>  >  >  >  >  >  【白川郷】合掌集落おさんぽ♪1日で満喫コース!

【白川郷】合掌集落おさんぽ♪1日で満喫コース!

【白川郷】合掌集落おさんぽ♪1日で満喫コース!

白川郷の荻町集落には、南北約1.5km、東西約350mのエリアに立ち寄りスポットや食事処が点在。日本の原風景と豊かな自然を身近に感じながら、おさんぽ気分で古き良き暮らしを体験しよう。

1DAY大満喫コース 所要 約6.5時間

【START】 白川郷バスターミナル
↓ 展望台行きシャトルバス乗降場まで徒歩すぐ、バス5分
1.展望台
↓ 徒歩10分
2.和田家
↓ 徒歩2分
3.こびき屋
↓ 徒歩2分
4.お食事処 いろり
↓ 徒歩8分
5.文化喫茶 郷愁
↓ 徒歩6分
6.野外博物館合掌造り民家園
↓ 徒歩3分
7.であい橋

1.展望台

眼下に広がる世界遺産と美しい白山連峰を一望
集落全景を見下ろす絶好のビュースポット。季節ごとに田や山々の色合いが変化し、四季折々の美しさを堪能できる。大パノラマの天守閣屋外展望台と、室町時代の歴史が息づく荻町城跡展望台がある。

展望台行きシャトルバスで5分!
※1時間に3本運行。徒歩15分の上り坂のためバスを利用するとラク※片道200円

1.展望台

日本の原風景を大パノラマで体感できる、思い出の写真を残そう

1.展望台

荻町城跡展望台も隣に。かつて足利家の命で白川郷に進出した内ヶ島家の家臣・山下氏勝の居城の跡地だ

荻町城跡(展望台)

住所
岐阜県白川村荻町
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス白川郷線白川郷方面行きで50分、白川郷バスターミナルで展望台行きシャトルバスに乗り換えて5分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

2.和田家

2.和田家

白川郷で随一の規模を誇る合掌造り家屋

和田家

住所
岐阜県白川村荻町997
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス白川郷線白川郷方面行きで50分、白川郷バスターミナル下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉館)
休業日
不定休(年末年始休)
料金
大人300円、小学生150円(25名以上の団体250円、人数分一括支払いのみ、障がい者手帳持参で大人150円)

3.こびき屋

民芸品やご当地の味から旅の思い出の品を見つけて
合掌造りをかたどった懐かしの民芸小物や素朴な民芸品、地元の銘菓、地酒など、定番の白川郷みやげがそろう。豆菓子と漬物を探すなら、店から南に100m歩いた先のこびき屋柿乃木店へ向かおう。

3.こびき屋

その季節ならではの採れたての農産物も登場

3.こびき屋

合掌造り輪ゴムかけ380円
雪が積もる冬バージョンも備えた粋なデザイン。マグネット付きで便利だ

3.こびき屋

布ぞうり(1足) 1320円~
地元のおばあちゃんが手作りした、色とりどりの布ぞうり

こびき屋

住所
岐阜県白川村荻町286
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス白川郷線白川郷方面行きで50分、白川郷バスターミナル下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(時期により異なる)
休業日
不定休
料金
布ぞうり=1320円~(1足)/合掌造り輪ゴムかけ=380円/合掌造りゴム掛けマグネット=650円/合掌耳かきスタンド=590円/(クレジットカードは3000円以上のみ利用可)

4.お食事処 いろり

名物の合掌豆腐をアツアツの鉄板で味わう
この地域の郷土料理を味わえる食事処。鉄板で提供される合掌豆腐は、豆腐を素揚げした独特の固さが特徴。そのほか飛騨や白川郷で採れた山菜や野菜を使った料理や、そば、うどんなども豊富にそろう。

4.お食事処 いろり

カリッと焼かれた合掌豆腐に、特製のタレをつけていただく焼き豆腐定食(1296円)

4.お食事処 いろり

大きなたぬきの信楽焼を目印に訪れよう

お食事処 いろり

住所
岐阜県白川村荻町374-1
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス白川郷線白川郷方面行きで50分、白川郷バスターミナル下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~14:00(閉店)
休業日
不定休
料金
山菜そば=972円/焼き豆腐定食=1296円/とろろ定食=1620円/いろり定食=2484円/ 平均予算(昼):1000円

5.文化喫茶 郷愁

四季折々の田園風景を望む大人のためのカフェ
大きな窓から望む、明善寺の茅葺きや鐘楼、田園風景を楽しむカフェ。メニューはコーヒーのみ、座敷席はすべて窓を望む配置。マスター厳選のクラシック音楽やアンティークの照明も心を癒してくれる。

5.文化喫茶 郷愁

足を伸ばしてゆったりくつろごう。コーヒー(500円)は、夏はアイスも対応

5.文化喫茶 郷愁

茅葺きを改築した建物。入口には「アダルトオンリー」の但し書きも

筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる飛騨高山 白川郷・下呂温泉'19」です。掲載した内容は、2017年10月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×