トップ > 全国 x タワー > 九州・沖縄 x タワー > 福岡・北九州 x タワー

福岡・北九州 x タワー

福岡・北九州のおすすめのタワースポット

福岡・北九州のおすすめのタワースポットをご紹介します。空と海が出会う場所「福岡タワー」、高さ100mの博多港のシンボルタワー「博多ポートタワー」、地上103mのビュースポット「門司港レトロ展望室」など情報満載。

福岡・北九州のおすすめのタワースポット

  • スポット:3 件
  • 記事:4 件

1~20 件を表示 / 全 3 件

福岡タワー

空と海が出会う場所

高さ234mは、海浜タワーとしては日本でもっとも高い。地上123mの展望室からは、福岡市街や博多湾、大濠公園などを一望できる。夜になるとタワー塔体がライトアップされ、冬はクリスマスツリー、春は桜など季節によって様々なイルミネーションが楽しめる。

福岡タワー
福岡タワー

福岡タワー

住所
福岡県福岡市早良区百道浜2丁目3-26
交通
JR博多駅から西鉄バス福岡タワー行きで25分、福岡タワー南口下車すぐ
料金
入場料=大人800円、小・中学生500円、4歳以上200円/博多ロングバーム=514円/福岡ダグワーズ=670円/愛鍵(展望室1階恋人の聖地)=1000円/ (65歳以上は720円、障がい者手帳持参で大人500円、小・中学生300円、4歳以上100円)

博多ポートタワー

高さ100mの博多港のシンボルタワー

高さ100mの博多港のシンボル。地上70mの展望室からは、船が行きかう博多港や海の中道、ビルが立ち並ぶ福岡市街地などが一望できる。

博多ポートタワー
博多ポートタワー

博多ポートタワー

住所
福岡県福岡市博多区築港本町14-1
交通
JR博多駅から西鉄バス博多ふ頭行きで17分、終点下車すぐ
料金
無料

門司港レトロ展望室

地上103mのビュースポット

建築家、黒川紀章氏が設計した高層マンションの31階。ガラス張りの開放的な空間で、眼下に関門海峡が広がる。一角には季節限定のドリンクやケーキが楽しめるカフェを併設。

門司港レトロ展望室
門司港レトロ展望室

門司港レトロ展望室

住所
福岡県北九州市門司区東港町1-32
交通
JR鹿児島本線門司港駅から徒歩5分
料金
大人300円、小・中学生150円 (北九州市・福岡市・下関市在住の65歳以上はシルバー手帳持参で入館料2割引、北九州市在住の障がい者は入館無料)

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください