エリア・ジャンルからさがす

トップ > 日本 > 九州・沖縄 > 阿蘇・熊本・大分 > 日田・天ヶ瀬温泉

日田・天ヶ瀬温泉

日田・天ヶ瀬温泉のおすすめの観光スポット

ガイドブック編集部が厳選した日田・天ヶ瀬温泉のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。蔵造りの店内で味わう鉄板焼きステーキ「すてーき茶寮 和くら」、玖珠町を代表するメサ。登山口から頂上まで約1時間「伐株山」、天狗や七福神が街を練り歩き五穀豊穣を祈願する「五馬市くにち楽」など情報満載。

  • スポット:192 件
  • 記事:21 件

日田・天ヶ瀬温泉の魅力・見どころ

天領として栄えた古い街並みと河原に並ぶ露天風呂が名物のいで湯

江戸時代に天領として繁栄した日田は、今もその名残をとどめる落ち着いた街並みが魅力。とくに、古い屋敷や酒蔵、格子窓などが歴史を伝える豆田町は、まるで昔にタイムスリップしたかのような趣だ。三隈川河畔には日田温泉が湧き、夏には鵜飼船や屋形船が川面を彩る。その上流を流れる玖珠川の渓谷沿いにある天ヶ瀬温泉は、およそ1300年前の開湯と伝わる歴史ある温泉地。河川敷には開放的な共同露天風呂が並び、夏にはホタルが舞う姿を見ながら入浴できる。風情ある温泉街は散策も楽しい。

日田・天ヶ瀬温泉のおすすめエリア

日田・天ヶ瀬温泉の新着記事

【由布院・阿蘇】ドライブ途中に立ち寄りたい!道の駅!

ドライブがてら立ち寄りたいのが道の駅。周辺の観光情報を仕入れ、その土地ならではの味を楽しみ、地元産品...

大分【宇佐】で人気! おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

宇佐の人気おすすめスポットをご紹介!

日田の豆田町観光ナビ!ランチ&みやげ&カフェ情報も満載♪

大分県の日田は、江戸時代に天領として栄えた城下町。江戸、明治期に建てられた商家や土蔵などが残る豆田町...

おんせん県大分の温泉を知ろう!個性豊かな最新人気温泉もご紹介

源泉総数がダントツ日本一の大分県。名実ともに「おんせん県」である大分には、どんな温泉があるのか?どん...

大分のアニメ聖地巡礼のスポットへ~「鬼滅の刃」「進撃の巨人」など人気アニメの聖地が集結!

アニメや漫画の作品の舞台を訪ねる「聖地巡礼」は、いつも人気の的。大分県にも全国からファンの熱い視線を...

大分【日田】バリエ豊かなご当地グルメをチェック!

ひつまぶしの日田バージョン「日田まぶし」をはじめ、日田産の食材を使って開発されたご当地グルメをチェッ...

大分【日田】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

大分の絶景が見たい!~定番から穴場まで美風景を一挙紹介!~

温泉パワーが実感できる別府の湯けむり、朝霧に包まれて幻想的な由布院の金鱗湖など、大分の魅力を目と心に...

大分【日帰り温泉】カタログ

源泉数&湧出量ともに日本一の大分県には町なかや山あい、高台など、いたるところに名湯がずらり。日帰りで...

大分のおすすめ宿をご紹介

大分県のおすすめの宿泊施設を厳選。日田・耶馬渓には温泉宿、大分市・中津は駅周辺にホテルがある。
もっと見る

1~20 件を表示 / 全 192 件

日田・天ヶ瀬温泉のおすすめスポット

すてーき茶寮 和くら

蔵造りの店内で味わう鉄板焼きステーキ

大正6(1917)年築の蔵を改造したステーキ専門店。目の前を流れる川と太い梁が目を引く店内で、和牛の鉄板焼きステーキが味わえる。コース料理が中心。

すてーき茶寮 和くら

すてーき茶寮 和くら

住所
大分県日田市隈2丁目4-13
交通
JR久大本線日田駅から徒歩10分
料金
和くら特製ハンバーグ=2600円/コース=5500円~/WAKURA特製ガーリックライス=1500円/和くら丼=2000円~/ (鉄板焼きコースのみ10%サービス料が必要)
営業期間
通年
営業時間
12:00~14:30(閉店15:30)、17:00~21:00(閉店22:00)
休業日
不定休(年末年始休)

