コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【弘前】人気おすすめスポット!見る、食べる、買う!

【弘前】人気おすすめスポット!見る、食べる、買う!

by mapple

更新日:2018年4月3日

古くから津軽の小京都として親しまれてきた街。東北随一の美しさを誇る桜の名所・弘前公園のほか、明治〜大正期に建てられたレトロな建造物が多く残るのも魅力。

最勝院五重塔

東北随一の美しさといわれる塔
本州最北の国指定重要文化財の五重塔。津軽藩創設以来の戦死者を、敵味方区別なく供養するために、寛文6(1666)年に建立された。東北地方一の美塔と称讃されている。

新仁王門から入ると左手に五重塔が建っている

禅林街

33もの寺院が建ち並ぶ寺町
慶長15(1610)年に二代藩主・津軽信枚が、弘前城の南西の砦として津軽一円から主要な曹洞宗の寺院を集めたエリア。禅寺が並んでいることからその名がつき、一帯は国指定史跡となっている。

並木道に沿って多数の寺院が連なり、おごそかな雰囲気が漂う

山車展示館

藩政時代の山車を見学できる
藩政時代、弘前八幡宮祭礼の神輿の露払いをした山車などを展示。人形は京都や江戸の影響が見られるという。弘前ねぷたまつりで出陣する、津軽情っ張り大太鼓も展示されている。

現存する貴重な7つの山車が展示されている

弘前市立博物館

弘前市の歴史をわかりやすく紹介
弘前市の原始から近現代までを、各時代を特徴づける12のテーマを設定して、パネルと資料でわかりやすく紹介しているほか、さまざまな企画展を開催している。

世界的建築家のル・コルビュジエに師事した前川國男による建築

翠明荘

芸術品のように美しい懐石料理
明治28(1895)年築の建物は、屋久杉の一枚板の天井など見事な内装。庭園を見ながら、旬の食材を繊細な技で調理した奥膳懐石料理がいただける。ランチ懐石4320円〜、夜は8640円〜。

総檜入母屋造りの建物と枯山水の庭園が見事

すずめのお宿

会席料理で津軽の四季を楽しむ
弘前周辺の野山で採れた山菜、津軽西海岸や陸奥湾産の魚介など、津軽の四季が感じられるコース料理が人気の会席料理店。昼食は1944〜3240円、夜のコースは3240〜7560円。

その日に仕入れた食材で料理の内容を決める

郷土料理 しまや

家庭的なもてなしと料理が魅力
津軽の家庭料理でもてなしてくれる居酒屋。カウンターの上には旬の魚や野菜、山菜を使った惣菜が並ぶ。ハタハタなどの炉端焼や季節によって違う魚のじゃっぱ汁864円もある。

津軽の素材を生かした家庭的な味が楽しめる

居酒屋 土紋

昔ながらの家庭料理が味わえる
イカの身とゲソに玉ねぎと片栗粉で作る人気メニューのイカメンチは、店主が子どもの頃から食べてきたおふくろの味。1日に10人前しか作れないので早めの来店がおすすめ。

残ったイカを細かく刻んで野菜と一緒に調理するイカメンチ540円

オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ

食材作りから手がけるイタリアン
農園での種植えから仕込みを始め、野菜や生ハム、チーズ、ワインまでを素材から作り出し、地産地消を実践。イタリアで修業したシェフによる旬の味が詰まった料理を楽しめる。

おまかせコース(10004円)では七戸産健育牛がいただける

Point Rouge

ワインと料理を気軽に楽しめる
パリの路地裏にあるカフェをイメージさせる、おしゃれなたたずまい。前菜、ピッツァ、パスタなどの料理と、それによく合うワインが充実している。デートでも一人で訪れても楽しめる。

シェフ自慢の若鶏のコンフィ1080円がおすすめ料理

BAR侍庵

旅の夜を過ごしたい上質のバー
かくみ小路にひっそりとたたずむバー。重厚なカウンターのほか、店内にはソファーやテーブルが配され、くつろげる空間。オリジナルカクテルをいただこう。おすすめはブラッディ・タメノブ1000円。

好みを伝えてカクテルを作ってもらうのもいい

BAR BLOCK HOUSE

カクテルで楽しむ弘前の四季
1階のカウンター席、ほの暗さがここちよい2階のテーブル席、隠れ家的な3階のロフトと、TPOに合わせて利用できる。地シードルを使ったオリジナルカクテル1000円〜が人気。

フードメニューもあり、軽く腹ごしらえできる

珈琲時代屋

レトロな建物にある老舗カフェ
木のカウンターが印象的な店内にはコーヒーの香りが漂い、古い喫茶店ならではの風情がある。注文を受けてからママが一杯ずつ落とすコーヒー400円はもちろん、手作り軽食メニューも人気。

弘前で最も古い鉄筋コンクリート建築の「三上ビル」内にある

珈琲専科 壹番館

レンガアーチが印象的なカフェ
アンティーク調の家具でまとめられた店内は居ごこちがいい。コーヒーの味と香りをストレートに楽しむならブレンド、デザート気分なら生クリームなどでアレンジしたカフェマロン450円がおすすめ。

静かなコーヒータイムが過ごせると評判だ

パティスリー山崎

人気レストランが手がける洋菓子店
「レストラン山崎」直営のおみやげ店。世界で初めて自然栽培に成功したりんごを、さまざまなスイーツなどで販売するほか、レストランオーナーシェフによるメニューを冷凍食品として購入できる。

バナナケーキ1378円

旭松堂

名物のバナナ形の最中が人気
創業は大正5(1916)年。昭和初期に考案され、今も店の一番人気を誇るのがバナナ風味の餡を詰めた「バナナ最中」120円だ。りんごや桜にちなんだ菓子も見逃せない。

バナナ形の最中をほおばると、口の中にバナナの風味が広がる

菓子処寿々炉

青森ならではの素材を使う和菓子
青森県産のりんごや国産小豆、和三盆など、素材にこだわる和菓子が人気。代表菓子の寿々炉はふっくら炊いた大納言のきんつば風焼き菓子。店内では抹茶と生菓子のセットも味わえる。

寿々炉(12枚入)1004円

弘前こぎん研究所

江戸時代の伝統技術を後世へ
刺し子がルーツである津軽の伝統工芸、津軽こぎん刺しの普及に努めるほか、ハンドバッグや財布などを制作・販売している。なかでも手鏡1944円は人気商品。作業工程の見学もできる。

さまざまな刺し方で表現されているこぎん模様

みかみ工芸

実用性と美しさが備わった民芸品
昔は農閑期に農家の人々の余技として作られていたアケビつる細工や根曲がり竹細工を制作、販売する。津軽の自然素材で編み上げられた作品は、手作りのぬくもりがいっぱい。手提げ8640円〜。

アケビつる細工は使い込むほどに光沢が出る

温泉銭湯を利用しよう!

気軽に温泉が楽しめる
青森には温泉を利用した銭湯が多い。弘前周辺にも点在しているので、夜や早朝にひと足のばして、気持ちのいい風呂を楽しもう。

せせらぎ温泉

湯上がり後も体がぽかぽか温かい
内湯や露天風呂で楽しめる温泉は、ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉で、塩味がする茶色い湯。ロビーや洗い場も広く、開放感があって気持ちいい。ジャグジーや歩行浴などもある。

サウナや水風呂、打たせ湯など風呂が充実

白馬龍神温泉

泉質が自慢の湯に浸かろう
湯船には、泉質が自慢の赤茶色の湯があふれる。個室や広間を利用しての日帰り湯治も好評。部屋付の家族風呂も6室あり、ゆっくりくつろげる。

千枚田のように変形した浴槽は湯の効果の現れ

境関温泉

湯量豊富な天然温泉を満喫する
ナトリウム-塩化物泉のかけ流しの天然温泉。広々とした大浴場のほか、露天風呂、サウナ、貸し切りにできる家族風呂など温泉施設が充実。食事処や休憩室もあるのでのんびりできる。

冷え症、筋肉痛、神経痛などに効能がある天然温泉

新屋温泉

神秘的なエメラルドグリーンの湯
浴槽を満たすのは、アルカリ性単純温泉の緑色の湯。ぬるぬる感のある湯は、美肌効果を求める女性にも人気がある。神経痛や皮膚病などの湯治客も多い。

見るからに効果がありそうな緑色の湯があふれる

西目屋村へ行こう!

弘前からひと足のばして
弘前から車で30分ほどに位置する西目屋村は、白神山地のふもと、緑豊かな村。近年、BUNACOの工場が誕生したり、自然を満喫できるアクティビティが登場したりと話題のエリアへ出かけよう!

BUNACO 西目屋工場

BUNACO製作体験もできる
弘前発の工芸ブランド・BUNACO製品を製作している工場。廃校を利用した工場では製作の様子が見学できるほか、製作体験も実施。BUNACO製品で飾られたカフェでの休憩もおすすめ。

BUNACOが作られる様子を見学したあとは、ぜひ実際にBUNACOを作ってみよう。製作体験は24㎝のボウルを、職人の手ほどきを受けながら作る。体験料は8640円に完成品の送料が別途かかる。要事前予約。

ブナ材を厚さ約1㎜のテープ状に加工し巻き重ね、湯のみ茶碗で成型する

製作体験では実際の工程と同じく、湯のみ茶碗を使ってボウルを作る

「食べられるBUNACO」と話題の青森すりおろしリンゴのしっとりバウム700円

ダムレイクツアー

水陸両用バスで湖へ!
水陸両用バスで白神山地のふもと・津軽白神湖を水上散歩するツアーを実施。春は新緑を、秋は紅葉を楽しむことができる。空席があれば当日でも乗車可能だが、事前予約がベター。

運行時間などはホームページをチェック

筆者:mapple

まっぷる青森 弘前・津軽・十和田’18

発売日:2017年12月08日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×