トップ > 東海・北陸 > 岐阜・飛騨 > 飛騨・白川郷 > 高山 > 櫻山八幡宮 > 

岐阜【飛騨高山】吉島家住宅を見学! 明治時代の豪商の家とは?

まっぷるマガジン編集部

更新日:2021年5月25日

この記事をシェアしよう!

岐阜【飛騨高山】吉島家住宅を見学! 明治時代の豪商の家とは?

軒高など、江戸幕府の制限がなくなった明治期の町家建築。豪商の旦那衆のセンスと匠の技が光る、高山を代表する名建築をすみずみまで見学しよう!

【飛騨高山】飛騨地方の豪商の家とは?

造り酒屋や生糸など手広く事業を行ない、財を成していた商家の豪華な建築物が、高山市内をはじめ飛騨地方に多く残る。とくに建築制限が解かれた明治時代以降は、職人の技や意匠も発展し、美しい名建築が次々に誕生した。旦那衆の奉仕による神社仏閣や屋台なども多い。

【飛騨高山】繊細で女性的な明治時代の商家「吉島家住宅」

1907(明治40)年に建てられた町家で、国の重要文化財にも指定されている。当時の造り酒屋の面影を伝える華麗な建物で、漆が施された柱や梁、立体的な格子など、すみずみまで神経のゆき届いた繊細で美しい造りが見どころ。

【飛騨高山×吉島家住宅】住宅データ

★敷地面積 … 880㎡
★間口 … 約26.3㎡
★奥行き … 約33m
★主屋の総部屋数 … 19
★蔵の数 … 3

【飛騨高山×吉島家住宅】Check!1 吹き抜けの空間

匠の技が際立つ大空間
高山の町家の典型的な吹き抜けの中でも圧巻のスケール。束と梁のむき出しの構造が美しい。

【飛騨高山×吉島家住宅】Check!1 吹き抜けの空間

29cm角、高さ8mに及ぶ板目無節のヒノキが組まれている

【飛騨高山×吉島家住宅】Check!1 吹き抜けの空間

木目の美しさが際立つ、アカマツに春慶塗りを施した梁

【飛騨高山×吉島家住宅】Check!1 吹き抜けの空間

中抜き千本無双連子戸と呼ばれる漆塗りの1.8m×1.8mの板戸

【飛騨高山×吉島家住宅】Check!2 文庫蔵

ケヤキの玉杢が美しい
座敷の奥にある貴重品や大切な書物などを収めていた蔵。扉はケヤキの玉杢(渦のような木目)の部分を使用している。

【飛騨高山×吉島家住宅】Check!2 文庫蔵

京都の本願寺大門と兄弟木(同一材)という貴重な銘木

【飛騨高山×吉島家住宅】Check!3 ギャラリースペース

篠田桃紅やイサムノグチのリトグラフを展示
篠田桃紅作品のコレクターだったジャズピアニスト、ジョン・ルイスのピアノを中心にしたBGMが流れている井戸端ギャラリー。

【飛騨高山×吉島家住宅】Check!3 ギャラリースペース

【飛騨高山×吉島家住宅】篠田桃紅とは?

1913(大正2)年生まれ。現在104歳の現役の書家で岐阜出身。1956(昭和31)年に渡米し、NYを拠点に精力的に個展を開催し、世界でその名を広める。吉島家当主の縁戚にあたることから、屏風や掛け軸などの桃紅作品を住宅で展示している。

【飛騨高山×吉島家住宅】篠田桃紅とは?

茶室に掛けられた「舟」という文字の茶掛け

【飛騨高山×吉島家住宅】篠田桃紅とは?

仏間手前の8帖間に飾られる二つ折り屏風〈釋迢空(しゃくちょうくう)〉

【飛騨高山×吉島家住宅】篠田桃紅とは?

1階の茶室の茶釜の後ろに飾られる風炉さき屏風〈あさきゆめ〉

【飛騨高山×吉島家住宅】Check!4 本庭

秋は紅葉、冬は雪景色が美しい
雪見灯篭と春日灯篭などがあったが、60年以上前から庭全体が野生化してしまった。季節の草花は楽しめる。

【飛騨高山×吉島家住宅】Check!4 本庭

【飛騨高山×吉島家住宅】ココもcheck!!