伐株山

玖珠町を代表するメサ。登山口から頂上まで約1時間

玖珠盆地には、メサと呼ばれる台地地形の山々が連なる。標高685mの伐株山は、玖珠町を代表するメサだ。登山口から頂上まで約1時間。パラグライダーなどの出発地でもある。

伐株山
伐株山

伐株山

住所
大分県玖珠郡玖珠町山田
交通
JR久大本線豊後森駅からタクシーで15分
料金
情報なし
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし

五馬市くにち楽

天狗や七福神が街を練り歩き五穀豊穣を祈願する

五穀豊穣を感謝する玉来神社の秋祭で、市の無形民俗文化財。おはやしにあわせ天狗やコモラシ(子ガッパ)、大黒、福禄寿などが街を練り歩き、杖踊りでしめくくる。

五馬市くにち楽

住所
大分県日田市天瀬町五馬市玉来神社
交通
JR久大本線天ケ瀬駅からタクシーで15分
料金
要問合せ
営業期間
10月下旬
営業時間
13:00~17:00
休業日
情報なし

立羽田の景

緑に囲まれた裏耶馬渓の景勝地

北東部で中津市耶馬渓と接し、通称「裏耶馬渓」と呼ばれる地域にある。県道43号沿い1kmにわたって、天を突き刺すような奇岩の峰と農村の風景が楽しめる。国指定名勝に認定。

立羽田の景
立羽田の景

立羽田の景

住所
大分県玖珠郡玖珠町古後
交通
JR久大本線豊後森駅からタクシーで25分
料金
情報なし
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし

夜明薬湯温泉

ぬるぬるとろとろの湯が評判

国道210号と386号を結ぶ夜明大橋のたもとにある温泉施設。毎日入れ替える地下1500mからの天然自噴泉はぬめりがあり、飲用できる。男女別の内風呂と五つの貸切内風呂がある。

夜明薬湯温泉

夜明薬湯温泉

住所
大分県日田市高井町長谷714-3
交通
JR久大本線夜明駅から徒歩8分
料金
入浴料=大人450円、小人(4歳~小学生)200円、幼児(0歳~)100円/貸切内風呂=1000円・1200円(50分)/
営業期間
通年
営業時間
10:00~20:00(閉館21:00)
休業日
火曜

玖珠サービスエリア(上り)

童話の里で知られる玖珠町に位置する

童話の里・玖珠町に位置し、伐珠山を模した展望台からは緑豊かな景観が楽しめる。コンビニではみやげ物の品ぞろえも豊富。

玖珠サービスエリア(上り)
玖珠サービスエリア(上り)

玖珠サービスエリア(上り)

住所
大分県玖珠郡玖珠町戸畑
交通
大分自動車道玖珠ICから天瀬高塚IC方面へ車で5km
料金
かいぞくかりんとう=400円/吉四六漬け(売店)=324円~/
営業期間
通年
営業時間
福万亭(ファミリーマート ReSPOT 内)は8:00~20:00(土・日曜、祝日は~21:00)、ファミリーマート ReSPOTは24時間
休業日
情報なし

日田まぶし 千屋

国産ウナギの蒲焼きをご飯に混ぜた、日田まぶしが名物

旅の途中の食事処をイメージした店は、全体的に照明を落とし、落ち着いた空間。名物の日田まぶしは、国産ウナギの蒲焼きをごはんに混ぜたもの。最初はそのまま食べ、次に柚子胡椒や大根おろしなどの薬味を加えて味わいたい。

日田まぶし 千屋

住所
大分県日田市豆田町4-14
交通
JR久大本線日田駅から徒歩15分
料金
日田まぶし(普)=2600円/
営業期間
通年
営業時間
11:00~20:00
休業日
不定休

薬師湯

天ヶ瀬温泉名物の川沿いにある共同露天風呂

天ヶ瀬温泉街のほぼ中心部にある共同露天風呂。屋根つきの石風呂で湯船を囲む柵があるが、夏は取りはずされて開放的な露天風呂になる。女性は水着、湯あみ着、バスタオルを巻いて入浴できる。

薬師湯

薬師湯

住所
大分県日田市天瀬町天ヶ瀬温泉
交通
JR久大本線天ケ瀬駅から徒歩7分
料金
志納(100円以上)
営業期間
通年
営業時間
9:00~22:00(閉業、清掃日は午後から営業の場合あり)
休業日
無休

西椎屋の滝

落差86mの大スケールの名瀑

日本の滝百選の一つに選ばれている落差86mの瀑布。駐車場と滝つぼ近くの2ヶ所に展望台があり、まるで空から落ちてくるかのようなダイナミックな景観が見られる。

西椎屋の滝

西椎屋の滝

住所
大分県玖珠郡玖珠町日出生
交通
JR久大本線豊後森駅からタクシーで20分
料金
情報なし
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし

慈恩の滝

滝の裏側を歩くことができる

大蛇の病を旅の僧が治してやったという伝説が残る滝。2段構えで落差は約30m。滝の裏側の遊歩道からも見物でき、別名「裏見の滝」ともいう。夜はライトアップされる。

慈恩の滝
慈恩の滝

慈恩の滝

住所
大分県日田市天瀬町赤岩
交通
JR久大本線杉河内駅からすぐ
料金
情報なし
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし

赤司日田羊羹本舗

明治以来の名物羊羹をみやげに

創業明治24(1891)年の羊羹専門店。すっきりした味と上品な薄墨色の羊羮が特色。小豆の皮をていねいにはぎとり、丹念にあくを除いた上質の餡が味の特徴。

赤司日田羊羹本舗
赤司日田羊羹本舗

赤司日田羊羹本舗

住所
大分県日田市豆田町8-15
交通
JR久大本線日田駅から徒歩15分
料金
日田羊羹=1400円~(一枚物)、950円(パック入)/塩羊かん=1050円/抹茶羊かん=1150円/大納言羊かん=1150円/栗かのこ羊かん=1300円/
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉店)
休業日
水曜(臨時休あり)

浮羽別館 新紫陽

もてなしに定評があるいごこちのよい旅館

天ヶ瀬温泉街を一望する高台にあるアジサイに包まれた宿。自家泉源をもち、大浴場のほかに、野趣あふれる露天風呂が4つ。掛け流しの温泉と旬の日本料理が心を癒す。

浮羽別館 新紫陽
浮羽別館 新紫陽

浮羽別館 新紫陽

住所
大分県日田市天瀬町桜竹瀧ノ下357
交通
JR久大本線天ケ瀬駅から徒歩15分(送迎あり)
料金
1泊2食付=13110~41190円/外来入浴(11:30~16:00)=800円/外来入浴食事付(11:30~14:45、個室利用、要予約)=3240円~/
営業期間
通年
営業時間
イン15:00、アウト10:00
休業日
無休

ヤマキチ後藤家

明治時代の人形師大木平蔵の作品、雛人形を中心に展示

明治時代に人気を博した京都の人形師大木平蔵の作品、雛人形を中心に展示している。明治時代築の重厚な屋敷の広い玄関で見学することができる。

ヤマキチ後藤家

ヤマキチ後藤家

住所
大分県日田市隈2丁目4-13
交通
JR久大本線日田駅から徒歩10分
料金
入館料=大人200円、中・高校生150円、小学生以下無料/
営業期間
2月中旬~3月下旬(天領日田おひなまつり期間中のみ)
営業時間
10:00~17:00(閉館)
休業日
期間中無休

旅籠かやうさぎ

母屋と離れからなる和風の宿

母屋と離れからなる宿。大きな梁や漆喰の白壁が目を引く母屋のまわりには、木立をへだてて7棟の離れと風呂棟、売店が点在する。離れには専用の内風呂と露天風呂がつく。

旅籠かやうさぎ
旅籠かやうさぎ

旅籠かやうさぎ

住所
大分県日田市琴平町1529-1
交通
JR久大本線日田駅からタクシーで10分(送迎あり)
料金
1泊2食付=19590円~/外来入浴(11:00~14:00)=700円/外来入浴食事付(11:00~14:00、18:00~21:00、個室利用、要予約)=5400円~(昼)、6480円~(夜、変更の場合あり)/
営業期間
通年
営業時間
イン15:00、アウト11:00
休業日
無休

