み合わせたものづくり体験ができる、クリエイティブ複合施設。工房、カフェ、宿を備え、地域の産物を使ったフードや、こだわりのコーヒーも味わえる。

広葉樹を使った箸作り体験は1膳3000円(2膳目以降は1膳800円)。レーザー彫刻は+500円

100年以上の歴史を持つ古民家を改装

映画「君の名は。」聖地巡礼

2016年に公開され、記録的なヒットとなった映画「君の名は。」の舞台のひとつである飛騨市が、映画の“聖地”と呼ばれ多くのファンたちが訪れている。モデルになっているスポットをめぐったり、ヒロイン・三葉の住む田舎町を思い浮かべて町を散歩したり、好きなだけ作品の世界に浸ろう。

JR飛騨古川駅

三葉を探しに飛騨へ
瀧が三葉を探すため、「ワイドビューひだ」に乗ってたどり着くのがここ。北側跨線橋から見た風景は映画のシーンそのもの。

飛騨市図書館

糸守町について調べた図書館
瀧が糸守町について調べた図書館のモデル。映画の中で館内が精密に再現されていて、瀧が調べていた郷土資料コーナーなどもある。

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる飛騨高山 白川郷・下呂温泉'19」です。掲載した内容は、2017年10月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×