コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  函館【湯の川】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

函館【湯の川】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

by mapple

更新日:2018年6月3日

「函館の奥座敷」と呼ばれた名湯地・湯の川。旅館や銭湯で湯浴みを楽しんだあとは、石川啄木・土方歳三ゆかりのスポットをめぐる歴史散策にでかけてみよう。散策途中に立ち寄れる、チョイ食べグルメも充実。おなかも心も満たされる旅になること間違いなしだ。

湯巡り舞台(足湯)

地元市民御用達の足湯
市電湯の川温泉近くにある足湯。ゆっくり浸かっていると体がポカポカになると評判だ。タオルはないので持参しよう。【湯の川温泉】【所要10分】【遊ぶ】

1日1回浴槽全体の湯の入れ替えを実施

休憩スポットとしてにぎわう

屋根が付いているので雨の日でも利用OK

土方・啄木浪漫舘函館

ゆかりの人物について学べる
2人の生涯をまとめた記念館。土方が戦闘時に着用した頭巾などの展示のほか、啄木が教鞭を執った弥生尋常小学校の教室を再現している。【日乃出町】【所要1時間】【見る】

本物さながらの啄木ロボットが生徒や観客に語りかける浪漫シアター

漁火通沿いに建つシックな建物

湯倉神社

高台にある湯の川温泉発祥の地
湯倉神社の発祥は享徳2(1453)年。湧き湯で傷を癒した木こりが、お礼に小さな祠を建て、薬師如来を祀ったことが始まりといわれている。湯の川温泉発祥之地碑には温泉の歴史について記されている。【湯の川】【所要10分】【見る】

おみくじを釣り上げて引く「イカすおみくじ」300円がある

湯の川温泉の守り神として親しまれている

函館市熱帯植物園

南国の珍しい植物が見られる
アジアや中南米の熱帯植物約300種類が生い茂る植物園。珍しい植物も見られる。水の広場や足湯、幼児用遊具などもある。【湯の川温泉】【所要1時間】【見る】

冬には温泉に入るサルを見られることでも有名

園内の展望台からは植物園の全体を見渡せる

啄木小公園

啄木が愛した大森浜
石川啄木が生前に散策して歌を作ったという大森浜をバックに、彼の坐像が建てられている。ベンチもあり、海を見ながらゆっくりと休憩することができる。【日乃出町】【遊ぶ】

彫刻家・本郷新によって制作・寄贈された啄木像

津軽海峡に沈む美しい夕日が眺められる絶景ポイント

函館元祖バスラーメン

移動式の名物ラーメン店
26人乗りのバスの車体を店舗として利用し、ラーメンなどを販売してまわる店。昼はイベントなど予約に対応することが多く、湯の川温泉街では夜のみの営業。【湯の川温泉】【予算:夜700円〜】【食べる】

塩ラーメン700円。函館らしいあっさりスープ

20時から湯の川観光ホテル 祥苑近くで営業している

Restaurant Assiette Caprice

海の近くに建つ隠れ家レストラン
手ごろな値段の料理が多く、一人でもふらりと立ち寄ることのできるレストラン。旬の素材でその日のメニューが決まるので、食の一期一会が楽しめるのも特徴だ。【湯の川温泉】【予算:昼1300円〜、夜1500円〜】【食べる】

ディナーは季節の食材で作るアラカルトが中心。ワインと一緒に楽しもう

コーヒールームきくち

シャリシャリ感がたまらない!
昭和56(1981)年創業の老舗コーヒーショップ。店先でテイクアウトできるソフトクリームが人気で、地元では知らない人がいないくらい有名。ややシャーベット状でシャリシャリとした食感が特徴だ。【湯の川温泉】【買う】

一番人気のモカソフト。店内では310円で食べることができる

どこか懐かしさを感じる黄色い外壁が目印

銀月

地元客から愛されるお団子
地元客に人気の名物団子店。北海道産米100%の上新粉を使用した「串団子」は、口の中でとろけるようなやわらかさ。夕方早くには売り切れてしまうこともしばしば。【湯の川温泉】【買う】

味はしょうゆ、ごま、あんに季節の味が加わることも。1本108円

昭和41(1966)年創業

後藤精肉店

売り切れ必至のお惣菜
創業90年以上の精肉店。新じゃがや越冬芋など、季節ごとに旬の芋を使用したコロッケと、昆布醤油の風味が味のポイントになっているメンチカツが人気だ。【湯の川】【買う】

メンチカツ1個75円

市電通沿いに位置する

まだまだあります!湯の川エリア周辺おすすめスポット

湯の川周辺には魅力的な場所がたくさん。行き帰りの途中に、気になった場所へ足を運んでみよう!ちょっとディープな函館に出会えるかも。

天使の聖母 トラピスチヌ修道院

西欧の古城を思わせる日本初の女子観想修道院
明治31(1898)年、8人の修道女により創設された。現在の建物は、昭和2(1927)年に再建されたもので、院内では現在も修道女が生活を送っている。修道院内部の見学はできないが、前庭、ルルドの洞窟、「旅人の聖堂」などは見学することができる。

聖堂の前庭からは函館の街並みや海がよく見渡せる

敷地内に立つ聖テレジア像

12角形の小さな建物「旅人の聖堂」。内部は見学可能

マダレナ(12個入り)1600円。シンプルな原料で作ったフランスの伝統菓子

ルルドの洞窟

フランス南西部の小さな町・ルルドで、聖母マリアのお告げに従って掘り当てた泉が、さまざまな病気を治したという言い伝えに基づくもの。マリア像を見上げ、ひざまずいているのが、お告げを聞いた少女ベルナデッタ像だ。

見晴公園

北海道唯一の国指定文化財庭園がある
明治31(1898)年頃から、呉服商の岩船峯次郎が造成した、日本庭園「香雪園」がある。国の名勝に指定されており、書院風の園亭など、見どころも多い。

秋は紅葉の名所になる

函館牛乳 あいす118

丘の上で牛にふれ合える
函館牛乳の工場敷地内にある施設。敷地内の牧場では仔牛哺乳体験(1週間前までの要予約)や餌やり体験ができる。また、新鮮な牛乳を使うソフトクリームは、栄養を損なわぬよう、最低限の手しか加えておらず、牛乳本来の濃厚な味わいを楽しめる。

津軽海峡を見下ろす丘の上にある

新鮮な牛乳をたっぷり使用した濃厚な味わいのソフトクリーム 300円

抹茶とミルクのミックスにあんこや白玉が入るあずきサンデー 380円

餌やり体験

餌(100円)を購入し、敷地内の育成牛の放牧場で飼われている牛にあげることができる。工場内ではガラス越しの工場見学や資料の展示もあり、子どもも大人も楽しめる。

夏期は工場見学もできる

空港緑地 高松展望広場

目の前を飛行機が行き交う大迫力の公園
函館空港のターミナルから500mほどのところにある公園。函館空港に駐機中の飛行機や離発着の姿を大迫力で楽しめる。飛行機が離陸するさまを模した浅い水場もあり、地元の人の憩いの場所になっている。

あらかじめ運航スケジュールを調べておけば、迫力満点の離発着シーンを撮影できる

敷地中央の水場は浅くなっていて、夏には水遊びをする子どもも

筆者:mapple

まっぷる函館 大沼・松前・江差’19

発売日:2018年02月14日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる函館 大沼・松前・江差'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×