【飛騨高山×吉島家住宅】ココもcheck!!

A 春慶塗りの柱や梁
建物のいたるところに、木目を美しく見せる春慶塗りを施した技法が施されている

【飛騨高山×吉島家住宅】ココもcheck!!

B 紋の入った暖簾
御台場建設資金上納により、将軍家の紋所の使用を許された「二つ引両紋の暖簾」

【飛騨高山×吉島家住宅】ココもcheck!!

C 下地窓
文庫蔵の前室の、壁の下地を見せた窓。数寄屋風造りのモダンな演出の部屋

【飛騨高山×吉島家住宅】ココもcheck!!

D 道路側の外観
造り酒屋を営んでいた家なので、酒神を祀る三輪神社の杉玉が軒先に下がる

【飛騨高山×吉島家住宅】Check!5 階段

建物内に2か所の階段
建物がスキップフロアで構成されているため、階段も流れるように溶け込む。

【飛騨高山×吉島家住宅】Check!5 階段
【飛騨高山×吉島家住宅】Check!5 階段

2階へ上がるとアートな休息所
外の格子窓から入り込む光が落ち着く、アートな雰囲気の休息所

【飛騨高山×吉島家住宅】Check!6 中2階

20世紀を代表する建築家チャールズ・ムーアも好んだ段差
スキップフロアの建築が斬新!踊り場のような座敷間とその奥に2段の踏み台を経て2間続きの部屋が続く。

【飛騨高山×吉島家住宅】Check!6 中2階

折り上げ天井
屋根の勾配に折り上げて、前面の天井高をかせいだ形状のもの

【飛騨高山×吉島家住宅】Check!6 中2階

中2階から一段上がる「高2階」。家中でもっとも高い位置にあり、家長が使用した

吉島家住宅

住所
岐阜県高山市大新町1丁目51
交通
JR高山本線高山駅から徒歩15分
料金
入館料=大人500円、小・中学生300円/(団体30名以上は50円引)

【飛騨高山】ほかにもある! 明治の町家建築

1875(明治8)年の大火を逃れた建築物や再建された町家が界隈に点在する。豪商の豪華な住居だけでなく、この地方の標準的な町家を見ることもできる。

【飛騨高山×明治の町家建築】高山を代表する豪商の豪邸「日下部民藝館」

1879(明治12)年の建築で、国指定重要文化財。豪壮な吹き抜け構造が特徴で、太さ約21mの大黒柱や、長さ約13mの梁などが見ものだ。江戸後期~明治の生活用具も展示している。

【飛騨高山×明治の町家建築】高山を代表する豪商の豪邸「日下部民藝館」

日下部民藝館

住所
岐阜県高山市大新町1丁目52
交通
JR高山本線高山駅から徒歩15分
料金
大人500円、小・中学生300円(30名以上の団体は50円引、障がい者手帳持参で本人と同伴者半額)

【飛騨高山×明治の町家建築】”うなぎの寝床”が特徴の家「宮地家住宅」

1875(明治8)年の大火の後に再建された標準的な町家で、家主は米屋や酒屋と農業を行った半農半商だった。間口が狭く奥行きが深い「うなぎの寝床」の造りが特徴。

【飛騨高山×明治の町家建築】”うなぎの寝床”が特徴の家「宮地家住宅」

宮地家住宅

住所
岐阜県高山市大新町2丁目44
交通
JR高山本線高山駅から徒歩20分
料金
無料

【飛騨高山×明治の町家建築】趣のある市内最古の町家建築「松本家住宅」

1826(文政9)年ごろに建てられた住宅で、高山市内で現存する町家の中では最も古いとされる。町人が暮らしていた標準的な町家建築を伝える貴重な文化財。

【飛騨高山×明治の町家建築】趣のある市内最古の町家建築「松本家住宅」

松本家住宅

住所
岐阜県高山市上川原町125
交通
JR高山本線高山駅から徒歩20分
料金
無料

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください