コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【木曽路十一縮めぐり】中山道の宿場の面影を今なお残す

【木曽路十一縮めぐり】中山道の宿場の面影を今なお残す

by mapple

更新日:2018年6月28日

中山道において当時の面影が今もよく残っているのが木曽路にある十一宿。宿場をめぐって、しばし江戸時代へのタイムスリップ散歩を楽しもう。

木曽路

中山道沿いに宿場の文化が栄えた
中山道69宿のうち11宿が木曽谷にあり、今も風情ある宿場町の面影が色濃く残っている。木曽檜の美林や水辺の景勝なども魅力だ。

アクセス

[電車]
新宿駅
⇩ JR中央本線特急あずさ+JR中央本線特急しなの(塩尻駅乗り換え)3時間30分 7450円
木曽福島駅

[車]
長野自動車道塩尻IC
⇩ 20号線、19号線 約43km 1時間10分
木曽福島駅

[問い合わせ]
木曽町観光協会 0264-22-4000
塩尻市観光協会 0263-54-2001
上松町観光協会 0264-52-1133

木曽路の宿場町の歩き方

景観がよく保たれたかつての宿場町。古い家並みがそのまま残る宿場もあれば、町の一部に江戸時代の面影をわずかに残す宿場もある。歴史や伝統文化に触れたら、木曽特産の漆器などの伝統工芸品、五平餅など素朴な味覚も味わいたい。

木曽十一宿とは?

中山道の木曽川沿いに険しい山々を抜けていくのが木曽路。厳しい山道の連続だが、東海道のように長期の川止めが少なかったことから、江戸と京都を往復する旅人で賑わった。

1 贄川宿

贄川関所が復元された木曽路の北の玄関口。かつては温泉が湧く宿場だったという言い伝えが残る。

2 奈良井宿

詳細は後記

3 藪原宿

鳥居峠の麓にあり、江戸時代から続く特産品のお六櫛の産地として栄えた。今も老舗が伝統を伝えている。

4 宮ノ越宿

征夷大将軍までのぼりつめた武将・木曽義仲が少年期を過ごした。腕のよさで知られた木曽大工発祥の地。

5 福島宿

中山道で37番目の宿場にあたり、木曽の中心として発展。江戸時代には箱根などと並ぶ、重要な関所があった。

6 上松宿

古くから木曽檜の集散地として栄えた。木曽八景のうち5か所がそろい、上町に残る古い家並みも見どころ。

7 須原宿

民家の軒先に水をたたえた水舟が見られる、湧水に恵まれた宿場。江戸時代には旅籠が30軒ほど並んでいた。

8 野尻宿

外敵を防ぐため、七曲がりと呼ばれる細く曲がりくねった道筋が今も残る。奈良井宿に次ぐ長さの宿場だった。

9 三留野宿

御殿と呼ばれた木曽氏の館があった、中世からの交通の要衝。本陣跡が往時の名残を伝える。

10 妻籠宿

詳細は後記

11 馬籠宿

詳細は後記

福島関所資料館

中山道の要衝にあった関所
日本四大関所のひとつが福島関所。関所跡に隣接する資料館では、関所通行に関する資料や当時の武具などを展示している。

関所の内部を綿密に再現している

奈良井宿

日本最長の宿場町を歩く
木曽路で最も隆盛を極めた宿場町

鳥居峠の登り口にある鎮神社から、奈良井川沿いを北東へ約1㎞にわたって形成される日本最長の宿場町。樹齢300年以上の木曽檜を用いて造られた木曽の大橋や杉並木など、ほかのエリアにはない必見スポットがめじろ押しの宿場だ。

アクセス

電車 JR奈良井駅からすぐ
  長野自動車道塩尻ICから国道19号を名古屋方面へ約35分
  奈良井宿駐車場、木曽の大橋 東・西駐車場、権兵衛橋駐車場(有料)利用
問い合わせ 奈良井宿観光案内所0264-34-3160

街歩きのポイントは?

奈良井宿観光案内所

江戸の昔へタイムスリップ!
軒を連ねる千本格子の家々や6か所ある水場など、奈良井千軒と謳われた宿場の情緒を色濃く残す景観は必見。

奈良井宿のおみやげは?

木曽漆器や木曽檜を加工した曲げ物などがある、漆器物は実用的な逸品揃い。切り絵作家・柳沢京子さんデザインの日本手ぬぐいも人気。

茶房 こでまり

漆器で味わう洋菓子にホッとひと息…
漆器工房店に併設されたカフェ。木造古民家のクラシカルな雰囲気のなか、地元の原料を生かしたスイーツを美しい漆器を使って味わえる。

3種類の味が楽しめる五平餅のセット660円

漆アート花筏

日常生活で使える漆器を提案
漆器を中心に、地元の職人の工芸品を集めた店。木曽檜を用いた弁当箱や小鉢椀など、使い込むほどに味が出る品を豊富に取りそろえる。

アイデア次第で和食器が粋な小道具に変身!

