コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  福岡【門司港】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

福岡【門司港】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

by mapple

更新日:2018年1月10日

門司港のおすすめスポットをご紹介!

見る!

門司港レトロ展望室

地上103mのビュースポット
建築家、黒川紀章氏が設計した高層マンションの31階。ガラス張りの開放的な空間で、眼下に関門海峡が広がる。一角には季節限定のドリンクやケーキが楽しめるカフェを併設。

レトロな街並みに異彩を放つ近代的な建物

夜には関門橋や門司港の街並みがライトアップされる。地上103mの展望室から眺めたい

ブルーウイングもじ

港に架かる可動式の青い橋
門司第一船溜まりに架かる歩行者専用はね橋。全長108m、24.1mの親橋と14.4mの子橋が「恋人の聖地」に認定されている。一日に6回、跳ね上がる。

ブルーバイオレットの色が青空に映える

関門海峡花火大会

関門海峡の上空に大輪の花が咲く
州でも屈指の規模を誇る関門海峡花火大会は、北九州市門司区と山口県下関市の2都市共同開催。毎年8月13日に沖合い300mの台船から競うように打上げる。後半、夜空を覆いつくすほどの大輪の花火は圧巻だ。

毎年110万人を超える見物客が花火に魅了される

食べる!

喫茶 放浪記

8時間煮込んだ「フミコ林ライス」が名物
門司港名物のハヤシライスが味わえる喫茶店。北九州市門司区出身の作家、林芙美子の小説『放浪記』と同名の店では、「フミコ林ライス」というメニュー名で出す。

フミコ林ライスセットは750円

ふくの店 志げる

老舗で味わうトラフグ
大正時代に魚屋からスタートしたフグ料理専門店。「フク刺し」は、一般的な「縦びき」と門司の職人に伝わる「横びき」という包丁の入れ方で仕上げる。志げるコースは9720円。

フグのおいしさを、まずは「フグ刺し」で堪能したい

洋膳茶房 にしき

趣のある日本家屋で焼きカレーを!
築60年ほどの日本家屋を再利用。3分づきのごはんの上にカレーソースとたっぷりの野菜、それにチーズをのせて焼いたカレーグラタンセットは1510円。喫茶のみの利用もできる。

「カレーグラタン」の名でメニューにのぼる門司港焼きカレー

梅月

昔ながらの甘味処
創業昭和23(1948)年の甘味処。ぜんざいや、5月中旬から10月初旬に登場するオリジナルの蜜がかかった宇治金時は人気が高い。

手焼きの餅が入るぜんざい(500円)

遊ぶ!

北九州銀行レトロライン 門司港レトロ観光列車「潮風号」

港町を走るレトロ列車
九州鉄道記念館駅と関門海峡めかり駅間を走る観光列車。全長2.1km、最高時速15kmは、日本最短かつ最鈍。

レトロッコ型の観光列車「潮風号」。濃紺のボディに金色のエンブレムが輝く

買う!

ガラスのため息

幻想的な光に心誘われる
門司港駅の向かい側にあるガラス製品ショップ。ガラス作家のオーナーが手がけたオリジナルの商品をはじめ、ガラスアクセサリーを扱う。

ピアスやチョーカー、ガラス製の雑貨もある

海峡プラザ

「門司港×バナナ」のみやげを探そう
バナナの叩き売り発祥の地である門司港には、バナナ関連のみやげものが盛りだくさん。ほかに、北九州の海産物、工芸品などがそろう。

バナナチップスやキーホルダーなどのアイテムがそろう

筆者:mapple

まっぷる福岡 博多・天神 ’18

発売日:2017年05月18日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる福岡 博多・天神 ’18」です。掲載した内容は、2016年12月~2017年3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。そのため、消費税改正前、改正後、施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×