鶴舞の湯

新天ヶ瀬橋のたもとにある共同露天風呂

新天ヶ瀬橋のたもとにある露天風呂。天ヶ瀬温泉に五つある共同露天風呂のなかでいちばん浴槽が大きい。

鶴舞の湯

鶴舞の湯

住所
大分県日田市天瀬町天ヶ瀬温泉
交通
JR久大本線天ケ瀬駅から徒歩15分
料金
志納(100円以上)
営業期間
通年
営業時間
18:00~22:00(閉業、清掃日は時間変更の場合あり)
休業日
無休

遊花祭

ファッションショーを始め花をテーマにしたイベントが目白押し

「花」をテーマに多彩なイベントを開催。花に囲まれての結婚式、地元高校生が自作のドレスで登場するフラワーファッションショー、押し花作りの体験教室などがある。

遊花祭

住所
大分県日田市天瀬町五馬市2384-3天瀬農業公園(ローズヒルあまがせ)
交通
JR久大本線天ケ瀬駅からタクシーで10分
料金
見学料=無料/
営業期間
5月中旬
営業時間
9:30~16:00
休業日
情報なし

道の駅 慈恩の滝 くす

名瀑観賞のあとに寄りたい道の駅

名瀑「慈恩の滝」近くに建つ。「名水百選」「棚田百選」に選ばれた地区として、新鮮な水や豆腐を使用した商品を開発、販売する。

道の駅 慈恩の滝 くす

住所
大分県玖珠郡玖珠町山浦618-24
交通
大分自動車道玖珠ICから国道210号を天瀬方面へ車で11km
料金
要問合せ
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00
休業日
無休(年末年始休)

こもれび工房

日田下駄を鳴らして町並み散策

良質の杉として知られる日田杉を使った日田下駄を製造、販売する工房。木目柄が美しく、カラフルな鼻緒の日田下駄は、サイズ、デザインともにバラエティーに富む。

こもれび工房

こもれび工房

住所
大分県日田市豆田町10-1
交通
JR久大本線日田駅から徒歩15分
料金
サンダル=1000円前後/下駄=1500円~/
営業期間
通年
営業時間
9:30~17:00(閉店)
休業日
無休(年末年始休)

瀧神社秋の大祭 滝の市

瀧神社の秋の大祭は勇壮な杖楽や芝居に多くの人が賑わう

瀧神社の秋季大祭。県指定の無形文化財「滝瀬楽」や奉納相撲、素人芝居が行われ、毎年2万人の人出で賑わう。滝瀬楽とは、隊列を組んで杖を振ったり突いたりする杖楽のこと。

瀧神社秋の大祭 滝の市

住所
大分県玖珠郡玖珠町戸畑桜ヶ岡瀧神社
交通
JR久大本線北山田駅からすぐ

かっこうのさとキャンプ場

緑と渓流に囲まれた心地よいサイト

奥日田の酒呑童子山麓に位置するキャンプ場。林間のサイトは快適で、テント代わりに使えるバンガローもそろっている。そばには兵戸渓流が流れているので夏でも涼しく過ごすことができる。

かっこうのさとキャンプ場

住所
大分県日田市上津江町川原1656-89
交通
大分自動車道日田ICから国道212号で小国方面へ。県道12号を右折し、国道387号を菊池方面に向かい現地へ。日田ICから45km
料金
入場料=大人(中学生以上)600円、小人(3歳~小学生)400円/サイト使用料=オート1区画3000円、AC電源使用料1000円(要予約)、テント専用1張り2000円/宿泊施設=バンガロー8000円※別途入場料/
営業期間
4月下旬~10月
営業時間
イン14:00、アウト10:00
休業日
期間中無休

ジャンルで絞り込む