徳利屋郷土館

旧旅籠屋で味わえる絶品そばと五平餅
郷土料理と喫茶の店。江戸時代には旅籠として使われていた建物は情緒抜群。メニューは手打ちそばや五平餅、粟ぜんざいなど。

五平餅定食1730円

松坂屋

漆を熟知した塗師の技
中山道を往来する旅人にみやげ物として人気だった塗櫛。店内には色鮮やかな塗櫛のほか、実用的な日用漆器が所狭しと並ぶ。女性みやげに最適。

軒先に吊るされた朱の塗櫛の看板が目印

上品な漆櫛は8000円から

上問屋史料館

奈良井宿の往時をしのぶ
江戸時代初頭から明治までの歴史的資料約400点を展示している。古文書や日常生活に使用していた陶器や漆器などを見ることができる。

現在の建物は1840(天保11)年に建築

中村邸

古人の生活様式を学ぶ
櫛問屋の中村利兵衛が1837(天保8)年の大火のあとに建てた屋敷。奈良井宿における典型的な町屋の様式がわかる。

建物は市指定有形文化財に登録されている

妻籠宿

江戸時代の家並保存度が高い
住民の努力によって破壊を免れた街並み

中山道42番目の宿場。飯田街道との分岐点にあたり、交通の要所として栄えた。戦後、交通機関の発達により日本各地の町並みが変化するなかで景観の保存運動に取り組み、現在のような観光名所として知られるようになった。

アクセス

電車・バス JR南木曽駅から保神行き、または馬籠行きバスで約7分、妻籠下車すぐ
 中央自動車道中津川ICから国道19・256号で約30分
 町営第二駐車場、町営第三駐車場、中央駐車場利用(有料)
問い合わせ 妻籠観光協会 0264-57-3123

街歩きのポイントは?

妻籠の町並みに合わせた郵便局。趣のあるデザインのポストがユニーク。郵便関係の資料館になっている。

by PIXTA - ©takaji

周囲にマッチした郵便局の建物

妻籠宿のおみやげは?

丸田屋

職人がひとつひとつていねいに作った、木曽檜の「めんぱ」(曲げ物)を販売。店先で制作している様子を見学するのもおすすめ。

電子レンジで使えるめんぱもある

やまぎり食堂

名物の五平餅を堪能
たっぷりのくるみとゴマ、砂糖と醤油で作ったコクのあるタレが決め手の五平餅。タレはおみやげ用としても販売しており、さまざまな料理に使える。

五平餅は2本で550円

茶房ゑびや

古民家の畳座敷で栗菓子と抹茶を味わう
格子戸越しに中山道の町並みを眺めながら、特産の栗を使った甘味が味わえる。なかでも栗がたっぷりと入った栗餡しるこや、甘さひかえめに仕上げた栗ぜんざいが人気だ。

抹茶とお菓子のセット500円

南木曽町博物館

妻籠宿の繁栄を学べる博物館
1877(明治10)年に建て替えられた脇本陣奥谷と、1995年に復元された妻籠宿本陣、歴史資料館からなる博物館。本陣の建物は、島崎藤村の母の生家を江戸後期の絵図をもとに復元した。

江戸時代は禁制だった檜をふんだんに使って建てられた脇本陣

上嵯峨屋・下嵯峨屋

庶民の暮らしが見えてくる
上嵯峨屋は18世紀中期の建築で、当時の木賃宿だった建物。1969(昭和44)年に解体復元された。下嵯峨屋は三軒長屋の民家で、柱に檜が使われている。1968(昭和43)年に解体復元された。

上嵯峨屋は妻籠宿で最古の家のひとつ

馬籠宿

藤村ゆかりの坂と石畳の宿場
石畳が敷かれた坂道に江戸の情緒を感じる

木曽路の11宿のうち、最南端にあるのが馬籠宿。島崎藤村の故郷として、また2005年に岐阜県へ越県合併をしたことで知られている。明治以降、2度の大火によって古い町並みが失われたが、その後、復元されている。

アクセス

電車・バス JR南木曽駅から馬籠行きバスで35分、またはJR中津川駅から馬籠行きバスで25分
 中央自動車道中津川ICから国道19号で約30分
 上入口、下入口、馬籠交差点付近などの無料駐車場利用
問い合わせ 馬籠観光協会 0573-69-2336

街歩きのポイントは?

馬籠と妻籠を結ぶ旧街道は、約8kmの散策路で途中の馬籠峠に正岡子規の句碑がある。0573-69-2336(馬籠観光協会)

江戸時代の気分に浸れる山道

馬籠宿のおみやげは?

大黒屋茶房

江戸時代から馬籠名物として知られた「栗こわめし」。厳選された栗の甘みがもち米にしみたホクホクの味わい。

藤村記念館

島崎藤村の生家跡
1895(明治28)年の大火で焼失した島崎藤村の生家跡にある記念館。唯一焼失を免れた祖父母の隠居所が保存されている。小説『夜明け前』の原稿や愛用品など6000点を収蔵している。

島崎藤村の家は馬籠宿の本陣を代々務めた

永昌寺

島崎藤村ゆかりの古刹
島崎藤村が小説『夜明け前』で万福寺として描いたことで知られる寺。島崎家代々の菩提寺で、藤村と妻、4人の子の墓がある。寺の裏手には詩碑が建てられている。

1558(永禄元)年創建の古刹

茶房 土蔵

馬籠宿を一望しながらコーヒーを
築120年の米蔵を改装し、囲炉裏を設置した店内は白を基調としていて明るく、それでいてレトロな雰囲気を味わえる。店内から見る馬籠宿や中津川市内の眺めも素晴らしい。

樹齢400年を超える檜を使ったカウンターがある

萩乃屋

旬の素材を使った懐石料理
純和風の造りで、落ち着いた雰囲気の日本料理店。地元の食材を使い、春は竹の子づくし料理や山菜料理、秋は松茸を含むきのこ料理など、季節の素材を大切にした料理が評判。

萩乃屋弁当2160円~は昼のみの提供

筆者:mapple

まっぷる信州’19

発売日:2018年03月05日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる信州'19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×