トップ > 全国 > 北海道 > 札幌・函館・旭川 > 函館・道南 > 函館・大沼 > 湯の川温泉 > 函館市 熱帯植物園

ハコダテシネッタイショクブツエン

函館市 熱帯植物園

湯の川温泉 / 植物園

南国の珍しい植物が見られる

源泉を利用した熱帯植物園。多角形の園内の温室では熱帯性植物約300種、3000本を栽培。屋外では12月からGWまで、さる山で温泉に入る猿の姿が見られる。足湯もある。

函館市 熱帯植物園の画像 1枚目
函館市 熱帯植物園の画像 2枚目
函館市 熱帯植物園の画像 3枚目
函館市 熱帯植物園の画像 4枚目
函館市 熱帯植物園の詳細情報
住所
北海道函館市湯川町3丁目1-15 (大きな地図で場所を見る)
電話
0138-57-7833
交通
JR函館本線函館駅から函館バス日吉営業所行きで20分、熱帯植物園前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:30~18:00(閉園、時期により異なる)
休業日
無休(12月29日~翌1月1日休)
料金
大人300円、小・中学生100円 (市内在住または在学の小・中学生、小学校就学前の幼児等は無料、団体20名以上は大人240円、小・中学生80円、障がい者手帳持参で市内在住の障がい者は入園無料、市内在住の65歳以上は証明書持参で半額)
駐車場
あり | 台数:124台 | 無料
ID
1002561

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

函館市 熱帯植物園と同じエリアの記事

函館必食グルメ!【塩ラーメン】シンプルだけど奥深い味!

北海道三大ご当地ラーメンのひとつである函館の塩ラーメン。シンプルな一杯だけに、店ごとのこだわりがストレートに表現される。

【北海道】感動の絶景スポットに会いに行く!

カラフルな花々や神秘的な水景色、季節限定の風景…。スケールの大きさが魅力の北海道の絶景に会いに行こう。

函館【湯の川】お宿のお風呂と老舗の銭湯のお湯比べ!

湯の川温泉自慢の湯で旅の疲れを癒そう。ホテルや旅館の日帰り温泉と地元っ子御用達の銭湯。どちらがお好み?

函館【湯の川】で人気! おすすめの観光・グルメスポット

「函館の奥座敷」と呼ばれた名湯地・湯の川。旅館や銭湯で湯浴みを楽しんだあとは、石川啄木・土方歳三ゆかりのスポットをめぐる歴史散策にでかけてみよう。散策途中に立ち寄れる、チョイ食べグルメも充実。おなかも...

【函館】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

北海道【函館・道南】季節のイベントをチェック! いつ行くか決めよう!

~イベントとからめて観光するのもOK~季節によって楽しみ方はさまざま。時期によっては予算も変わるので、それらを考慮して日程を決めよう。

【函館・道南】旬の話題をチェック!とれたてニュース!

函館らしいロケーションを生かした新スポットのオープンやリニューアルなど新たなニュースが駆け巡る函館・道南エリア。話題に乗り遅れないように、最旬情報をチェックしよう!

函館雑学!【土方歳三の生涯】幕末に生きた男の軌跡

【北海道】函館グルメといえば…塩ラーメン! 地元で愛される名店はここ!

北海道三大ご当地ラーメンのひとつである函館の塩ラーメン。塩ラーメンは特にシンプルな味わいだけに、店ごとのこだわりがストレートに感じられるはず。事前に好みの味をしっかりリサーチして、自分だけの一杯に出会...

【函館空港】徹底ガイド!新たなコンセプトショップがオープン!

空の玄関口・函館空港は北海道銘菓と雑貨みやげが充実!なかでもおしゃれな雑貨を豊富にそろえる「函と館」のここでしか買えない限定おみやげは必見。
もっと見る

函館市 熱帯植物園の近くのスポット

函館市 熱帯植物園のエリア × テーマ

トップ > 全国 > 北海道 > 札幌・函館・旭川 > 函館・道南 > 函館・大沼 > 湯の川温泉
トップ > 見どころ・レジャー > レジャー施設 > 植物園
トップ > 全国 x 植物園 > 北海道 x 植物園 > 札幌・函館・旭川 x 植物園 > 函館・道南 x 植物園 > 函館・大沼 x 植物園 > 湯の川温泉 x 植物園