トップ > 東北 > 北東北 > 弘前・津軽半島 > 弘前・岩木山 > 弘前市街 > 

【弘前】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

まっぷるマガジン編集部

更新日:2018年7月30日

この記事をシェアしよう!

【弘前】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

古くから津軽の小京都として親しまれてきた街。東北随一の美しさを誇る桜の名所・弘前公園のほか、明治〜大正期に建てられたレトロな建造物が多く残るのも魅力。

最勝院五重塔

東北随一の美しさといわれる塔
本州最北の国指定重要文化財の五重塔。津軽藩創設以来の戦死者を、敵味方区別なく供養するために、寛文6(1666)年に建立された。東北地方一の美塔と称讃されている。

最勝院五重塔

新仁王門から入ると左手に五重塔が建っている

最勝院五重塔

住所
青森県弘前市銅屋町63
交通
JR奥羽本線弘前駅から弘南バス新寺町方面行きで15分、弘高前下車すぐ
料金
無料

禅林街

33もの寺院が建ち並ぶ寺町
慶長15(1610)年に二代藩主・津軽信枚が、弘前城の南西の砦として津軽一円から主要な曹洞宗の寺院を集めたエリア。禅寺が並んでいることからその名がつき、一帯は国指定史跡となっている。

禅林街

並木道に沿って多数の寺院が連なり、おごそかな雰囲気が漂う

禅林街

住所
青森県弘前市西茂森
交通
JR奥羽本線弘前駅からタクシーで20分
料金
情報なし

山車展示館

藩政時代の山車を見学できる
藩政時代、弘前八幡宮祭礼の神輿の露払いをした山車などを展示。人形は京都や江戸の影響が見られるという。弘前ねぷたまつりで出陣する、津軽情っ張り大太鼓も展示されている。

山車展示館

現存する貴重な7つの山車が展示されている

山車展示館

住所
青森県弘前市下白銀町2-1追手門広場内
交通
JR奥羽本線弘前駅から弘南バス土手町循環弘前バスターミナル行きで15分、市役所前下車すぐ
料金
無料

弘前市立博物館

弘前市の歴史をわかりやすく紹介
弘前市の原始から近現代までを、各時代を特徴づける12のテーマを設定して、パネルと資料でわかりやすく紹介しているほか、さまざまな企画展を開催している。

弘前市立博物館

世界的建築家のル・コルビュジエに師事した前川國男による建築

弘前市立博物館

住所
青森県弘前市下白銀町1-6
交通
JR奥羽本線弘前駅から弘南バス土手町循環弘前バスターミナル行きで15分、市役所前下車、徒歩5分
料金
大人280円、高・大学生140円、小・中学生80円、特別展は別料金(20名以上の団体は大人210円、高・大学生100円、小・中学生40円、弘前市在住の65歳以上無料、弘前市在住の障がい者無料)

翠明荘

芸術品のように美しい懐石料理
明治28(1895)年築の建物は、屋久杉の一枚板の天井など見事な内装。庭園を見ながら、旬の食材を繊細な技で調理した奥膳懐石料理がいただける。ランチ懐石4320円〜、夜は8640円〜。

翠明荘

総檜入母屋造りの建物と枯山水の庭園が見事

すずめのお宿

会席料理で津軽の四季を楽しむ
弘前周辺の野山で採れた山菜、津軽西海岸や陸奥湾産の魚介など、津軽の四季が感じられるコース料理が人気の会席料理店。昼食は1944〜3240円、夜のコースは3240〜7560円。

すずめのお宿

その日に仕入れた食材で料理の内容を決める

すずめのお宿

住所
青森県弘前市桶屋町55-4
交通
JR奥羽本線弘前駅から弘南バス土手町循環弘前バスターミナル行きで12分、中土手町下車、徒歩5分
料金
昼食=2100~4320円/コース(夜)=3250~7560円/お造り定食=2160円/

郷土料理 しまや

家庭的なもてなしと料理が魅力
津軽の家庭料理でもてなしてくれる居酒屋。カウンターの上には旬の魚や野菜、山菜を使った惣菜が並ぶ。ハタハタなどの炉端焼や季節によって違う魚のじゃっぱ汁864円もある。

郷土料理 しまや

津軽の素材を生かした家庭的な味が楽しめる

郷土料理 しまや

住所
青森県弘前市元大工町31-1
交通
JR奥羽本線弘前駅から弘南バス土手町循環弘前バスターミナル行きで13分、大学病院前下車すぐ
料金
じゃっぱ汁=700円~/湾内マグロ刺身=1000円~/身欠き煮・和え物・お惣菜=各400円~/焼き魚=500円~/山菜の天プラ盛り合わせ=1000円~/
1 2 3

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください