トップ > 全国 > 東北 > 北東北 > 八戸・下北半島 > 八戸 > 八戸市水産科学館マリエント

ハチノヘシスイサンカガクカンマリエント

八戸市水産科学館マリエント

八戸 / 科学館・学習館

八戸近海の生き物について学べる

ウミネコやイカなど、海の生物をさまざまな角度から紹介する施設。3階展示室の大水槽では、八戸近海の魚を観察できる。地球深部探査船「ちきゅう」に関する展示も行なっている。

八戸市水産科学館マリエントの画像 1枚目
八戸市水産科学館マリエントの画像 2枚目
八戸市水産科学館マリエントの画像 3枚目
八戸市水産科学館マリエントの詳細情報
住所
青森県八戸市鮫町下松苗場14-33 (大きな地図で場所を見る)
電話
0178-33-7800
交通
JR八戸線鮫駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00頃(閉館、時期により異なる)
休業日
不定休
料金
大人300円、高校生200円、小・中学生100円 (20名以上の団体は半額、65歳以上半額、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名半額)
駐車場
あり | 台数:80台 | 無料
ID
2000612

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

八戸市水産科学館マリエントと同じエリアの記事

八戸【TOHOKU EMOTION】列車旅を楽しもう!

JR東日本が誇る数々のイベント列車のなかでも、予約が殺到する人気のTOHOKUEMOTION。列車がまるごとレストランという空間で、料理と景色を心ゆくまで堪能しよう!

種差海岸 三陸復興国立公園 天然の芝生が広がる美しい海岸を散策

三陸復興国立公園の北の玄関口である種差海岸は、砂浜と荒々しい磯浜が交ざり合う独特の景観が広がっています。そんな種差海岸は散策するのにピッタリな場所です。変化に富んだ海岸線や、季節の草花を眺めながら散策...

「青森」の縄文遺跡群を旅する①〜圧倒的スケール!青森市・八戸市編〜

2021年7月に「北海道・北東北の縄文遺跡群」が、世界文化遺産に登録されました!縄文時代は、1万年以上争いなく続いた日本独自の文化。「北海道・北東北の縄文遺跡群」は、青森県を中心に、北海道・岩手県・秋...

【青森】見たい!食べたい!旅のモデルーコース

広くて見どころが多い青森。青森ビギナーにおすすめしたい弘前・青森タウンの1泊プランをベースに、「見たい」「食べたい」を叶えるプランを追加して、自分だけの旅をつくろう。

【奥入瀬・十和田湖畔】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

四季を通して神秘的な美しさを見せる十和田湖。そこから東に流れる奥入瀬渓流は、多くの文人にも愛された景勝地。自然のパワーみなぎる癒しのエリアだ。

青森【八戸名物】朝市の満喫ポイントをチェック!

港町・八戸は朝早くから活気にあふれた市場が開き、威勢のいい声が響き渡る。地元のお母さんたちとふれあい、元気いっぱいの八戸を朝から満喫しよう。

青森【八戸】八食センターでグルメ・ショッピングを楽しむ!

青森県八戸の人気スポット、八食センターをご紹介!獲れたての海の幸を筆頭に、めぇもの(おいしいもの)が豊富な港町八戸。おみやげを買ったり食事を楽しんだり、八戸の旬の味覚が集まる大型市場にぜひ立ち寄ろう!

【青森】早わかり!人気エリアの見どころをチェック!

本州の最北端に位置する青森県。各エリアの位置と特徴をおさえよう!
もっと見る

八戸市水産科学館マリエントのエリア × テーマ

トップ > 全国 > 東北 > 北東北 > 八戸・下北半島 > 八戸
トップ > 見どころ・レジャー > 文化施設 > 科学館・学習館
トップ > 全国 x 科学館・学習館 > 東北 x 科学館・学習館 > 北東北 x 科学館・学習館 > 八戸・下北半島 x 科学館・学習館 > 八戸 x 科学館・学習館