コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  青森【八戸】八食センターの楽しみ方をチェック!

青森【八戸】八食センターの楽しみ方をチェック!

by mapple

更新日:2018年4月4日

獲れたての海の幸を筆頭に、めぇもの(おいしいもの)が豊富な港町八戸。おみやげを買ったり食事を楽しんだり、八戸の旬の味覚が集まる大型市場にぜひとも立ち寄ろう!

八食センター

八戸港で水揚げされたばかりの魚介や、採れたての野菜が数多く並ぶ市民市場。市場内の食材を使った飲食店も多く、地元客も大勢訪れる。

アクセスには100円バスが便利

JR八戸駅と八食センターを結ぶ、便利な100円バスは途中下車もOK。八食センターと八戸中心街を200円以下でめぐるバスもある。

1時間1本9時~16時運行
※八食センター行き、目安

トレピチ魚介をお買い物

なんといっても最大の楽しみは、地元の人たちとふれあいながらの買い物。あまりの安さと楽しさで買い過ぎちゃうかも。

買った魚介を炭火焼き

新鮮な食材を手に入れたら、新鮮なうちに炭火焼きできるスペースが八食センターにはある!

1.受付を済ませて市場で食材をGET!

受付にて利用料を支払い、市場内で食材を買おう。「七厘村で焼いて食べる」と申し出ると、お店で焼きやすいようにさばいてもらえる。

受付時に調味料やトング、割り箸や紙皿などが借りられる

岩村商店で七厘セット1500円をGET

2.いざ炭火焼きスタート!

いよいよお気に入りの食材を焼いていこう。スタッフから焼き加減のアドバイスをもらうこともできる。

申し出れば炭や網の交換もしてもらえる

3.好みの焼き加減でいただきます!

好みの焼き加減になったらいただきます♪今回はほたてやカキ、ツブ貝などを焼いたが、センター内には牛肉を販売しているお店もあり、焼肉にすることもできる。食事後はごみを分別して終了。七厘はそのままでOKという手軽さもうれしい。

受付時に借りられるしょう油や塩こしょうでいただこう

八食センター七厘村

ここで焼く
八食センター内で買った新鮮な魚介や肉などを、炭火の七厘で焼いて食べられる人気の店。

市場めしをいただきます!

約600席の大飲食棟「厨スタジアム」で、新鮮ネタの寿司や海鮮丼、八戸の郷土料理など地元の味に舌つづみを打とう!

いちば亭

海の幸や郷土料理が楽しめる
八戸を代表する郷土料理「せんべい汁定食」や、新鮮な海鮮丼が食べられる。魚とご飯がうまい店としても人気で、持ち帰り弁当も好評。店内は広くゆったりとした造りで、子ども連れでも安心。

いちば亭DX丼(お吸い物付き) 1980円
ボタンエビやイクラなどが入る豪華な丼。基本は白飯だが、追加料金なく酢飯に変更することもできる

せんべい汁(地鶏しょうゆ味)680円
コンロにセットされた状態で提供され、お好みの火加減で自分でせんべいを割り入れていただく

カウンターやテーブル席、座敷がある

八食市場寿司

新鮮なネタがウリの行列店
八食センター内で人気の、広々とした回転寿司。新鮮な地元のネタを使ったメニューが多く、休日は行列ができるほど。日替わりメニューやセットメニューも要チェック。

ウニセット1000円
バフンウニとムラサキウニがいただける豪華な一皿

真イカ 300円
噛むほどにイカの甘みが広がる

ヒラメのえんがわ 800円
白身のうまさを堪能できる

サバ三昧 500円
八戸名物のサバを生、シメ、炙りシメで食べ比べ

いちご煮 800円
ウニとアワビが楽しめる贅沢な郷土料理

持ち帰り寿司も実施中

八戸ならではのおみやげ探し

地元八戸や青森の特産品を生かした、加工品もたくさんそろう。旅の思い出をいっぱい持ち帰ろう。

八戸真鯖(水煮・味噌煮) 370g
八戸前沖で水揚げされた、新鮮なサバのおいしさをそのまま閉じ込めた缶詰

八戸名産 いちご煮 415g
身が締まった八戸のウニとアワビを煮た吸い物。シンプルで奥深い味わいが好評

ねぶた漬 250g・500g
山海の幸をねばり昆布で漬け込んだ青森の郷土料理。ご飯にもお酒のお供にもぴったり

TACCOLA 200㎖
にんにくとコーラを組み合わせた新感覚飲料。ご当地ドリンクとして注目の一本

スタミナ源たれ
青森産のりんごとにんにくを使用。県民の家には必ずあるのでは!?といわれるほどメジャーな商品

チーズといかのハーモニー なかよし 50g・80g・120g・200g
八戸のイカで、デンマーク産のチーズをサンドした珍味。チーズはプロセス、カマンベール、ブラックペッパーの3種

筆者:mapple

まっぷる青森 弘前・津軽・十和田’18

発売日:2017年12月08日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる日光・那須 鬼怒川・塩原'19」です。掲載した内容は、2017年10月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×