>  >  >  >  >  > 

大分【日田】バリエ豊かなご当地グルメをチェック!

まっぷるマガジン

更新日:2018年7月21日

この記事をシェアしよう!

大分【日田】バリエ豊かなご当地グルメをチェック!

ひつまぶしの日田バージョン「日田まぶし」をはじめ、日田産の食材を使って開発されたご当地グルメをチェック。

日田まぶし 千屋

ご当地グルメの日田まぶしが名物
名物の日田まぶしは、国産ウナギの蒲焼きをご飯に混ぜたもの。最初はそのまま食べ、次に柚子胡椒など薬味を加える。最後はだし汁を注いで茶漬けで食べる。
MENU
日田まぶし(大)3800円

日田まぶし 千屋

日田の町並みに溶け込んだ外観

日田まぶし 千屋

日田まぶし
ウナギを強めにこんがりと焼いた日田まぶし(普・3000円)

日田まぶし 千屋

特製のタレが染み込んだウナギの蒲焼き

日田まぶし 千屋

住所
大分県日田市豆田町4-14
交通
JR久大本線日田駅から徒歩15分
料金
日田まぶし(普)=2600円/

銀寿し

野菜や果物を彩り鮮やかな寿司で
ひたん寿しは日田発祥のたか菜巻を中心に、旬の野菜や川魚をネタに使う。柚子ごしょうが効いた椎茸やヤマメのイクラなど15種が並ぶ。
MENU
一口握りセット2160円
ひたん寿し1500円〜

銀寿し

カウンターを中心とした店内

銀寿し

ひたん寿し
山川の幸が彩るひたん寿し「天領華やか御膳」(1500円)

銀寿し

住所
大分県日田市三本松1丁目12-40
交通
JR久大本線日田駅から徒歩15分
料金
天領華やか御膳=1500円/

和食工房 新

日田の食材を盛り込んだご当地鍋
日田産の野菜、県産の肉などを使う冬限定の日田どん鍋。地鶏のだしをベースにした豆乳鍋は、豆腐、野菜、黒豚が入り、最後にリゾットでしめる。
MENU
あやめ膳1500円
水郷膳1800円

和食工房 新

座敷席とテーブル席がある

和食工房 新

日田どん鍋
豆乳の甘みが野菜に染み込む豆水鍋(2160円)

和食工房 新

住所
大分県日田市丸の内町4-19
交通
JR久大本線日田駅から徒歩20分
料金
豆水鍋=2160円/ランチ=1500円・1800円・2300円/おまかせコース(夜)=3500円・4500円・5500円/

三久

日田に来たら食べたい焼きそば
ゆでた生麺を鉄板でパリパリに焼く「日田焼きそば」の名店。2種類の小麦粉を配合したこだわりの自家製麺は、表面がパリッ、中はもっちり弾力のある食感が楽しめる。香ばしいソースは、やや甘めの味付けでファンが多い。
MENU
ラーメン550円
生玉子入りやきそば730円

三久

日田焼きそば
やや甘めのタレで味を付けたやきそば(680円)

奥豆田四季の里

四季折々の食材を心のこもった創作料理で
鮎の釜飯が名物の店。鮎の釜飯セットは、注文が入ってから目の前で30分かけて炊き上げる。山里御膳につく、季節によって内容が変わるグラタンも評判。
MENU
山水手箱2160円
山里御膳3240円

奥豆田四季の里

大きな柱が印象的なアプローチ

奥豆田四季の里

鮎料理
鮎を丸ごと釜飯にした鮎の釜飯セット(2160円)

奥豆田四季の里

住所
大分県日田市城内新町1779
交通
JR久大本線日田駅からタクシーで5分
料金
鮎の釜飯=2160円/山水手箱=2160円/会席=3240円/

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください