>  >  >  >  >  >  【岐阜】一度は見ておきたい!おすすめ絶景スポット!

【岐阜】一度は見ておきたい!おすすめ絶景スポット!

【岐阜】一度は見ておきたい!おすすめ絶景スポット!

北アルプスや木曽三川といった自然の恩恵を受けた、穏やかな美しさが岐阜県には多い。おすすめの季節や時間帯などの絶景ポイントも押さえておこう。

白川郷

[ベストシーズン]冬 12月中旬~2月末
山間の道を抜けて辿り着く白銀の合掌造り集落

世界遺産に登録されている合掌造り集落。白川村の荻町には100以上の合掌造り家屋が現存し、室内を見学できる家屋もある。茅葺き屋根の急傾斜は、雪の重さから建物を守る、豪雪地帯ならではの工夫だ。

白川郷

集落全体が眺められる荻町城跡展望台からの景色。家屋は現在も住民が生活しているので、勝手に玄関を開けたり、畑などに進入したりしないように

絶景ポイント

集落を北側から一望できる荻町城跡展望台が、定番のビュースポット。真っ白に雪化粧した集落が見られる。2mを超える深い積雪になるのは1月頃。

絶景ポイント

三つ子のように仲良く並ぶ合掌造り家屋。窓明かりが点灯し始める夕暮れ時もおすすめだ

絶景ポイント

天気が良ければ水田に映る逆さ合掌が見られるかも

白川郷合掌造り集落

住所
岐阜県白川村荻町
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス白川郷線白川郷方面行きで50分、白川郷バスターミナル下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

乗鞍岳・畳平

[ベストシーズン]夏 7月中旬~8月下旬
高山植物が咲き誇るダイナミックな花畑

乗鞍山頂バスターミナル周辺に広がる平地・畳平では、ハクサンイチゲやクロユリなどの高山植物を見ることができる。周囲には約30分で一周できる木道も。

乗鞍岳・畳平

魔王岳や大黒岳など周辺の雄大な景観も見事だ

絶景ポイント

バスターミナル横の小道から花畑が眺望できる。夏でも20℃を超えることがなく、爽やかな風を感じられると人気だ。

絶景ポイント

標高2700mにある高山植物の群生地

畳平

住所
岐阜県高山市丹生川町
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで40分、ほおのき平で(マイカー規制のため)濃飛バス乗鞍行きに乗り換えて45分、畳平バスターミナル下車すぐ
営業期間
5月15日~10月
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

乗鞍岳

住所
岐阜県高山市丹生川町岩井谷
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで40分、ほおのき平で濃飛バス乗鞍行きに乗り換えて45分、畳平バスターミナル下車すぐ
営業期間
5月15日~10月
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

新境川堤の桜

[ベストシーズン]春 3月下旬~4月上旬
清流を覆うように咲く圧巻の桜

川の両岸に合わせて約1200本の桜が咲く、桜並木の名所。地元出身の歌舞伎役者である市川百十郎にちなんで「百十郎桜」とも呼ばれている。

絶景ポイント

新境川にかかる橋のうち、花見橋と出逢い橋がとくにキレイに見られる場所だ。

絶景ポイント

桜の開花時期には「各務原市桜まつり」を開催している

新境川堤

住所
岐阜県各務原市那加門前町周辺
交通
名鉄各務原線市民公園前駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

根道神社(モネの池)

[ベストシーズン]初夏 5月末~7月
SNSで話題!澄んだ水面に漂うスイレン

関市の板取地区にある神社。鳥居の脇にある溜池は、山の湧き水が注ぐ透明度の高い池だ。スイレンなどの植物が浮かび、モネの代表作である『睡蓮』に似ているとして話題に。

絶景ポイント

スイレンが花を咲かせる5月末から7月頃と、池の周囲にアジサイが咲く6月頃が見ものだ。午前中には池に日差しが入るので透明度が増す。

絶景ポイント

泳いでいる鯉がよく見えるほど水が澄んでいる

根道神社 名もなき池(モネの池)

住所
岐阜県関市板取448
交通
JR岐阜駅から岐阜バス洞戸行きまたはほらどキウイプラザ行きで1時間10分、終点で板取ふれあいバスに乗り換えて15分、あじさい園下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
境内自由
休業日
無休
料金
情報なし

新穂高ロープウェイ

[ベストシーズン]秋 9月下旬~10月中旬
鮮やかに色づいた紅葉と北アルプスの冠雪との競演

2つのロープウェイで約11分かけて上る山頂は、標高2156m。春の桜や冬の雪景色など、季節ごとに異なる北アルプスの景色が楽しめる。

新穂高ロープウェイ

雄大な大自然の中を進み、まさに“空中散歩”

絶景ポイント

山頂展望台がベストで、北アルプスが360度見渡せる。比較的空気が澄んでいて遠くまで見える、午前中がおすすめだ。

絶景ポイント

第2ロープウェイ部分のゴンドラは、日本で唯一の2階建て

新穂高ロープウェイ

住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷 新穂高
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで1時間40分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
8:30~16:00(上り最終、時期により異なる)
休業日
荒天時(点検期間休)
料金
第1・2ロープウェイ連絡=大人1600円(片道)、大人2900円(往復)、小学生800円(片道)、小学生1450円(往復)/第2ロープウェイ=大人1500円(片道)、大人2800円(往復)、小学生750円(片道)、小学生1400円(往復)/(各種障がい者手帳持参で半額)

上代田棚田

[ベストシーズン]夏・秋 5月頃~9月頃
穏やかに佇む日本の原風景

町内北西部の山間地に位置し、約5haの広さに123枚の棚田がある。日本の棚田百選とぎふの棚田21選に選定されている。

絶景ポイント

水を張る5月頃、青々と茂る夏、稲穂が実った9月頃と、どの時期も美しい。

絶景ポイント

田を埋めつくす緑が、幾重にも続いていく

上代田棚田

住所
岐阜県八百津町八百津北山
交通
JR高山本線上麻生駅からタクシーで25分
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

郡上八幡城

[ベストシーズン]冬 12~2月
幻想的に浮かぶ天空の城

日本最古の木造再建城であり、雲海に浮かぶ姿が見られることから「天空の城」とも呼ばれる。冬の早朝、湿度が高く気温が低い際に見られることが多い。

絶景ポイント

城の向かいの東殿山や国道256号堀越峠から見られるが、待避所や駐車スペースがないので細心の注意が必要。

絶景ポイント

天候など複数の条件が揃わないと見られない貴重な景色

郡上八幡城(積翠城)

住所
岐阜県郡上市八幡町柳町一の平659
交通
長良川鉄道郡上八幡駅から市内循環まめバス赤ルートで13分、城下町プラザ下車、徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:45(閉館17:00、時期により異なる)
休業日
不定休(12月20日~翌1月10日休)
料金
入場料=大人310円、小人150円/郡上八幡博覧館との共通券=大人650円、小人350円/(団体20名以上は大人260円、小・中学生100円、障がい者等級3~1級は手帳持参で無料)
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる岐阜 飛騨高山・白川郷」です。掲載した内容は、2017年1月~5月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
×