トップページ > 函館市 熱帯植物園

ハコダテシ ネッタイショクブツエン

函館市 熱帯植物園

南国の珍しい植物が見られる

源泉を利用した熱帯植物園。多角形の園内の温室では熱帯性植物約300種、3000本を栽培。屋外では12月からGWまで、さる山で温泉に入る猿の姿が見られる。足湯もある。

住所
北海道函館市湯川町3丁目1-15(大きな地図で場所を見る)
電話
0138-57-7833
交通
JR函館本線函館駅から函館バス日吉営業所行きで20分、熱帯植物園前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:30~18:00(閉園、時期により異なる)
休業日
無休(12月29日~翌1月1日休)
料金
大人300円、小・中学生100円(市内在住または在学の小・中学生、小学校就学前の幼児等は無料、団体20名以上は大人240円、小・中学生80円、障がい者手帳持参で市内在住の障がい者の方は入園無料、市内在住の65歳以上は証明書持参で半額)
駐車場
あり | 台数:124台 | 無料
ID
1002561
エリア
全国 | 北海道 | 札幌・函館・旭川 | 函館・道南 | 函館・大沼 | 湯の川温泉
テーマ
観光・レジャー | レジャー施設 | 植物園
エリア × テーマ
全国 x 植物園 | 北海道 x 植物園 | 札幌・函館・旭川 x 植物園 | 函館・道南 x 植物園 | 函館・大沼 x 植物園 | 湯の川温泉 x 植物園
エリア
全国 | 北海道 | 札幌・函館・旭川 | 函館・道南 | 函館・大沼 | 湯の川温泉
テーマ
観光・レジャー | レジャー施設 | 植物園
エリア × テーマ
全国 x 植物園 | 北海道 x 植物園 | 札幌・函館・旭川 x 植物園 | 函館・道南 x 植物園 | 函館・大沼 x 植物園 | 湯の川温泉 x 植物園

同じエリアに関連する記事

函館スイーツをいただきます!人気店のできたてスイーツを食べに行こう!

函館周辺は卵や牛乳などお菓子作りに欠かせない食材が豊富。伝統の和菓子からオシャレな洋菓子まで厳選素材が使われたスイーツを食べに行こう!

【函館】おすすめの宿!エリア別にチェック!

アクセス良好なシティホテルや料理にこだわる温泉宿、隠れ家的宿など、函館・道南の宿は個性派ぞろい。お好みの宿で、旅の思い出の1ページを飾ろう。

【函館・道南】いつ行くか決めよう!季節のイベントをチェック!

~イベントとからめて観光するのもOK~季節によって楽しみ方はさまざま。時期によっては予算も変わるので、それらを考慮して日程を決めよう。

函館【湯の川】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

「函館の奥座敷」と呼ばれた名湯地・湯の川。旅館や銭湯で湯浴みを楽しんだあとは、石川啄木・土方歳三ゆかりのスポットをめぐる歴史散策にでかけてみよう。散策途中に立ち寄れる、チョイ食べグルメも充実。おなかも...

函館【湯の川温泉】海を眺める温泉宿

北海道三大温泉郷のひとつであり、漁火を望む露天風呂が名物。承応2(1653)年に開湯し、現在では年間180万人が宿泊する人気の温泉地に。こんなところ◎函館中心部や五稜郭にも行きやすい◎津軽海峡の漁火を...

【函館・道南旅行】2泊3日で行きたい!おすすめ観光スポット!

見る・食べる・遊ぶ・温泉など、魅力的な観光スポットが、いくつかのコンパクトなエリアにまとまっている函館・道南エリア。美しい風景や美味しい食べ物などをご紹介!

×