トップ > 全国 > 東北 > 北東北 > 弘前・津軽半島 > 弘前・岩木山 > 弘前市街 > 津軽藩ねぷた村

ツガルハンネプタムラ

津軽藩ねぷた村

ねぷたの迫力を体感しよう

弘前ねぷたまつりや津軽三味線生演奏、津軽民芸品製作実演など津軽をまるごと体験可能。青森県内の土産や特産品を取り扱う売店、津軽の郷土料理などを提供する食事処も充実。

住所
青森県弘前市亀甲町61 (大きな地図で場所を見る)
電話
0172-39-1511
交通
JR奥羽本線弘前駅から弘南バス浜の町・石渡方面行きで12分、亀甲町角下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(最終入場、津軽三味線生演奏最終演奏4~11月は16:50、12~翌3月は16:00)
休業日
無休
料金
入村料=無料/施設見学=大人550円、中・高校生350円、小学生220円、幼児(3歳以上)110円/(25名以上の団体と障がい者は大人450円、中・高校生300円、小学生200円、幼児(3歳以上)100円)
駐車場
あり | 台数:200台 | 有料 | 1時間220円、以後30分ごとに110円、施設利用で1時間無料(利用内容により最大2時間無料)、弘前公園イベント開催時は別料金体系の場合あり
ID
2000078

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

同じエリアに関連する記事

青森【弘前】観光おすすめスポット&交通手段をチェック!

弘前城が見守る街には、明治から大正期に建てられた洋館や教会が点在し、レトロな雰囲気。和と洋が調和する街を訪ねよう。

【弘前】フォトジェニックスポットをチェック!

青森県が輩出した芸術家のアート作品や和モダンな建物など、弘前には思わず撮影したくなるようなスポットがたくさん点在している。カメラ片手におさんぽコースから少しはずれて探してみよう。

【弘前】りんごの街でアップルパイを食べ比べ!

りんごの生産量日本一の弘前市には、自慢のりんごを使ったスイーツも豊富。とくにアップルパイは、お店のこだわりが詰まった一品。あなたのお気に入りはどれ?

【青森】春夏秋冬のイベント・旬をまるごとチェック!

いざ青森へ!と決まると気になる気候をここで確認。四季ごとのイベント・旬食材も盛りだくさんなので併せて見ていこう。

【弘前】レトロ&モダンカフェのこだわりメニューと空間

弘前には古い街並みに溶け込むカフェが点在。歴史ある建物をリノベーションしたカフェや弘前っ子御用達のブームなカフェまで、そのこだわりを楽しもう。

【青森】旅の魅力を探る5つのキーワードをチェック!

移り行く季節ごとに異なる表情を見せる絶景や祭り。アート作品や歴史的建造物に見る素敵な意匠、外せない温泉やグルメ。青森独自の方言をキーワードに、青森の魅力を探ろう!

青森【弘前】岩木山麓ドライブ! パワスポ&温泉めぐりコース!

岩木山に抱かれた軽快なドライブロード観光地として整備されながらも、信仰の対象としての存在も大きい岩木山。絶景を見渡しながら、点在するパワースポットや癒しの温泉をめぐって、英気を養う旅にでかけよう。

【青森】早わかり!人気エリアの見どころをチェック!

本州の最北端に位置する青森県。各エリアの位置と特徴をおさえよう!

【弘前ねぷたまつり】見どころをチェック!

夏の夜、弘前の街に力強いお囃子が響き渡る。お囃子のなかゆったり進むのは武者絵を題材にした巨大なねぷた。戦いに赴く様子を表現した勇壮な祭りに飛び込み、津軽の夏を満喫したい。

青森【弘前】フレンチ贅沢ランチ♪ 洋館の街で味わう!

フレンチ激戦区である弘前には、グルメたちをうならせるレストランがいっぱい。腕自慢のシェフが陸奥湾の新鮮な魚、大地がはぐくんだ野菜で作る華麗な一皿を味わいに行こう!

エリア × テーマ

トップ > 全国 >  東北 >  北東北 >  弘前・津軽半島 >  弘前・岩木山 >  弘前市街
トップ > 見どころ・レジャー >  文化施設 >  資料館・文学館など
トップ > 全国 x 資料館・文学館など >  東北 x 資料館・文学館など >  北東北 x 資料館・文学館など >  弘前・津軽半島 x 資料館・文学館など >  弘前・岩木山 x 資料館・文学館など >  弘前市街 x 資料館・文学館など

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください