コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【奥入瀬・十和田湖畔】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

【奥入瀬・十和田湖畔】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

by mapple

更新日:2018年4月4日

四季を通して神秘的な美しさを見せる十和田湖。そこから東に流れる奥入瀬渓流は、多くの文人にも愛された景勝地。自然のパワーみなぎる癒しのエリアだ。

十和田湖冬物語

冬の幻想的な十和田湖を満喫!
2月上旬〜下旬に開催される冬の十和田湖の風物詩。スノーランプで彩られた会場内には雪像やかまくらが作られる。毎日打ち上げられる冬花火も見ものだ。

スノーランプの淡い光がムードを盛り上げる

乙女の像もライトアップされ幻想的な雰囲気に

十和田ビジターセンター

十和田・八甲田エリアの自然を紹介
十和田湖のジオラマや樹木、花、野鳥の模型を展示して自然情報をわかりやすく紹介している。大画面で表情豊かな四季の美しさが見られる。散策前に立ち寄って知識を深めたい。

バスターミナルや遊覧船乗り場も近い

十和田神社

湖畔にたたずむ歴史ある神社
大同2(807)年創建、日本武尊(やまとたけるのみこと)と湖の主・青龍権現が祀られており、坂上田村麻呂などの伝説が伝わる歴史ある神社。恐山とともに霊場として青森の信仰を集めてきた。

神殿や拝殿の夢を叶えるバクなどの彫刻も見ごたえ十分

巨木が出迎えるなか、神秘的な木立の参道を進む

旅ネタ! 十和田湖観光の拠点として観光客が多く訪れる休屋

十和田湖南部の湖畔に位置し、十和田湖を訪れるほとんどの人が立ち寄るエリア。観光施設や遊覧船の発着所、みやげ物店、レストラン、ホテルなどが並び、湖畔で最もにぎわっている。観光情報の収集や食事、遊覧船の利用以外にも、近くには自然林を探勝できるコースが整備されており、ウォーキングも楽しめる。

食事やみやげ探しはこのエリアで

十和田湖マリンブルー

クルーズしながら湖上ランチを
揺れにくい双胴船でのランチクルーズが人気で、40分コース3000円と50分コース5000円がある。入り江の奥に行けるのも小型の船ならでは。特別な空間でランチが楽しめる。

湖畔にはアップルパイが評判のカフェもある

遊魚荘

ニジマスのフルコースに満足
塩焼き、フライ、ぬた、刺身など、ニジマスを使った料理がフルコースで味わえる宿。とくに、新鮮だからこそ味わえる刺身は絶品。入浴付なので、食事のあとに温泉に入るのも楽しみ。

ニジマスのフルコース3500円(入浴付)

信州屋

青森県産牛のステーキが人気
2階にあるレストランでは、湖を見下ろしながら青森県産牛ステーキセット(200g)2950円やヒメマス料理、きりたんぽ鍋定食などがいただける。1階のみやげ物店ではヒメマスの燻製などを販売。

やわらかくジューシーな青森県産牛が味わえる

とちの茶屋

名物の天然ひめます料理が人気
十和田湖特産の、天然物のひめます料理がいただける。塩焼きのほか刺身もあり、脂がのって極上の味わいだ。県境にあるので、南部そばや稲庭うどん、きりたんぽ鍋など郷土料理もある。

天然ひめますの塩焼きは香ばしさが魅力。ひめます塩焼定食1750円

レストランやすみや

きりたんぽやヒメマス料理が自慢
遊覧船乗り場からほど近い食事処。あきたこまち100%のきりたんぽが自慢。比内地鶏のだしが効いたきりたんぽ鍋1080円〜でその味を楽しみたい。ヒメマス料理やマスの刺身もおすすめ。

比内地鶏のだしが効いたきりたんぽ鍋

石窯ピザ オルトラーナ

青森の旬野菜をたっぷり味わえる
青森県産の新鮮な野菜を主役にした石窯ピザやカレー、グラタンなどがいただける。ゴールデンウィーク以降の土・日曜、祝日と、7月中旬〜11月初旬まではビュッフェも楽しめる。

新鮮な野菜を使ったピザはどれも1枚1380円

暮らしのクラフト ゆずりは

大切に使いたい手作りの工芸品
青森・秋田・岩手を中心に、東北6県の工芸品を販売している。職人による籠細工をはじめ、漆器や木工品、ガラス細工、染織物など、どれも長く使っていきたい品物ばかり。

おしゃれで温かみのある工芸品ばかり

和テイストがかわいい刺し子のミニバッグ8640円〜

CLOSE UP キリスト渡来伝説とは

十和田湖畔から国道454号を車で50分ほどの新郷村には、ロマンあふれるキリスト伝説が受け継がれている。この墓は、キリストと、キリストの身代わりになった弟のものといわれる。詳しくは、墓のそばに建つ「キリストの里伝承館」でチェックしよう。

キリストの墓(キリストの里公園)

伝承のルーツは謎の古文書『竹内古文書』にある

筆者:mapple

まっぷる青森 弘前・津軽・十和田’18

発売日:2017年12月08日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる日光・那須 鬼怒川・塩原'19」です。掲載した内容は、2017年10月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×