トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 信州・清里 > 木曽谷 > 妻籠・馬籠 > 茶房ゑびや

サボウエビヤ

茶房ゑびや

栗の甘味でひと休み

格子戸越しに中山道の町並みを眺めながら、特産の栗を使った甘味が味わえる。なかでも栗がたっぷりと入った栗餡しるこや、甘さひかえめに仕上げた栗ぜんざいが人気だ。

住所
長野県木曽郡南木曽町吾妻2176-1 (大きな地図で場所を見る)
電話
0264-57-3054
交通
JR中央本線南木曽駅からおんたけ交通馬籠行きバスまたは保神行きで7分、妻籠下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
8:00~16:40(閉店17:00)
休業日
不定休(GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
栗ぜんざい=500円/栗餡しるこ=700円/抹茶・お菓子セット=500円/
ID
20010658

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

同じエリアに関連する記事

【信州】美味しいもの!里の恵みをいただきます♪

美しい山々や清流に恵まれ、四季の変化に富んだ長野県には、高原野菜を使った料理や個性豊かなそば、ご当地グルメ等々、輝くばかりの美食が満載だ!

【妻籠】見てふれて楽しむ木曽の伝統工芸!

中山道42番目の宿場町となる妻籠。中山道と伊那街道が交叉する山深いこの地は、古くから大きな賑わいを見せていた。出梁造やうだつ、格子戸を用いた歴史ある建物は、早くから景観保存運動で守られており、1976...

【木曽路】十一宿観光! 中山道の宿場の面影を今なお残す町をめぐろう

中山道において当時の面影が今もよく残っているのが木曽路にある十一宿。宿場をめぐって、しばし江戸時代へのタイムスリップ散歩を楽しもう。

【馬籠】江戸情緒あふれる宿場町をレトロさんぽ♪

五街道のひとつで江戸と京を結ぶ、かつて多くの大名や旅人に利用された中山道43番目の宿場町馬籠。山の斜面を登る石畳の坂道には、格子造りの民家や宿など、趣あふれる建物が軒を連ねる。また作家の島崎藤村の生誕...

【信州】季節のイベント&旬の食べ物をチェック!

信州では四季折々、素敵なイベントが盛りだくさん。花や食べ物の旬情報も逃さずチェックして、楽しい旅をさらに充実させよう。

【長野・山梨】信州満喫の観光旅行プラン♪ フォトジェニックな絶景&おすすめスポット

心癒される絶景の宝庫ともいえる信州で、特におすすめのプランをご紹介!絶景スポットに周辺の見どころを組み合わせた極上の旅へ出発!

【岐阜】どんなトコ?エリア&基本情報をチェック!

北部には雄大な山々がそびえ、清らかな木曽三川が流れるなど自然環境に恵まれた岐阜県。陶磁器や刃物といった地場産業も盛んで、訪れる人を楽しませる観光の魅力がたっぷり。本誌では北部の飛騨エリアと、南部の美濃...

エリア × テーマ

 >  >   >   >   > 
 >  >   > 
 >  >   >   >   > 

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください